旅館・ホテル

神戸のオーベルジュ・神戸北野ホテルに独りで片泊まり

兵庫県に行って参りました。定番の関西出張にて今回求めた宿は煉瓦造りの洋館・神戸北野ホテルです。ニューヨーク・グランドセントラルのキタノと東京平河町の北野アームスと同じ系列のホテルだと信じきっていて、フロントでニューヨークの定宿キタノの話し…

ホテルオークラ神戸に旧オークラ東京本館の面影を見つけて感涙に咽ぶ

兵庫県を訪れ、ホテルオークラ神戸に宿泊しました。既に取り壊しを受けた虎ノ門のオークラ東京には数えきれない程訪れており、自分の十八番の一皿は某名誉料理長よりレシピを教わったチャーハンだったりします。自分が成人してからも結婚式の披露宴、子供達…

大正十五年開業した宝塚ホテル、令和二年春に解体される前に宿泊

最近は大阪/京都市内の宿泊代金が高く感じられ、関西で宿泊する必要がある場合は兵庫県か奈良県に泊まる事が多くなりました。取引先との夕食を終え、宿泊するホテルのある宝塚に到着したのは午後10時過ぎ。阪急今津線の宝塚南口で降りていれば宿は目の前にあ…

福島県広野町、津波で浸水した復興区画にできたハタゴイン福島広野

家族で福島県浜通りに行って参りました。今回の宿泊先を選ぶにあたって、いわき市や仙台市の様に大きな都市を意図的に避け、津波や放射能汚染の被害を受けた浜通りにある町に求めました。候補となったのは二箇所、Jヴィレッジ内(旧・原発廃炉作業の拠点)にあ…

旗亭・金沢園からバトンタッチを受けた、旅館・喜多屋に宿泊

神奈川県に家族で出かけて参りました。北風がピューピューと吹く夜に、横浜市にある「旅館 喜多屋」に到着したのはだいぶ日が暮れてからでした。当初は自分の家族に両親二人、弟家族と大人数で楽しくワイワイ宿泊する筈だったのですが、色々訳あって我が家だ…

うぉおおおお゛親父まめでか、泣く子はいねがあ゛男鹿なまはげ体験

秋田県に家族4人で行って参りました。秋田県南部を潤す雄物川が日本海に注ぐ河口には日本海側で東北最大の人口30万人を誇る秋田市が広がり、その向こうには琵琶湖に次ぐ大きさであった湖・八郎潟。さらに向こうには曾ては本州と離れた火山島であった寒風山(…

ヒルトン・ハノイ・オペラ宿泊中に火災(訓練) 事前通知なしで強制参加

少し前の話しですが、ベトナム・ハノイに行って参りました。自分に選択権がある時には、何かしら記憶に残るような宿に泊まってみたいと何処に行っても模索するのが常で、今回は優美な外観を持つ宿ヒルトン・ハノイ・オペラを選んでみました。ヒルトンホテル…

埼玉県寄居町、旧秩父往還に沿って建つ商人宿・山崎屋旅館

埼玉県に行って参りました。埼玉県北西部、荒川の流れが狭い山間部から解放され、関東平野に注ぎ込む谷口に"寄居"と呼ばれる古い町があります。江戸時代には、寄居はその周囲で生産された薪、炭、絹、真綿等を江戸まで運ぶ中継基地の役割を果たし、現在でも…

島京梵天、伊豆大島・波浮港にある日本一のたい焼き屋のお宿

伊豆大島は伊豆諸島からマリアナ諸島へと連なる火山諸島のうち最も北側に位置する火山島で、西西北と東東南に円形を引っ張ったような牡蠣の殻の様なカタチをした南北12キロ/東西8キロほどの島です。上の写真の中央右に少し見える内湾が「磯の鵜の鳥ゃ 日暮れ…

時代遅れで気難しくも、素晴らしいバンコクの宿・アトランタホテル

仕事でバンコクを訪れ、BTSナナ駅近くのJWマリオットに投宿していました。このホテルは開業から既に20年を経て老舗の風格すら漂い、スタッフの機微を掴む対応も好ましいと感じられ、商用で訪れている客の比率が多いためか落ち着いた雰囲気のビジネスホテルで…

