はじめまして、たまパパです/ブロガーバトンを受け取りました

f:id:tmja:20170629000319j:plain

たまパパです。いつもお読み頂き有難うございます。突然ですが我が師匠であられますPちゃ師匠(@P07298183)よりブロガーバトンを預かり、スマホでこちらをポチポチし初めました。ブロガーバトンを実は以前に一度書いたことがあったりします。ですので、ここで受け取ったバトンを置こうかとも思ったのですが、お師匠様からのご依頼とあってはそんなことは許されず、バトンを渡してみたい御方も脳裏に浮かんだので、この襷を繋いでいくことを決意したのでした!!

f:id:tmja:20200710133933j:plain

なんでも、「クマ子の卒母DIARY」のクマ子さん(@xkumaco)より師匠はバトンを受けたとのこと。クマ子さんは一言で表すならば「沈静婉戀」な女性です(柿の葉寿司食べ放題ゲットだぜ(*´艸`*)ウシシ)。バトンを受け取ったPちゃ師匠は手作りの登場キャラ/背景を用いた波乱万丈、進展予想絶対不可能な「ハニーズ物語」を連載されております。師匠は(カービィに比べれば)小食だと聞いていたので、当初はお山に鎮座されている神社の万年杉のようなお方だと思っておりました。しかしながら、恐るべき消化酵素を体に宿しているのか、体内に取り入れたエネルギーを全て創作パワーにして燃焼しているのか、"べっぴん"さんな御方です。「才食兼備」なお師匠様です。 ヨシ(๑˃̵ᴗ˂̵)و  これで喜久水庵食べ放題ゲットだぜ!!

f:id:tmja:20200710124431j:plain

師匠から頂いたフォームにパチパチ記入してみました。書類右下に廃墟ガールの廃ログのヒヤパさん(アイヌ語でルピナスの意味?)のサインがあるのが気になります。 一番古い記事は既に削除して存在せず。お気に入りの記事はこちらでしょうか? 子供の成長を父親として素直に喜び、心を動かされて書いた記事です。二人の子供は既に小学生で、息子は徐々に親の手から離れていくのを感じるまでに大きくなり、娘もそれに追い付け追い越せの勢いで成長中です。

f:id:tmja:20200710131917j:plain

自分は10代の頃よりアチコチ歩き回るのが好きで、学業/仕事で1年以上滞在した国はイギリス、アメリカ、インド、中国の4ヵ国。旅行でも徒歩で砂漠地帯1月横断、ザイール川カヌー下り、サハラを二輪で超え、固定翼機で北米横断と色々挑戦してきました。昨今の世論では怒られてしまいそうですが、銃声がよく聞こえていたアフガニスタンに遊びに行き、1ブロック先に買い物に行くのも大変だった記憶があります。いま思うと、よく五体満足で帰ってこれたと過去の自分の無茶振りに感心するやら、呆れるやら。ですので、両親には心配をかけてしまいました。父親から、母親が毎日のように神社にお参りに行っていたことを後日聞かされて、身勝手で無茶ばかりしていたことを深く反省したこともありました。

f:id:tmja:20200710133346j:plain

妻と出会ってからも国内外数多く出かけ、このブログにもチベットナミビアと幾つか昔の写真を引っ張りだして書いてみました。 旅行や乗り物を除くと、仏教美術が好きなので時間を作ってモンゴルにザナバザル(ジェツプン・ダンパ一世)作の優美な仏像群と彼の足跡を訪ねたいと考えています。台湾を訪れた時に見た優美なモンゴル仏像を目にしてから、これまでず~と発熱中です。モンゴルやチベットの仏像仏画、この話題はニッチすぎるので需要はないと思うのですが、何度か記事にこれ迄もしてきてしまいました。

f:id:tmja:20200710133403j:plain

このブログは現在、自分の出張先に立ち寄った場所と家族で出掛けた時の話しで主に構成しています。10代~20代には国内外をウロウロしていました。現在もウロウロしているのには変わらないのですが、子供達が成長するのを手伝えるぐらいには自分も大人になり、若い頃と違った目線で外を眺め、話しを聞くことができるようになりました。ここ数年は子供達の将来を考えて、色々な体験をできるだけさせてみようと思い実践しています。残りが片手で数えられる程となり、小学生卒業までに子供達の全47都道府県訪問も目処が立ちました。はっきりとした理由はありませんが、ここら辺でひと区切りとして今年末か来年3月頃を目途にしてブログを閉じようとも計画しています。ブログに使用していた時間を、もっと人との直接交流に充てたいと考えていたりします。

chuff.hatenablog.com

ブロガーバトンを手渡したい方は、同じはてなブログ上で文筆活動をされている8マン(@chuff_de_gogo)さんにお願いしたいと思います。8マンさんは漢カワサキと胃もたれしたアルファロメロ・ジュリアにお乗りのダンディな御方です。若輩者の自分からの挑戦を無下に拒む事はないはずですので、安心して襷を託すことができます!

8マンさん、フォームはこちらをお使いください。

f:id:tmja:20200710161946j:plain