カンタス航空の特典航空券でJAL国内線を発券してみました

f:id:tmja:20170615113105p:plain

カンタス航空のマイル利用でJAL国内線発券を試みるも前回は挫折。今年はアメリカン航空にマレーシア航空とワンワールド系航空会社のマイルを多く失効させており、一念復帰して今週予約までしてみました。

f:id:tmja:20170615114904p:plain

カンタス10,000マイル+手数料3,500マイルで最終的に発券したのは羽田→新潟。ただし、羽田から新潟には直行便は皆無(成田→新潟は定期便がある)なので、大阪・伊丹空港を経由しての2区間発券をお願いしました。カンタス10,000マイルで発券できるのは600マイルまで、運行会社は日本航空とJエアーに限るとのルールをカンタス航空電話オペレーターで前回学び、600マイル最大限使い切るぞと選んだルートです。

  • 羽田→伊丹:280マイル
  • 伊丹→新潟:314マイル
280マイル+314マイル=594マイルと600マイルぎりぎりまで使っています。あまりにギリギリなので、カンタス航空のマイル計算ルールはJAL/ANAと若干違ってダメ出しされるかもとの一抹の不安はありましたが、まったく問題なく発券して頂き6桁の予約番号を頂けました。

f:id:tmja:20170609175720j:plain

調べてみると、羽田→伊丹がB767、乗り継ぎのJ-AIR運行の便は今年6月8日から就航したばかりのエンブラエル190(E90)での運行便の予定となっているようです。欲を言えば退役が決まっているCRJの最後尾席で、エンジン音を楽しみながら雲上の時間を楽しみたいところですが、E90も今年一度も乗ったことがないので楽しそうです。