この世の宝は命である、ヌチドゥタカラ(命ど宝)の伊江島を巡ってみる

f:id:tmja:20190527180304j:plain

沖縄本島からも近くに見える離島・伊江島に行って参りました。南北135キロの沖縄本島北部の本部地区の沖合10キロ程に伊江島はあり、ジンベイザメ等で有名な美ら海水族館からも目にできる東西8キロ・南北3キロ程の島です。その島の東側にある烏帽子のかたちをした特徴的なかたちの城山(グスク)は遠くからでも目立ち、「伊江島タッチュー(尖ったもの)」と呼ばれ近海を航海する人達の目印なっていました。

f:id:tmja:20190527164745j:plain

本部港から日に4往復のカーフェリーが伊江港と本部港間を30分程で結んでおり、気軽に日帰りもできるためか旅行者も多く見られる島です。衛星写真の赤マルの隣り見えるのが伊江島空港滑走路、そこから少し西側に進んだところには米軍の補助滑走路、更に西側には米軍基地内の滑走路と、小さな島に関わらず3本もの滑走路が並んでいるのが上空から判別する分かりやすい目印となっていたりします。これらの滑走路は太平洋戦争末期に作られたもので、今回はこの辺りを巡ってみるかと伊江島を訪れたのでした。

f:id:tmja:20190527180253j:plain

伊江島は平地が多く広がる島で、唯一の例外である島のシンボル・城山(172m)は戦時中には日本軍の本陣となった場所でした。太平洋戦争の最中にあたる昭和19年の夏、絶対防衛圏と看做していたマリアナ諸島を失った大日本帝国は南西諸島の浮沈空母化/全島要塞化に力を注ぎ、沖縄本島、徳之島、宮古島、石垣島に飛行場を次々と完成させ、伊江島にも大規模な飛行場を日本陸軍が建設されました。この飛行場を巡って日米は激しい戦闘に突き進み、島にいた半数とも言われる住民が死亡した激戦区となったのでした。ちなみに、沖縄戦全体では当時の全県民49万人のうち4分の1にあたる12万人が戦争で死亡したと言われています。

f:id:tmja:20190527180237j:plain

その城山から伊江村の市街地方面を眺めると、伊江村中学校(旧国民学校)の校舎と海沿いにある島内唯一の港・伊江港が見えました。伊江島には信号はあるが本屋はない島です。島の面積の4割にあたる土地で農業がおこなわれており、葉たばこ、サトウキビや落花生等が主産業となっており、第一次産業に従事する人の割合は3-4割と高い数値となっています。

f:id:tmja:20190527180315j:plain

伊江港で借りられる1人乗り電気自動車で島内を巡ることにしました。このジンベイザメ塗装の賑やかな小型車はトヨタのHa:mo(ハーモ)で、日本/タイで実施試験をおこなっている車種です。最高時速60キロ、バッテリー満タン状態での後続距離は50キロ程と島内を巡るには丁度良い仕様。あまり速度が出ないので、トラックに追い抜かれた場面の映ったビデオが記事の下の方にあります。

f:id:tmja:20190531153506j:plain

出典:沖縄県公文書館:沖縄島にほど近い伊江島への侵攻。侵攻日の早朝に米軍艦ウェストバージニア(B-48)から撮影。撮影日:1945年4月16日

昭和20年の4月16日から21日までの伊江島における六日間戦争は、マリアナ諸島、フィリピンを失い、東京大空襲を初めとする各地への空襲、とりわけ九州方面への攻撃を受けて沖縄への補給路が絶たれて沖縄が孤立した状態で始まりました。伊江島での戦闘の直前の4月7日には沖縄海上特攻に向かった戦艦大和も沈んでいます。米軍は沖縄本島に艦艇1457隻、艦載機1,200機、総勢45万人の兵力を投入しています。

