東海汽船のジェットホイルで竹芝桟橋から大島・岡田港へひとっ飛び

東京都の大島に3世代家族旅行に行って参りました。大島までは東京・竹芝桟橋から出ている船で100km程の旅。運行しているのは伊豆諸島への海運をほぼ独占している東海汽船で、東京-大島間には大型客船さるびあ丸と高速ジェット船が就航しています。船上泊を経…

ハンセン病施設「重監房」隔離のなかの隔離、四重の扉の向こう側

群馬県へ行って参りました。「草津良いとこ1度はおいで アァ ドッコイショ」と草津節を唸りながら、郡域最大都市の中之条町から右へ左へと蛇行を繰り返す道を通って標高1,000mを超える草津の高原地帯へ入って行きます。2018年1月に白根山にて小規模噴火があ…

日本航空253便(羽田→広島)人に翼の空の恩 かしこも楽しここもよし

懇意にさせて頂いている取引先の方に不幸があり、自分が会社を代表して葬儀に参列するために広島へと飛びました。予約したのは朝07:00羽田空港発→0830広島空港着の早朝便でした。普段は電車、空港バス、自家用車のいずれかで羽田空港へと向かうところなので…

田沢湖に残る美しい学び舎・生保内小学校潟分校を尋ねて

秋田県中部、空の青さと同じ瑠璃色を見せる田沢湖。直径6キロ程の湖は日本一の深さ423メートルを誇り、上の写真の様に真冬でも湖面すら凍結しない湖として知られています。凍結しない理由は明確になっておらず、秋田県八郎潟の龍神・八郎太郎がその住処の凍…

爆心地から400m、本川国民学校の被爆校舎跡を尋ねて

昭和二十年八月六日、米軍爆撃機B29エノラ・ゲイ号により原子力爆弾が広島市に投下され10万人を超す人々が亡くなりました。小学生の頃に学校の図書館にあった漫画「はだしのゲン」を何度も読み返し、中学校の修学旅行で訪れたのが自分にとっての初めての広島…

東京都内の山村・檜原村にあった檜原小学校数馬分校を尋ねて

日本の総人口の10人に1人が集まる東京都(1,375万人)には八つの村があります。そのうちの七つは東京の南、太平洋上に浮かぶ島々(利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、青ヶ島村、小笠原村)にあり、残りの1つは多摩地域西部にある2,200人ほどの人達が…

北海道で1番小さい村・音威子府にある砂澤ビッキ記念館を尋ねて

北海道の彫刻家・砂澤ビッキ(砂澤恒雄)氏のことを知ってからだいぶ月日が経ちました。三国志に出てくる虎の髭の張飛、もしくは夷酋列像で蠣崎波響が描かいた国後のツキノエの様な魁偉な風貌に先ず興味を惹かれ、その大きな手で産み出されるモダンで原始的な…

全日空ANA571(羽田→稚内) プレミアムクラスで道北へ

だいぶ前の話しになってしまいますが、全日空に乗って北海道・稚内へ行って参りました! 稚内はこれまで1度しか訪れた事がなく、最後の訪問は先月手放したばかりのスーパーカブ(改)に乗ってオロロン街道を爆走した時でした。チュニジアからガーナへ抜けるサハ…

氷川女体神社・祇園磐船龍神祭に参加させて頂きました - 娘編

前回の息子編の続きになります。さいたま市東部に広がっている見沼田圃は、今年まで40年間続いた政府の減反政策を受けて水田は減り続け、多くは畑作へ転換するも、昨今では農業の後継者不足により荒地も見られるようになってきております。この地は縄文期よ…

氷川女体神社・祇園磐船龍神祭に参加させて頂きました - 息子編

手前に流れるのが奥秩父に源を発する荒川。その向こうには平成十三年(2001)に大宮、浦和をはじめとする都市合併により誕生した人口130万人を有する「さいたま市」が広がる街並み。隣県である東京に産まれるも埼玉にあまり縁がなく、大宮と浦和のどちらが東京…

時代遅れで気難しくも、素晴らしいバンコクの宿・アトランタホテル

仕事でバンコクを訪れ、BTSナナ駅近くのJWマリオットに投宿していました。このホテルは開業から既に20年を経て老舗の風格すら漂い、スタッフの機微を掴む対応も好ましいと感じられ、商用で訪れている客の比率が多いためか落ち着いた雰囲気のビジネスホテルで…

My Land My People、タイ国民に敬愛されたプミポン国王の回顧展

タイ王国・国王陛下ラーマ9世・プーミポン・アドゥンヤデートが崩御されたのは現在から凡そ2年前の2016年10月13日。プミポン国王はタイ国民の生活向上に尽力し、政変が絶えないタイで安定の象徴として、国民からあつい崇敬を受けた国王でした。在位期間は70…

こんにゃく王国群馬県で、こんにゃく芋からの蒟蒻作り体験

日本各地の山間部の傾斜地で育てられていた蒟蒻芋。温度差や細菌に弱く、持ち運びに不便な重さ...。その蒟蒻が品種改良を経て平地でも育てられるようになったのは比較的最近なのだとか。現在の主な国内産地は北関東の群馬県で、全国生産量64,700トンのうち群…

ANA1088(米子→羽田)伯耆大山を上空から見る望みは再び叶わず

まだまだ書き足りないと感じる中国地方の話しですが、このあたりで一旦切上げようと思います。米子駅で空港行きのバス待ちをしていたところ、バス停に入ってきたのは鬼太郎ラッピングバスでした。ゲゲゲの鬼太郎の作者・水木しげるが幼少期を境港で過ごした…

安来清水寺の門前宿・松琴館に泊まり精進料理をいただきました

夕暮れ間際の石段を寺の大門に向かって登っていました。この日に泊まる宿の人がJR安来駅までクルマで迎えに来てくれたのですが、宿までは自動車道路が通っておらず石段が始まるところで降ろされ、暗い木立のなかの道を200メートルほど荷物を持って歩いていた…