元天王寺安倍乃荘、ファーストキャビンステーションあべの荘に宿泊

f:id:tmja:20191205112428j:plain

ここ数年何かと縁のある大阪に出張で行って参りました。この時は取引先の方と天王寺で夕食を一緒にする事が決まっていたので、駅周辺で宿泊施設を事前に探しました。翌日の午前中に東京での会議参加が必須と厳しい日程だったため、午前6時台の関空→羽田の航空便を併せて予約。そのため、天王寺→関西空港への移動を考えると滞在時間は5時間程のみ。

f:id:tmja:20191205112425j:plain

f:id:tmja:20200214152325j:plain

なんばに近い天王寺/阿部野周辺はJR、大阪メトロ、近鉄、阪堺電車が集まる交通接点にあたり、通天閣や日本一高いあべのハルカス、天王寺公園、あべのキューズモールと著名なランドマークもあり、多くの人達が行き交う賑やかな街です。母方の実家が奈良だったので京都-奈良のラインより西側に訪れる機会は少なく、自分の母方の祖父が勤めていた「あべのハルカス」の1階に現在はある近鉄あべの橋駅を自分一人で訪れたのは30歳を過ぎてからでした。

f:id:tmja:20191205112431j:plain

この晩の宿は「ファーストキャビンステーションあべの荘」に予約をお願いしました。難波店を皮切りに"キャビン型"カプセルホテル事業を手広く広げるファーストキャビン(プランテックグループ傘下)とJR西日本が一緒に手がけた宿泊施設で、既存建物を利用して此のホテルを2017年10月に天王寺で開設。天王寺の駅から繁華街を歩くこと5分程で到着です。元の建物と更に昔の別荘時代だった入口が並んでいました。

f:id:tmja:20191205112410j:plain

通常であればファーストキャビン天王寺、もしくは阿倍野と地名が店名に付けられるべきなのでしょうが、「ファーストキャビンステーションあべの荘」となっており2つ違和感を感じる点があります。ひとつめはファーストキャビンではなくファーストキャビンステーションと鉄道駅を意味する"ステーション"が付されている事。これは上述の通りにJR西日本との協業である事を示す変更だと思われ、もうひとつは地名ではなく"あべの荘"と建物名が付いている事です。この建物は佐藤栄作首相ゆかりの別荘でした。また、JR西日本系列の保養所/研修施設・天王寺安倍乃荘として5年程前まで運営がなされていた場所です。推測になってしまいますが、JR西日本側の強い要請によりより"ステーション"と"あべの荘"という言葉がホテル名の中に残されたと思われます。

f:id:tmja:20191205112422j:plain

f:id:tmja:20191205112415j:plain

ステーションと銘打っているので、多くの鉄道をモチーフとするモノが建物内外に展示されています。入口の門をくぐって直ぐに見えるのは車輪は、2つの車輪を車軸で結ぶ姿。ファーストキャビンとJR西日本が一体として開業しが事を暗示しているようです。安倍乃荘時代に食事に訪れたことがあるも、内装が清潔でずいぶんと現代風なものに生まれ変わっており、その変貌ぶりに目を見張りました。

f:id:tmja:20191205112400j:plain

f:id:tmja:20191205112413j:plain

寝床となるキャビンがズラリと並ぶ宿泊エリアです。各室前の濃紺の仕切りがどこかブルートレインを彷彿とさせます。ファーストクラスとビジネスクラス、プレミアムクラスと3段階となっており、かつて大阪-札幌間を結んでいた寝台特急トゥワイライトエクスプレスの内装を模した特別な部屋が数室あるらしいのですが、鉄道ファンをはじめとする方達に人気が高いらしく予約する事はできませんでした。自分が予約できたのはファーストクラス”キャビン”で、入口には夜行列車をモチーフとしたデザインが光っていました。

f:id:tmja:20191205112434j:plain

アコーディオン状のカーテンを開けた室内の様子です。夜の車窓を再現するために大きな黒い板が設置されているのが先ず目に入りました。縦横2メートルひどのスペースに120cm幅のベッドが置かれています。カプセルホテル(簡易宿泊)なので部屋に鍵をかけることはできないものの、ベッド下の荷物入れには施錠する事は可能となっていました。

f:id:tmja:20200218143329j:plain

参照までにファーストキャビン社がカプセルホテル事業立ち上げ時に参照とした英国ヨーテルホテルの部屋(写真はヒースロー空港店・プレミアムクイーンルーム)載せます。日英双方共におのおのの個性が出ているようで共に宿泊してみたいと思える造りに見えます。因みに、1泊の宿泊費を適当な日付けで調べてみるとファーストキャビンが4,000円で、ヨーテルのプレミアムクイーンは10,500円でした。

f:id:tmja:20191205112408j:plain

f:id:tmja:20191205112404j:plain

宿泊したのが昨年12月だったのでクリスマスツリーがロビーに飾られていました。前施設・天王寺安倍乃荘が休業となった時には、隣接する近鉄パーキングらと併せて一帯再開発であべのハルカスをツインタワー化するのかと冗談で言っていたのですが、別の方向に進んでくれたようでした。ビル群に囲まれた小さなオアシスといった趣きのある、安倍乃荘時代にもあったテラスと庭が以前同様に残されていました。