f:id:tmja:20190531180448j:plain

アンドリュー・D・ブルース率いる第77歩兵師団の伊江島侵攻に対して日本軍は城山に硬固な陣営を敷き、米軍が現・伊江港のある浜より上陸したところに一斉攻撃を掛けるために息を殺して待ち構える作戦でした。ここで守備隊を率いていたのは九州出身の井川正少佐で、日清事変からの歴戦を経た猛者でした。港から城山に至る途中にある女山からコンクリート建ての旧国民学校校舎(現伊江村立伊江中学校)に陣地を構え、鉄条網や地雷を敷設して敵軍の足止めをし、そこに機関銃による一斉射撃を浴びせたのです。

f:id:tmja:20180122121847j:plain

伊江島の城山の麓に残る公益質屋は国民学校の校舎と共に島内にあった当時唯一のコンクリート建物でした。港から城山に続く波止場通りを登る途中にあり、この建物に潜む部隊が機関銃で近づく戦車の足止めをおこない、そこへ爆弾を抱えた兵/住民が戦車の下で爆発する特攻攻撃をして破壊する...。建物に空いた大きな穴は海側に集中しており、鉄の暴風と呼ばれた激しい艦砲射撃の痕跡を残しています。

f:id:tmja:20180122121854j:plain

f:id:tmja:20180122121901j:plain

この公益質屋の建物は昭和四年(1929)に建てられたもので、上述の旧伊江尋常高等小学校(昭和6年施行)と同じく沖縄コンクリートの父・清村勉氏の手によるものです。米軍によって徹底的に破壊された伊江島に残った唯一の戦前建物だそうです。崩壊防止のためにコンクリートで補強がなされているも、当時のおびただしい弾痕が残っており、内部にも入って見学することもできました。

f:id:tmja:20180122121807j:plain

北の海岸に残るイッテヤーガマにて火炎放射で焼けた洞窟の壁を見に立ち寄った後に伊江島空港へ。戦前に陸軍により造られた旧東飛行場(現伊江島空港)は戦後に米軍基地となった後に昭和45年に返還。再整備して沖縄国際海洋博覧会開催時(昭和50年)に1,500メートルの滑走路で開港します。海洋博後の利用客の落ち込み、米軍訓練空域内にあるために受ける極端な運航時間制限(土曜時4.5時間/日曜日7.5時間のみ可)により定期便は1年7ヶ月と短期間で運行停止に追い込まれました。

f:id:tmja:20180122121824j:plain

f:id:tmja:20190602131909j:plain

定期運行は昭和52年に収束するも、エアードルフィン社が小型機でのチャーター便運航(那覇-伊江)を平成6年より開始しました。しかしながらも、親会社にあたるサイバーファーム社の倒産に併せてエアードルフィンも運行停止。以後は病人等の緊急輸送以外での利用はなくなり、伊江島空港ターミナルは廃墟の雰囲気が漂っていました。周囲を畑に囲まれたなだらかな丘にある閑散とした空港でした。

f:id:tmja:20180122121828j:plain

その伊江島空港の滑走路から500メートル程離れてある並行滑走路、旧名・中飛行場。この一帯は既に島の3割強を占める米軍管理地内なのですが、訓練使用時以外は一般市民が普通に通り抜けができる不思議な区域です。米軍管理地の7割にあたる土地が伊江島の民有地借り上げであり、基地内黙認耕作地も多数。そんな複雑な背景もあり、1,800メートル程ある滑走路跡を走り抜けることすらできるようです。島の南から北へと走った動画に映っている沢山の白い袋は牧草で、伊江島農業で最も盛んな飼料です。

f:id:tmja:20190601082421j:plain

6日間戦争で米軍の占領を受けた伊江島の島民は渡嘉敷島/慶留間島へ強制移住を強いられ2年近くのを過ごします。昭和20年5月よりは沖縄本島の空港と併せて、伊江島からも日本本土爆撃をする為でした。戦後に島民が島に帰るも家はなく、畑もなく、基地だけの島と変貌を遂げていました。伊江島は面積の6割が米軍管理下に戦後は置かれていましたが、島民の粘り強い求めにより実質3割にまで現在は縮小しています。昭和47年5月15日に沖縄が日本に返還となり、昭和51年の日米安保委員会にて移設条件付全面返還に国レベルで合意。沖縄本島での受け入れを拒否された垂直離着陸機の訓練施設受け入れで、基地返還か継続の二者択一を迫られた時に伊江島の(契約)地主会は全会一致で受け入れを要請し、伊江村はそれを受け入れたのでした。

