江戸時代に流行した玩具「ずぼんぼ」を作って、遊んでみる

f:id:tmja:20210204151138j:plain

東京台東区の浅草寺には雷門から宝蔵門までの250メートル続く仲見世通りがあります。上の写真はその突き当たりにあたる宝蔵門前で、門から近い方から慶応四年創業の人形焼「木村家本店」、その隣りには慶応二年(1866)創業の江戸趣味小玩具を扱う「助六」と江戸末期から現在まで続くお店が並んでいます。助六さんの店舗内には手のひらの縁起物とも称される江戸小玩具が所狭しと並んでおり、長唄を嗜まれる話し好きの店主が彼是と商品の説明をしてくれる愉しい場所。

f:id:tmja:20210206183855p:plain

上の画像は江戸時代に当時流行していた玩具を描いた「江戸二色」より。左の頁は餅つき猿、右の頁は紐を引くと絵が変わる「引き出し絵」です。江戸小玩具は一説には「奢侈禁止令」を数多く出して幕府財政の立て直しを計る倹約志向の江戸幕府の方針下で、町人は大きく豪華な玩具ではなく小さで簡素な玩具が求めれて生まれたと云われているようです。江戸から明治、大正、昭和と時代を経る事に材料の多様化や量産技術の発達により玩具も大幅な進化をしたのですが、原点とも言える江戸玩具は工夫が盛り込まれており、現在手にしても楽しいものが少なくありません。

f:id:tmja:20210206183613j:plain

今回はタイトルに入ってるいる「ずぼんぼ」という少し可笑しな響きの玩具を作って遊ぶ話しなので、ずぼんぼの説明を少し。ずぼんぼは和紙を材料として獅子舞のカタチを造り、四客の先に重しとなるシジミの貝殻を付けたもので、これをパタパタと団扇であおい宙を浮かばせて遊ぶものです。葛飾北斎の作品にもその姿は見られ、一時は世の中から姿を消したものの復活を遂げ、現在でも上述の助六さんに獅子舞や虎のずぼんぼが販売されていたりします。

f:id:tmja:20210206113939j:plain

ずぼんぼは獅子舞というのがお決まりらしいのですが、お祭り等で目にする獅子舞のヒョコヒョコした動きを連想したからか、獅子舞で用いる胴幕がずぼんぼの薄っぺらい身体部分との類似性を見出したのか、災い避けである獅子を子供の玩具に絵図けしたのはなかなか素晴らしい着眼点だと思えます。部屋で獅子舞が浮きあり、踊っているとだけでなにやら縁起が良い気がしてくるものです!!

f:id:tmja:20210204151117j:plain

娘と二人で東京スカイツリーに出掛けた時に、渋谷公園通りからスカイツリーの南側にあるJT墨田工場に移転してきた「たばこと塩の博物館」で、江戸小玩具のひとつである「ずぼんぼ」をつくって遊ぶ催しがあると聞いて飛び入り参加してみたのでした。対象年齢3歳〜小学生3年生までと小さな子供向けなので、いつもの如く子供をダシにして親も楽しむという黄金パターンです(*´艸`*)ウシシ

f:id:tmja:20210204151120j:plain

f:id:tmja:20210204151123j:plain

つくり方は至って簡単。用意されていた厚紙を描かれているカタチに沿ってハサミで切り、糊付け。表情の鍵となる目の部分を娘が書き込んで、シジミの代わりにクリップで重しにすればマイずぼんぼの完成です。この日のずぼんぼは古典的な獅子舞ではなくオバケのQ太郎の様な顔をした魚でした。

f:id:tmja:20210204151126j:plain

これをパタパタと扇げば元気に動き出すという寸法。本来はお腹側の空洞に風が入りこみ浮き上がっても、脚に付けられたシジミの重さで脚元から着地する塩梅にできているモノなのですが、娘のパタパタが勢いあり過ぎなのか、ずぼんぼ腹部の空洞部分の面積不足か、重しにしたクリップx4つが軽すぎるのか、浮き上がるというよりは強風に煽られて飛ばされるボロ傘のような具合。シジミをカタカタ鳴らしながら脚から着地どころか、仰向けになって不時着。やはり魚に足を付ける発想がそもそも過ちなのかもしれません...

f:id:tmja:20210204151134j:plain

f:id:tmja:20210204151129j:plain

たばこと塩の博物館で子供達に作り方を教えていたグループ「すぼんぼプロジェクト」さんの特性屏風でパタパタする事もできました。「うおきち」はたばこと塩の博物館のマスコットキャラクターらあいく、製作したずぼんぼの頭にうおきちと貼り付けて家まで持ち帰りました。

f:id:tmja:20210207204537j:plain

おまけ。令和三年に入ってから自宅で作った獅子ずぼんぼ。うおきちと違い威風堂々とした佇まいです。脚に重しを入れる前で、上手く舞う様に調整を始める前に写真を一枚撮ってみました。簡単な造りの玩具ですが、滞空時間を競ったりすると思った以上に熱くなれます。大人は扇子のあおぎ過ぎで肩が痛くなりますが...