広い空、旅客機が結構迫ってくる若洲海浜公園に遊びにいってきました

f:id:tmja:20170612103848j:plain

その存在は知りつつも、なかなか訪れる機会がなかった江東区立若洲公園&若洲海浜公園へ家族4人で遊びに出かけました。この日は午前中をつきじ獅子祭り、午後を若洲海浜公園でピクニック&サイクリングという計画です。

f:id:tmja:20170609181549j:plain

そもそも、若洲公園に行こうと思ったのは羽田空港への直近2フライトで東京ゲートブリッジが結構近くで見えたので、地上からだとどの程度の高さで見えるのかが知りたいという好奇心からでした。

若洲公園は江東区の一番南側側に位置し、2020年の東京オリンピック会場のひとつになる中央防波堤と、夢の島公園や東京ヘリポートのある新木場の間にあります。このあたりの周辺の土地同様にごみ処分場だった場所で、40年程前の1974年には既に完成していたとか・・、自分が生まれる前からあったのに初訪問になりました。

築地からレインボーブリッジ→お台場と経由し西から若洲に入ったのですが、東京ゲートブリッジの遊歩道を歩いている人が結構いて驚きました。レインボーブリッジと違い、ゲートブリッジは中央防波堤側に出ても、若洲側に出ても最寄りの駅等が結構距離があるだけでなく、橋そのものの長さも倍近くあり大変そうです。

f:id:tmja:20170612103852j:plain

 頭の9割はゲームと遊びの長男が小躍りしながらサイクルセンターへ突入。ここには18インチ〜27インチまでのレンタル自転車(全て補助輪なし)があり、1時間大人100円、子供50円で借りることができます。

小学生以下は大人の同伴もしくは同乗が必要とのことで、長男+自分と娘+妻の二手に別れることにして出発進行。

f:id:tmja:20170612103841j:plain

サイクリングコースは1周6kmのコースとなっており、海辺の景色を楽しみながらゴルフ場をぐるっと半周するコース。天気が良ければ、東京ゲートブリッジの向こうに富士山や房総半島も臨めるとか。

道路の手前側のPマーク(駐車場)に挟まれた場所がサイクルセンターで、ここからスタートです。

f:id:tmja:20170612103858j:plain

サイクルセンターを出発して、いきなり北側へと進もうとする長男を呼び止めます。そっちに行っても行き止まりで、戻ってくるだけだよと。

f:id:tmja:20170612103832j:plain

ゲートブリッジへと続く堤防で釣りをする人々、レンタル釣り具店も出店しており手軽に釣りが楽しめる場所のようでした。メバルやスズキが釣れるとか。

上空には飛行機。この日は南風があるからか、狙っていた通りにB滑走路に向かって旅客機が始終飛んでいました。

f:id:tmja:20170612103908j:plain

ゴルフコースの東側です。ロケットスタートの長男が先に行ってしまい、見えなくなってしまったので暫く休憩中。飛行機が来ないかと待っていたら、痺れをきたした息子が戻って来ました。

f:id:tmja:20170612103912j:plain

東側の海の向こうにはディズニーリゾートが見えます。シェラトンホテルで半分隠れてしまっていますが、ビックサンダーマウンテンとディズニーシーのタワーオブテラーも見えていました。

東京第三航路を挟んでの距離なので、ディズニー側とは葛西臨海公園を挟んで3Km程しかありません。

f:id:tmja:20170612103918j:plain

この白い塔のような場所がサイクリングコースの折り返し地点。

f:id:tmja:20170612103923j:plain

返りは海沿いの舗装路を猛ダッシュ。父親の自分と抜きつ抜かれつで嬉しそうな長男。あと2-3年もすれば、自分が本気になって追いつくかどうかだなと思いながらペダルを漕いでいました。

f:id:tmja:20170612103934j:plain

またゲートブリッジが視界に現れてきました。レインボーブリッジとは違い無骨な印象です。子供に「あれは恐竜橋って言うんだって」と反応をみましたが、あまりピンと来ないようです。

f:id:tmja:20170612103939j:plain

大きな岩でできた格好の遊び場。ここのゲートブリッジ側は人工の磯になっていて、釣り人が沢山いました。ルアーでシーバスを狙っているようでした。

f:id:tmja:20170612103827j:plain

この日の本来の目的を忘れずに確認。ゲートブリッジを通る旅客機はどのくらい近づいているのかですが、4-5機程通過するので一番近づいたのがこの程度。飛行機はこのあとに左旋回して着陸に向かっていました。

調べてみると、ゲートブリッジの最も高い部分が87.8mだとか。ここより羽田空港側により近い「KOTO」のローカライザー直前の最低高度が300m程なので高度差が余りありません(着陸間際なので当たり前ですが・・)。

この写真の中で飛んでいるのがボーイングB787と全長、全幅ともも60mぐらい機体です。それを基準に考えてみても、この機体が飛んでいる高さのは大体300m程で間違えなさそうです。

f:id:tmja:20170612103836j:plainサイクリングが終わったら、変わり種自転車に20分どれでも乗り放題300円に突入。無尽蔵の体力です。遅れること20分、幼稚園年中の娘も6Kmのサイクリングロードを見事完走してきました。こちらも驚きでした。

 以前に訪れた城南海浜公園のほうが、飛行機が迫ってくる感じがして迫力がありましたが、若洲海浜公園はBBQや釣り等違った遊びもながら飛行機ウォッチングもできるので家族受けはコチラの方が良さそうです。

子供達も妻も誰も飛行機のことに触れない(印象に薄い)程度なので、飛行機好きのパパが連れて行っても嫌味を言われない丁度良い場所ではないかと思いました。

www.waypoints.blue