f:id:tmja:20180122121839j:plain

f:id:tmja:20180122121843j:plain

中飛行場と西飛行場の間にある真謝地区には「団結道場」が残されています。上の写真は平成31年に改修を受ける前の老築化した姿です。サンフランシスコ講和条約が結ばれた昭和28年に琉球列島米民政府が「土地収用令」を公布し、農地を好き勝手に収容する事に反対し、島民が土地を護ろうと団結して闘ったことを象徴の建物。建物上部に書かれている「伊江島土地を守る会」は生活の為に不発弾を拾っていた2人の成人男性が爆死、演習弾に当たり死亡と事件が続いた事を契機に昭和36年に発足した団体です。

f:id:tmja:20180122121906j:plain

「乞食をするのはずかしい。しかし、我々の土地を取り上げ、 われわれに乞食をさせる米軍はもっと恥ずかしい」と戦後帰島後に土地を失った農民達は、伊江島の窮状と支援を訴えるために沖縄本島で「乞食行進」を開始し、半年に渡って那覇から糸満・国頭へと2-30人で訴えの行進を続けました。米統治下の沖縄では衝撃的な行動だったようで、以後の反米活動への種子を沖縄本島に撒いたのでした。その有名な「乞食行進」を率いたのは、沖縄のガンジーとも称される阿波根昌鴻(あはごん しょうこう)氏でした。伊江島の対岸の本部に生まれた阿波根氏(1901-2002)は身体が弱く、牧師宅に住みバイトをしながらの湯治での大分滞在時にキリスト教の洗礼を受けます。その後にキューバ/ペルーへと移民労働者として渡り、帰国後は京都・一燈園、沼津・興農学園にて学んだ後に、妻の故郷であり多くの親族の住む伊江島で土地を求め農業学校設立に奔走。その最中に戦争を迎えたのでした。家を失い、畑を失い、ひとり息子を戦争で失った阿波根氏は反戦/半基地運動に一生を捧げた人物でした。

f:id:tmja:20180122121909j:plain

反戦平和資料館・ヌチドゥタカラの家はその阿波根氏が昭和59年に開設した、戦争とは何かを学ぶ資料館です。その入口の左右には読谷にアトリエを持つ彫刻家・金城実氏による大きな鬼の顔。「悪を正し、善を助ける鬼神 悪は戦争である、殺し合い、奪い合い、騙し合うこと。 善は平和である。助け合い、譲り合い、教え合って共にいきること」と台座に書かれていました。

f:id:tmja:20180122121759j:plain

その反戦資料館は「わびあいの里」の中の2つの施設のひとつで、平和/福祉活動拠点である「やすらぎの家」と反戦活動拠点である「ヌチドゥタカラの家 」よりなっております。わびあいの里の名前・わびあい(詫びあい)は京都・一橙園にて学んだ一橙園精神に因んだもので、「わびあいの里」はその思想の実践の場であるというのが阿波根氏の意図するところだと思われます。

f:id:tmja:20180122121754j:plain

阿波根昌鴻氏の写真と彼のメッセージが掲げられていました。館内の反戦平和資料館の設立趣旨を読むと、戦争を知らない世代や、これから生まれてくる子供達に戦争の恐ろしさと平和のありがたさを知ってもらい、平和を創りだす人が一人でも増えてくれる事を願い設立したとありました。

f:id:tmja:20180122121652j:plain

f:id:tmja:20180122121748j:plain

のちほどお話しを伺った女性館長さんは、阿波根氏と伊江島生協を一緒に始めたりと最も故阿波根氏を知る方と言われており、反戦資料館に展示されているモノは阿波根氏が集めた"ガラクタ"だと言われていました。阿波根氏は伊江島から基地がなくなったあかつきに、真謝区の自分の土地に記念館を建てる夢を持っていたものの在命中には叶わず、その代わりに造られたのがこの反戦平和資料館でした。パラシュート、有刺鉄線、模擬核弾頭?、薬莢等の戦中から米国統治下の時代の品々が並べられています。