安来清水寺の門前宿・松琴館に泊まり精進料理をいただきました

夕暮れ間際の石段を寺の大門に向かって登っていました。この日に泊まる宿の人がJR安来駅までクルマで迎えに来てくれたのですが、宿までは自動車道路が通っておらず石段が始まるところで降ろされ、暗い木立のなかの道を200メートルほど荷物を持って歩いていた…

部屋から眺める温泉街の風情が格別、城崎温泉・小林屋旅館

日が暮れた但馬飛行場を出て、全但バスが運営する城崎温泉行きのバスに40分程揺られて城崎温泉へと向かいました。偶然なのかも知れませんが、この時の乗客は何故か自分一人だけ...。最近は浴衣を着た外国人が城崎温泉を大手で闊歩していると聞いていたので、…

岩手の座敷わらし、緑風荘の座敷わらし、我が家の座敷わらし

みちのく岩手県の北端にある温泉地に行って参りました! こちらの温泉街は全国でも珍しく、宿泊時に超常現象が見られたかどうかが話題となる温泉街 「座敷わらしの里、金田一温泉郷」です。 東北の座敷わらしは、大きな屋敷に住み、出会ったものに幸運をもた…

東京大学の下宿街・本郷に残る鳳明館・森川別館に泊まってみました

少し前になりますが、東京都文京区にある鳳明館・森川別館に宿泊して参りました。写真は最寄り駅から宿へと向かう途中に通った梨木(なしのき)坂です。この本郷あたりは武蔵野丘陵の東端にあたり坂道が多い場所です。 地図で見ると鳳明館(赤丸は森川別館の場…

遼寧賓館(旧・奉天ヤマトホテル)に宿泊して李香蘭が立った舞台を見る

東清鉄道ホテルとして始まり、ロシア総領事館にもなった哈爾浜ヤマトホテル、南満州鉄道の本拠地の大連でヤマトホテルの旗艦店大連ヤマトホテルと満鉄が戦前に経営していたホテルを泊まり歩いているので、瀋陽での宿泊先はもちろん奉天ヤマトホテルこと遼寧…

福岡県柳川市、さいふや旅館(宰府屋旅館)に泊まってみました

福岡での仕事を終えて、雨降る水の都・柳川市へとやって来ました。ここ1年程は昔の趣きが感じられる小さな旅籠宿を宿泊先にと意図的に選んでおり、この日も柳川市内にある「さいふや旅館」にお邪魔することにしました。 柳川は地図で見てみると「堀割」が街…

神戸・三宮駅徒歩5分にあるとは思えない、昭和色濃い二宮旅館

神戸の三宮は「サンノミヤ」という音の地名であって、神戸八社と呼ばれる生田神社の裔社のひとつ三宮神社から由来するのを最近知りました。この日に宿泊する宿は同じく生田神社の裔社・二宮神社からスグところにある「二宮旅館」さんになります。 三宮の駅か…

旧バンコク・パトラワディー劇場→現シアターレジデンスに宿泊

前身はタイの大女優パトラワディー・メジュドーンが1992年に設立した野外劇場パトラワディー劇場。K.パトラワディーの娘さんが劇場跡地に宿泊施設シアターレジデンスを開業したと聞き、2018年に入ってからお邪魔してきました。 ホテルはチャオプラヤー川の右…

四国第八十六札所・志度寺門前の遍路宿「以志や旅館」に泊る

高松で仕事を終え、この日の宿に向かうことにしました。琴電こと高松琴平電気鉄道に瓦町駅から乗り込み、さぬき市にある終点・志度駅まで16駅/30分ほど揺られ到着しました。ここは四国八十八ヶ所霊場の第八十六札所の志度寺の門前に開けた場所です。 阿波徳…

葆光荘(ほこうそう)、JR天王寺駅近くの路地に残る和風旅館

国内には数多くの素晴らしい宿があり、その幾つかは家族経営で慎ましく、大きく絢爛なホテルと違ってあまり宣伝を目にする事もなかったりします。この日に宿泊した宿は会社の人間に紹介を受けた場所で、日本一の高さを誇るあべのハルカスの足元に、こんな場…

