酒は島色、テーゲーな泡盛を醸す津嘉山酒造所(重要文化財の蔵)

だいぶ前の話しになりますが、沖縄本島北部の名護市に行って参りました。沖縄自動車の最終ICとなっている許田で下り、国道58号線を海岸線に沿って北上すると名護の街が海の向こうに見えてきます。山原(やんばる)の入口にあたる名護は、那覇あたりの人間から…

酒は島色、いよいよ気味香る泡盛。古酒に力を入れる多良川を見学

だいぶ前の話しになってしまいますが、沖縄県・宮古島に行って参りました。沖縄県下には40以上の泡盛を製造する醸造会社が現在もあり、その全ての訪問を目標としての蔵巡りをボチボチしていたりします。伊良部島を含めた宮古地方には泡盛を醸造する会社は6社…

全日空ANA787(羽田→能代)濃霧の空港上空をグルグル旋回続けて

秋田県に行って参りました。今回の空の旅で目指すのは秋田県中部の県庁所在地・秋田市近郊にある秋田空港ではなく、そこから100キロほど北にある大館能代空港です。どうも現地の天候が優れないらしく、出発時間が1時間程遅れた上に、羽田空港へ引き返すかも…

日本航空JAL161(羽田→秋田) 羽田を離陸して羽田に着陸しました

旅行に出かけるので予定をいれないようにと妻に伝えていた日、行先は内緒にして朝5時に家族4人で家を出ました。妻には寒い山の方に行くからと告げてあるも特定の場所は秘密...。首都高速を走っている時に息子が「このまま行くと、アクアラインか、横浜か羽田…

JAC2324(但馬→伊丹)濃霧の空港へ翔んで来い、コウノトリ号

兵庫県北部にある但馬空港。300羽のコウノトリを養育している「コウノトリの里」にちなんだ愛称・コウノトリ空港を持ち、伊丹空港との間に1日2往復の定期便だけが就航している小さな地方空港です。この地域は滅多に訪れない自分はこの地域の気象に疎く、レン…

埼玉県横瀬町、武甲山を眺めながら寺坂棚田での田植え体験

埼玉県横瀬町に家族4人で行って参りました。横瀬町は関東の住民でも余り知られていない町名ではないかと思われるのですが、埼玉県西部の主要都市・秩父市の隣町で奥武蔵の盟主とも称される武甲山がそそり立っている場所です。今回はその武甲山の麓で田植えを…

「けがづ、まね(凶作、駄目)」、稲作の北限地だった津軽平野

自分の住む関東は兼業農家が多いためか、まとまって休みの取れる5月のゴールデンウィーク辺りに田植えをする姿を見ることが多い気がします。稲は南方原産の植物なので15度以下の環境では生育せず、10度も下回ると全て不稔となってしまいます。列島を浅紅色に…

日本海に浮かぶ孤島・見島、千年を超えて続く田んぼ八町八反

山口県北部にある長州藩城下町・萩、そこから船に揺られて日本海に浮かぶ見島に行って参りました。この航路は大正二年までは風待ちを要する帆船でしたが、化石燃料を動力とする船が投入され短時間で移動ができるようになり、現在では200名乗りのディーゼル船…

日本航空JAL291(羽田→山口宇部) 殆ど雲の上、宇部空港につけにけり

山口県に行って参りました。月に何度か必ず訪れている大阪を起点にして、山陽新幹線で大阪より往復する案も最初は考えたのですが、やはり飛行機好きの自分としては旅客機に乗ってビューンと行きたいという思いが勝り羽田空港からの往復を選んでしまいました…

埼玉県久喜市に、こどもの為の新しい将棋会館ができていた!

埼玉県に行って参りました。息子と二人で訪れたのは都心から北に50キロ程に位置する久喜市。東北自動車道・久喜インターチェンジで名前を聞くぐらいで、関東の人間でも余り知っている人は多くないのではないかと思われる場所です。義妹が住んでいなければ、…

関西将棋会館に初めて訪問、息子は将棋道場で対局

大阪府に息子と2人で行って参りました。奈良の曾祖母を訪れたり、鉄砲鍛冶だったお宅にお邪魔したりと関西行脚を続け、伊丹空港からの便で帰京する前の最後にと立ち寄ったのが「関西将棋会館」でした。東の将棋会館(東京)に対して、西の関西将棋会館(大阪)と…

「オレ 最強?」、将棋日本シリーズ・こども大会(東京)2018に参加

千葉県に行って参りました。2018年11月18日(日曜日)、幕張メッセで開催された「将棋日本シリーズ・子供大会」の東京会場に息子の保護者として付き添いです。。秋晴れ空の下、海浜幕張駅で電車を降りると、それらしき親子連れも多く見え何やら楽しげな雰囲気。…

国立病療養所・大島青松園、消えゆくハンセン病患者収容所の庵治大島

船に乗り込み、客室に足を踏み入れると昼間なのにカーテンがきっちり閉められていました。カーテンを締切るのは夜行バスや夏場の旅客機でも見たことがありましたが、それらは外光により睡眠の妨げや駐機中の客室温上昇防止が目的で、外部からの視線を遮るた…

ハンセン病施設「重監房」隔離のなかの隔離、四重の扉の向こう側

群馬県へ行って参りました。「草津良いとこ1度はおいで アァ ドッコイショ」と草津節を唸りながら、郡域最大都市の中之条町から右へ左へと蛇行を繰り返す道を通って標高1,000mを超える草津の高原地帯へ入って行きます。2018年1月に白根山にて小規模噴火があ…

奄美一とも名高い水間黒糖さんで、できたての手造り黒糖を求めて

世界で最も北に広がるサンゴ礁、マングローブ林に干潟等の多様な自然環境が広がり、生命賑わう鹿児島南部の8つの亜熱帯の島々が国内では34番目の国立公園「奄美群島国立公園」として2017年3月7日に指定を受けました。この地域は15年以前より知床、小笠原と並…