f:id:tmja:20180122121744j:plain

銃創の穴、血の痕の残る衣服。米国との長きに渡る闘いの日々を寡黙に代弁する品々が展示されています。資料館の入口付近には、戦時中に泣き続ける少年が日本兵により殺された時に着ていたという服も展示されていました。神国・日本は神の国であると軍国教育を受けた阿波根氏は、伊江島戦闘後の死屍累々の惨状を目にして初めて戦争の惨さに気が付いたと言われていました。

f:id:tmja:20180122121715j:plain

f:id:tmja:20190602131939j:plain

資料館の内部を歩いていて自分が一番驚いたのは此の「陳情規定」や「米軍と話すときの心得」でした。戦中・戦後における駐伊江島の米軍の振る舞いが粗野なものであったかが伺えると共に、争いのない生活を目指す一橙園精神に学んだ阿波根氏の自身を強く律する姿が見えるかのようでした。伊江島の軍用地奪還規定にあった過激な部分が削がれ、相手を悪者であると前提にする部分が無くなっているのは時勢による変化なのだと推測します。「集合し米軍に応対するときは、モッコ、鎌、棒切れその他を手に持たないこと」、「耳より上に手を上げないこと」、「軍を恐れてはならない」、「人間性においては、生産者であるわれわれ農民の方が軍人に優っている自覚を堅持し、破壊者である軍人を教え導く心構えが大切であること」等など。

f:id:tmja:20180122121725j:plain

f:id:tmja:20180122121729j:plain

阿波根氏が実際に米軍基地のゲート前に立たれて抗議活動をされている写真とその人形が飾られていました。人形の下の説明書きをメモしたはずでしたが紛失してしまい、何処の基地にて何時頃おこなった抗議活動なのかが分からなくなってしまいました。左手に持つプラカードの「これが戦争です。戦争協力は死」という和文で書かれた内容から推測するに、基地勤務する日本人に向けたメッセージかと考えるも、最後の"死"と強い言葉で結んでいる事の意味が自分には理解できません...。

f:id:tmja:20180122121703j:plain

f:id:tmja:20180122121741j:plain

大量の本、衣類、写真、絵画。正直な感想を言うと、漠然とした展示品は長い年月を経てだいぶ退色してしまっていると自分の目には映りました。戦後の土地調査で始まった反基地運動もピークを過ぎて半世紀が経ち、沖縄の人ですら若い人は伊江島で激戦があった事を知る人が少なくなり、伊江島の人も多くは重苦しい過去は沖縄本島にある大規模博物館の中にあれば充分と感じている気がします。館長さんも島民は殆ど見学には来ないと言われていました。この"問題を投げかける資料館"は現在の時勢下では、このまま無くなってしまうのではないかと感じました。

f:id:tmja:20180122121831j:plain

伊江島にはアチコチに軍用地を求める貼り紙を目にします。これは沖縄本島でもそうですが、沖縄の米軍基地/自衛隊基地は民有地が多く(伊江島では7割以上が民有地)、国がその賃料を支払っています。沖縄返還以降はその賃料は上昇続けているので、手堅い投機の対象ともなっています。伊江島では合計15億円が地主1,600人に毎年支払いがなされており、基地の存在は島民の貴重な現金収入ともなっています。伊江島飲料水は施設された海底トンネルを通り沖縄本島より現在は送水されています。また、伊江島港や国営地下ダム等の大型公共投資は基地受け入れの見返りとして整備がなされており、基地不要と連呼する人は過去のものとなっている気がします。

f:id:tmja:20190527180328j:plain

2013年に村ぐるみで開始した伊江島での民泊推奨活動が功を奏し、修学旅行や研修生に農家や漁師の家に泊まる体験型民宿が好評を得ているそうです。伊江島には小学校と中学校しかなく、高校生になる時には早くも"島離れ"をしなくてはならない離島です。そんな離島の人々の自宅で過ごした若者達と、見送りに伊江港にきた民宿の方々の別れを目にしながら短い伊江島訪問を終えました。