鎌倉・御霊神社の例大祭、面掛行列に長く日本の芸能を支えた人を見る

f:id:tmja:20180921114449j:plain

奇祭とも呼ばれる「面掛行列」を見に神奈川県・鎌倉にある御霊神社へ行って参りました。御霊神社の例大祭は毎年9月18日で、氏子に担がれた神輿が町内を渡御するのですが、神輿に随伴する10人が奇っ怪な面を被っている事で有名です。この行列は大正期まで「非人行列」と呼ばれ、"非人"という言葉が現代でもおおっぴらに使われる珍しい祭りです。明治の神仏分離令までは鶴岡八幡宮の放生会で、最近までは同じ鎌倉の八雲神社でも同じ面掛行列がありましたが、現在では御霊神社だけとなってしまいました。

f:id:tmja:20190316130121j:plain

南を相模湾、残りの三方を山に囲まれた鎌倉は源氏縁の土地であるとして、十二世紀末に源頼朝が幕府この地に開きました。清和源氏の氏神を祀る石清水八幡宮から勧請した鶴岡八幡宮前より伸びる若宮大路を由比ヶ浜までくだり、西側に向かった山裾に御霊神社が鎮座する阪ノ下集落があります。

f:id:tmja:20180921114453j:plain

f:id:tmja:20180921114456j:plain

鎌倉で現役最古、創業300年を超える老舗・力餅屋の脇を通りを50メートルも参道を行くと踏切が現れます。カン、カン、カンと電車が近づく踏切の警告音が鳴り響くと、目の前を緑色の江ノ電がゆっくりとガタゴト通過して行きますが、ここは御霊神社の参道だったりするのです。

f:id:tmja:20180921114407j:plain

頼朝が幕府を打ち立てる以前、この地を支配していた平良文公を源とする関東平氏五家(大庭、梶原、長尾、村岡、鎌倉)。その五家の先祖を祀る五霊神社が初めに建てられ、それが後に御霊に転じて御霊神社となったのだとか。由緒書きによると、父の代より湘南地域を広く開拓し、後三年の役においては秋田の金沢の柵d敵将・鳥海弥三郎に片目を射抜かれながらも、矢を射返して相手を討ち取ったの猛将・景政公を御祭神として祀っているとありました。御霊神社の例大祭は景政公の命日となっています。

f:id:tmja:20180921114405j:plain

御霊神社の神輿は宝暦三年(1723)製で、覚園寺村の大工の棟梁・木村源八作と記されています。鶴岡八幡宮の神輿と同く江戸初期の形で総漆仕上げ、極彩色金箔押しと豪奢なもの。

f:id:tmja:20180921114402j:plain

五色の紙垂と竹で作られた天蓋を斎場として、湯立神事が境内の一角にて執り行わます。神前にて釜を据えて湯を沸かし、古くは神憑り状態の巫女が神託をおこなうものでした。今回は12座の演目からなる神事を撮影ができたので、別の機会でその内容を記載したいと思います。上の写真は第8座・大散供で、白扇上の米を四方に散供する神楽の一場面です。

f:id:tmja:20180921114413j:plain

f:id:tmja:20180921114410j:plain

昔は高貴な色とされた紫の小袖に、艶やかな羽織を着た演者の方々。「穢多・非人」という言葉を歴史の授業で習った時は自分には実感が遠く、実際に耳にした事のあったのは奈良県吉野の祖母の言葉「むかしは河原沿いにXXXな人達がいて、近づいてはいけないと言われていた」ぐらいが唯一でした。膝より長いものを着てはならない、着物の色は藍か渋染めのみ。面掛行列の姿は宣伝のポスターでも度々目にしていたので知っていたのですが、非人行列と呼ばれるには立派な装いで違和感を感じていました。

f:id:tmja:20190317075705j:plain

面掛行列は渡御する神輿の前を歩くとの説明から、京都祇園の犬神人が自分の脳裏に浮かびました。神域内の死穢を祓う役を負った非人の人々で、神輿渡御の際には神輿が通る御幸路を清めたと云われ面掛行列と通じる気がしてなりません。犬神人を含む非人は生産的な職能に着く事は許されず、物乞いや、門付け等の芸能、葬儀などを生業としていた賤民とされる人々でした。

f:id:tmja:20180921114415j:plain

f:id:tmja:20180921114423j:plain

露祓いの陣笠から始まる総勢100名はいそうな大行列で、先導するのは天狗面の猿田毘古神。瓊瓊杵尊が降臨された時に道案内をしたとの故事により全国の御行幸でも先導する姿が見られます。鼻長七咫、背長七尺の記載の通りに長い鼻と長い身長を持ち、鬼灯/ホオズキの様に照り輝いている姿です。
f:id:tmja:20180921114426j:plain

続いて2頭の獅子頭。獅子面を被るのではなく、枠に載せた獅子面を肩に担いで練り歩いていました。右側の髭を生やした男性は何年も見た記憶がありました。

f:id:tmja:20180921114428j:plain

頭巾を被った面描衆の登場です。面の内側に書かれている順番に従い、一番先頭が一の面の爺で鬼、長鼻、烏天狗と続きます??  本来三番目に歩いている筈の異形の面が何処かに行ったのか見当たらず...。

f:id:tmja:20180921114430j:plain

と思ったら、六番・翁、七番・火吹き男の後ろ、八番・福禄寿の前を異形は歩いていました。伎楽面の納道を思わせる容貌で、鼻が高く口の大きい異国の人物を思わせます。10名からなる面掛行列は全て男衆。元来はどの面をどの家の者が被ると決まっていたそうですが、現在は氏子であれば誰でも立候補できるのだとか。

f:id:tmja:20180921114436j:plain

一瞬行方を探した異形の少し楽しげにも見える横顔です。行列を撮影する人達を見て感じていたのですが、10人の面掛衆のなかでも人気のある面と、そうでない面があります。上の写真でも異形が目の前を通っているのに、カメラを携えた人達はみな後方から来る被写体をあきらかに狙っていました。

f:id:tmja:20180921114441j:plain

面掛行列の九番と十番の阿亀(おかめ)と女(産婆)のペア。地元に伝わる話しでは武家政権を打ち立てた源頼朝が非人村の娘を妊娠させたにも関わらず、その事実を認めないので親族一同で直談判に赴く姿という俗説もあるのだとか。阿亀に触れると安産の祈願になるらしく、多くの女性がその膨らんだお腹めざして群がっていました。

f:id:tmja:20180921114443j:plain

面掛衆の後ろからは神輿が現れ、「私しゃ 鎌倉 荒波育ち 波も荒けりゃ 気も荒い」と鎌倉時代より歌い継がれる鎌倉天王唄の歌声を背景にして、白丁姿の人達が担ぐ振りをしながらクルマを押していました。

f:id:tmja:20180921114446j:plain

平日にも関わらず、凄い数の見物客。面掛衆と神輿は星の井通りを100メートルばかし進み、極楽寺坂の虚空蔵堂まで行くと折り返して御霊神社まで戻ります。長く日本の芸能を担った人々は非人と称され、面掛行列(非人行列)はその昔の姿を色濃く残す祭りに思えました。この祭りを合図にして鎌倉には秋が訪れます。