麻布十番にある讃岐大使館、さぬき倶楽部に宿泊してみました

f:id:tmja:20170719165643j:plain

首都東京での県民の拠点として設置された宿泊、会合施設のできる県営ホテル。宿泊特化型ホテル等の低価格ホテルの台頭もあり、徐々にその役割を終えて、いまだ残るは富山県赤坂会館、島根イン青山、さぬき倶楽部だけ。同じ性格を持つ東京都島嶼部向け施設・島嶼会館を含めても4つしか残っていません。

f:id:tmja:20170719165525j:plain

会社のエアコンが不調になったのを言い訳にして、予約→当日宿泊で初めてさぬき倶楽部に宿泊することしました。こちらの離れにある「花樹海」には会食で何度かお邪魔したことはありますが、宿泊は初めてなので楽しみでした。突き当たりの高いビルがさぬき倶楽部ですが、ビル屋上にはいまだ「讃岐会館」の看板が残っています。

f:id:tmja:20170719165606j:plain

さすが香川県の在東京大使館だけあって、立派な門構え。手前にあるビアガーデンの立て看板がその雰囲気を台無しにしてしまっているのが残念。建物の入口脇に「讃岐大使館」と本当に書かれていました。

f:id:tmja:20170719165540j:plain

ロビーの様子です。ビアガーデンの準備をしており、外だけでなくロビーにも安っぽい白の樹脂製テーブル&椅子を並べている真っ最中でした。普段此処に並べられているはずのジョージナカシマのコノイドチェアは悲しいことに脇に積み上げられてしまっていました。

f:id:tmja:20170719165448j:plain

階段で2階に上がりました。特徴的なシャンデリアが釣り下がり、往時の豪奢な雰囲気が伝わって来るかのようです。

f:id:tmja:20170719165444j:plain

 ぱっと見には古びた手摺ですがポール部分にアクセントががあり、床のタイルにもレトロな模様とこだわりが感じられます。

f:id:tmja:20170719165512j:plain

フロントで受け取った鍵を差し込むも、ドアが開く気配なし。そこで、ドアノブ上部を見ると「ドアノブを持ち上げながらキーを回して下さい。」とのアドバイスがあり、なんとか開ける事ができました。

f:id:tmja:20170719165707j:plain

旅館のように三和土があり、靴を脱いでから部屋に入ります。

f:id:tmja:20170719165659j:plain

襖を開けると、布団が既に敷かれている和室に出ました。畳を数えると10畳で広縁もあり。

f:id:tmja:20170719165713j:plain

すでに片付けられている座卓の上のお茶セットの蓋を開けて見ると、ゴチャゴチャでした。建物の古び具合や部屋の鍵かすると想定内です。

f:id:tmja:20170719165720j:plain

チェックイン時に頂いた「讃岐うどんお土産セット」。JR四国傘下の株式会社めりけんやの物でした。山手線の浜松町や上野にも実店舗があるお店です。

f:id:tmja:20170719165650j:plain

部屋は薄暗く、敷きっぱなし布団が寂しい。初めから掛け布が3分1程折られているのを初めて見ました。これは讃岐国の風習なのでしょうか?

f:id:tmja:20170719165655j:plain

室内が蒸し暑いのでエアコンを調整します。スイッチが非常に味わい深いのは良いのですが、エアコンの機械音が大きく、暑さを我慢すべきか、エアコンの騒音を我慢すべきかを考える程の音を出して稼働していました。

f:id:tmja:20170719165517j:plain

部屋で一息つくと、色々と見えてきます。照明が破れていたり。

f:id:tmja:20170719165632j:plain

寝タバコと思われる焼け跡があったり・・。

f:id:tmja:20170719165704j:plain

窓の外では小雨が降っており、首都高目黒線が部屋から見えました。さぬき倶楽部と首都高の間には小さな個宅が沢山建ち並んでおり、高層ビルの多い港区では不思議な空間になっています。

f:id:tmja:20170719165522j:plain

外に出ようと、ドアの内鍵を引っ張ったのがこの状態です。本来ネジ4本で抑えていたのでしょうが2本しか残っておらず、何処かに落としてしまったのかとだいぶ探しました。

f:id:tmja:20170719165439j:plain

正面入口を上から鳥瞰。玄関の趣きと蔵の様子を見る限り、ここは元来誰かの洋風邸宅あったのではないかと思い調べて見ると真珠王・御木本幸吉翁の別邸があった場所のようです。

f:id:tmja:20170719165503j:plain

外からの光でファサードが透けて見え優雅で、館内の雰囲気は年数を経た貫禄すら感じられます。

f:id:tmja:20170719165536j:plain

花樹海の奥に「ばんげ」という食事処がありました。竹林のなかにあり、麻布十番とはとても思えない空間です。

f:id:tmja:20170719165549j:plain

散策と仕事を終えて、地下にある大浴場にお邪魔。

f:id:tmja:20170719165545j:plain

誰も先客がおらず一枚撮影させて頂きました。

f:id:tmja:20170719165612j:plain

朝食はうどんを2階の食堂?で頂きました。駐東京讃岐国大使館のうどんは如何にと期待していましたが、自分的にはカナリ残念な感じでした。この為だけに宿泊したと言っても過言ではないだけに、期待値が高すぎだったのかもしれません・・。

f:id:tmja:20170719165621j:plain

昨晩はビアガーデンの為に片付けられてしまっていた木製椅子が本来の位置に戻っているの発見!!  6脚の椅子が花弁のように配置されて綺麗なのですが、中央の丸いテーブルが寄ってしまっています。ハードだけでない、安心のさぬき倶楽部クォリティと言ったところでしょうか?

f:id:tmja:20170719165639j:plain

高い天井に薄青のカーペット。奥に見える大きな深い青のタイル、天井に埋め込まれた照明に桜製作所の椅子と瀬戸内海の景色を表したかの空間が素晴らしいロビーです。

乳児連れ等であれば、都心一等地の隠れ家の様な場所に手頃な価格で和室に泊まれるので選択肢に入れても良いかと思いますが、結構ボロボロなので人を選ぶかもしれません。レトロなロビーで待ち合わせをして、花樹海で食事をするのは雰囲気があり、お勧めできる場所だと思います。