ファーストクラス貸切りを堪能、アシアナ航空B747ジャンボジェット

f:id:tmja:20190411090152j:plain

仁川空港の旅客ターミナル天井に展示されているLG社製・世界最大OLED(13m x 8m)に映し出されていたジャンボジェット機の離陸シーン。アシアナ航空のチェックイン・カウンターにて、帰国の為に搭乗する仁川空港→成田空港までのビジネスクラスへのチェックインをした時の舞い上がった自分の気持ちを表しているかに感じてしまいました。

f:id:tmja:20160201220401j:plain

カウンターにてパスポートを地上スタッフに手渡すと、アシアナ航空の地上職員より聞こえてきたのがファーストクラスにアップグレードのお言葉。しかも、現在座席はワイドオープンなのでどの席を選んでも良いと言われたのでした。搭乗便の使用機材は既に国内では運行されていないジャンボジェット機ことボーイング社のB747-400。この機体の2階先頭部分は操縦席の真下にあたり、特に最前列席はパイロットビューとも呼ばれる位置にあります。座席位置は選び放題というお言葉に甘えて、1番前の座席で機長席側にあたる1Aにして頂きました。ワイドオープンは他の人がまだチェックインしていないので選び放題だと当初は認識をしていたのでしたが、どうやらワイドオープン=ファーストクラスの客は自分だけとアシアナ航空の方の説明。自分ひとり...( °o°)えっ!?

f:id:tmja:20190411090200j:plain

f:id:tmja:20190411090028j:plain

矢印で示した場所の先頭から4つの窓が1A席部分で、パイロットのサイドウインドウの眺めと位置的に近い場所にあたります。普段は搭乗者の最後あたりに乗れば良いとゆっくりと搭乗していますが、今回は楽しみでウキウキする気持ちが勝ってしまい、搭乗を待つ人達の最前列に並んでいました。請求書の到着に怯える日々を送っている庶民なので、これまでファーストクラスは両手で数える程しか経験がありません。しかも、ファーストクラス貸切状態は人生で初体験です。

f:id:tmja:20190411090033j:plain

ファーストクラス唯一の乗客ですので勿論1番乗りです。CAさんに話しかけられ、聞かれてもいないのに自分から「ジャンボジェットのファーストクラスは初めてなので嬉しく、家族に見せたいので写真を撮っても良いでしょうか?」と後で思い出すと恥ずかしくなる程に舞い上がっていました。

f:id:tmja:20190411085938j:plain

 滑走路33Lから離陸直前に撮った1K席側の眺めです。機体先頭部分なので左右窓共に風景が後ろに流れていくのが楽しめ、ぐるっと見廻しても他の乗客が見えません。ファーストクラスエリア貸切りですので、通常のファーストクラス(席)がカプセルホテルの1ルームにすら見えてしまう贅沢さ。後ろを振り返ると2名のアシアナ航空のCAさんがスタンバイ中。チベットの首府ラサで初めてのボーリング場開店スグに訪れた時も貸切り状態でした。椅子の後ろに複数の若い女性が常にスタンバイしていて、飲み物を用意してくれたり、ボールを磨いてくれた時以来の緊張感。手を少し挙げようものなら、CAさんが飛んで来るぞとの後方から無言の重圧に怯えていました。

f:id:tmja:20190411085944j:plain

f:id:tmja:20190411085948j:plain

1A側の風景です。地上滑走中も地面のマーキング等の表示もよく見え、ジャンボジェット操縦席からの眺めはこうなのかと独りで納得したりしていました。前方の観音扉内はコート等をしまうクローゼットになっています。前壁にフラットディスプレイを置き、旅客機前方の景色を映して欲しいとCAさんに冗談交じりでお願いしてみましたが、笑われてしまいました。離陸直前の滑走路まで至る動画↓ですが、複数の窓から見えるパノラマ風景が最高でした。

f:id:tmja:20190411090059j:plain

f:id:tmja:20190411085953j:plain

滑走路をは離れ上昇中に左右を撮影してみました。仁川空港の北側は北朝鮮との国境が近いので、離陸後すぐに東側へ右旋回をしてソウル方面へと向かっていました。背後からの視線を強く感じるせいか、撮った写真を後で全て消せと揉めないかと急に心配になり、北朝鮮との国境近くが映る写真を撮るのは控える事にしました。

f:id:tmja:20190411090113j:plain

ソウル上空に達しました。東京同様にその広がりに際限がない巨大な大都市。航路上の天候は曇りと出発前にはなっていたので、これだけ綺麗にソウルの市街地を見渡せるとは期待しておらず、この日の幸運を再び感謝したのでした。北に北漢山が聳え、南に漢江が流れる背山臨水の地にソウルは築かれ、北岳山-駱山-南山-仁王山と四山を結ぶように城壁を構えたと言われた頃のソウルと比較してみると、どれぐらい現在のソウルがその頃より拡大したのか上空から目にすると一目瞭然でした。

f:id:tmja:20190411090121j:plain

f:id:tmja:20190411090117j:plain

アシアナ航空のCAさん2名が付きっ切りで対応してくれ、冬季オリンピックが開催された・平昌や襄陽空港を上空から見つ出す手伝ってくれました。残念なことに雲間から探す必要があったので難易度が高く、平昌はおおよその場所しか発見できず、襄陽空港はなんとか発見との結果でした。日本海に出た後にも鬱陵島、竹島(独島)を探索を継続し、昼食にはテーブルを使用せず肘掛けの上にプレートを置いて食べる事に。窓まで距離があり、テーブルを出してしまうと覗き込むことが出来ないので伝えるとCAさん達も笑って了承してくれました。エコノミー席であろうとも、ビジネス席であろうとも、滅多に乗れないファーストクラス席であろうとも、する事は全く変わりません。

f:id:tmja:20190411090139j:plain

f:id:tmja:20190411090144j:plain

実はこの日は体調があまり優れず、38度越えの熱があったところに興奮した為か途中から疲れて寝てしまいました。寝ていた時は室内が暗かった記憶がボンヤリとあるので、CAさん達が良く寝られる様にと片側13枚x2=26枚の窓を閉めてくれいぇいたようでした。着陸前に窓をシュッ、シュッと開ける音が聞こえ、部屋が明るくなったところで目が覚めました。

f:id:tmja:20190411090135j:plain

成田空港に南側からアプローチ。B747-400の巨体で第二滑走路に降りられるのかと心配をしましたが、なんなく着陸して滑走路上に停止。せっかくのファーストクラス貸切状態なので、ゴーアラウンド(着陸やり直し)を3回ぐらいしても良いのではと自分勝手なことを思ったの内緒の話しです。

f:id:tmja:20190411090147j:plain

成田空港のターミナルビルに無事到着です。ファーストクラスは初めてではないですが、ファーストクラスエリアに自分以外がいない「貸切」は人生初の体験でした。旅客機にはこれまで1000回を優に超える程乗っているも、これまで体験したフライトの中で最も記憶に残る素晴らしいモノでした。アシアナ航空さん、有難うございました。

錦湖財閥の業績難により、傘下のアシアナ航空の売却が既に発表されており、2019年9月よりファーストクラス運用を中止するとも公表しています。アシアナ航空には2-30回程しか利用したことがないですが、年内にも消滅してしまうかもしれないアシアナ航空への賛辞送りたく、お蔵入りさせた記事を今回は再登場させてみました。願わくば、アシアナ航空が不死鳥のように復活を遂げ、ファーストクラス貸切状態をもう一度体験させて貰えますようにと願っております。がんばれ、파이팅、アシアナ航空!!