バニラエアJW108(台北桃園→成田)A320 LCCで帰国しました

f:id:tmja:20161110103340j:plain

バニラエアに乗って帰国するべく、桃園空港第一ターミナルまでやって来ました。バニラエアではこれまで成田起点で札幌、奄美、那覇と日本国内線でしか搭乗したことがなく、国際線は初めての利用になります。

f:id:tmja:20161110103342j:plain

登場後に窓から外を覗いてみたところ、暗々とした雲が空一面を覆ってしまっていました。台北の夜景を一度上空から見てみたいと思うも、此ればかりは何ともならないので諦めるしかありません。

f:id:tmja:20161110103355j:plain

最近は無茶苦茶な並べ方を見なくなってしまった航空会社の安全のしおり。バニラエアも安全のしおりが最前列に来ておりツマラナイと思っていました。

f:id:tmja:20161110103319j:plain

全員が搭乗するまでに時間があったので「安全のしおり」を隅から隅まで見てみました。酸素マスクの取り付け方法の図解で、マスクが落ちてきてから自分自身の装着まで5秒、隣席の子供へを含めて合計10秒でする事になっており厳しい訓練が必要そう。一番右側に描かれているような図解通りに45度で急降下している場面では、なおさら厳しい要求に思えます。

元旅客機運転手をしていた方から聞いたことがあるのですが、機長もしくは副機長がトイレ等でコクピットを離れる時には、コクピットに残る一人は酸素マスク着用が義務付けられているとか・・。

f:id:tmja:20161110103358j:plain

離陸直後すぐに厚い雲に突入し、雲海の上へ出てしまいまいた。移動につぐ移動でマトモな食事を取っていなかったので機内食を注文することに。

f:id:tmja:20161110103322j:plain

ハムエッグカツレツサンドとニッカハイボール爽やかレモン、デザートにバニラエア特製クリームあんパンを頂きました。空腹は最高のナントカで、機内食を美味しいと感じたのは数年ぶり。

f:id:tmja:20161110103343j:plain

九十九里側から成田空港へアプローチ中。遠方の太平洋側に突き出しているのが犬吠埼方面。

f:id:tmja:20161110103344j:plain

成田空港のオープンスポットへ到着です。東京→台北が4時間要するところを偏西風の力を借りて台北→東京は3時間で済むので、早いなといつも感じます。

子供重視の生活をする為に、国内・近隣国なら日帰りか1-2泊で帰ってくるように極力するように此処数年していますが、また欧米に行きたくなってきました。