ANAクラウンプラザ京都、お手頃価格で立地最高のホテル

京都の街を一日中動き回って、夜10時を過ぎて地下鉄東西線・二条城前駅で下車。プール&大浴場は夜11時までと呟きながら、予約した全日空ホテルへと向かう地下通路をふらふらな足取りで向かっていました。 昼間は二条城観光で賑わう東堀川通り界隈も、夜には…

渋温泉 ゲストハウス「の猿Hostel」にお邪魔してきました

木造建築が建ち並ぶ小道を、浴衣に下駄でそぞろ歩き。付近の湯田中、鹿教湯温泉と併せて行基による開湯伝説がある程に古い温泉地です。外湯巡りができる共同浴場は9箇所、渋温泉宿泊者は外湯巡りを楽しむ事ができたりします。 旧街道温泉街にひときわ異彩を…

角間温泉・越後屋旅館さん(内湯/混浴/共同風呂有り)に宿泊

長野県には角間温泉という温泉地が2つあり、ひとつは上田市の真田の隠れ湯の角間温泉。もうひとつは、コチラの湯田中/渋温泉の対岸にある角間温泉。シルバーウィークに旅行の3-4日前に電話で温泉宿の予約をお願いしたところ、狭いけど1部屋だけならあると聞…

肥後本妙寺の参道に佇む旅籠・廣嶋屋さんに宿泊しました

上熊本駅を降りて西へ、肥後本妙寺を目指してテクテク歩いています。本妙寺は加藤清正公の菩提寺として知られる日蓮宗の名刹で、熊本城から北西に2kmほどの場所あります。今回はその本妙寺そばにある旅籠に泊まりにやってきました。 参道入口に大きな仁王門…

聖徳太子建立の寺院宿坊の宿・竹林院群芳園に宿泊(後編)

大和三庭園の群芳園散策の後に待望の夕食を頂きに本館に戻って来ました。ロビーに近い方が大人数を収容できる部屋で、自分が案内を受けた部屋は...。 こちらです!鶴と牡丹の金襖絵に囲まれれ何処かの映画セットかのよう。天鵞絨のマントを羽織った織田信長…

聖徳太子建立の寺院宿坊の宿・竹林院群芳園に宿泊(前編)

お墓参りの前泊として、奈良県吉野・上千本にある「竹林院群芳園」さんに宿泊させて頂きました。自分が幼少の頃に家族で宿泊した事があり、おそらく2度の訪問になると思われます。 近鉄阿部野橋から吉野駅に到着すると、ロープウェイは春から故障で運行して…

ダブルツリーヒルトンバンコク 受付スタッフが元同じ会社!?

バンコク中心部は渋滞が激しいので、宿泊地を空港方面か、サトーン等にしてシーロム/スクンビット付近は避けてくれと会社では言われています。送迎のクルマを出すのに時間が読みずらくなるのが理由だとか。なので、今回はスクンビット・ソイ26を入って直ぐに…

最上屋旅館(酒田)- 西廻海運で栄えた酒田市の老舗商人宿

北に鳥海山、南に出羽三山。肥沃な大地を創ってきた最上川が日本海注ぐ河口にある酒田市。江戸時代に開かれた酒田湊は日本海一と言われる程に賑わい、現在でも多くの立派な建物が街中のあちらこちらに見られる酒田の街にやってきました。 そんな酒田市の繁華…

石場旅館(弘前市)- 軍都・弘前に残る老舗旅館に宿泊

青森県弘前市の弘前城から程近くにある「石場旅館」さんにお邪魔して来ました。石場旅館は弘前藩・藩士であった石場氏が小間物屋と旅籠を明治12年始めたのが由縁と現宿主との会話で伺いました。数えてみると100年を越す歴史あることになり、平成23年には有形…

新むつ旅館(八戸)- Y字階段に空中回廊、元遊郭の老舗旅館

青森県八戸の陸奥湊にはかつて港町の大歓楽街が広がり、明治〜大正に殷賑を極めた頃には料理屋や遊女屋が所狭しと軒を連ねて、東北の不夜城と呼ばれていました。今回は八戸にある100年の歴史を誇る老舗旅館に宿泊してみました。 港に近い浦町だけでは旺盛な…