パイロット志望の息子と行く、羽田空港でJAL工場見学に参加

f:id:tmja:20170109184759j:plain

正月明けにJALホームページ上のJAL工場見学の予約状況を覗いてみると、子供の小学校冬休み期間中にちょうど2席空いているのを発見! 迷わず予約ボタンを押しました。予約の空き状況を見たのが1月3日深夜、訪問日はその直後でした。

この文章を書いている1月10日に空き状況を確認してみると、子供が参加可能な週末に予約がとれる日は予約可能な7月末まででゼロ! なので、今回の空席を偶然にも確保できたのは相当幸運なのかもしれないとも思いました。

f:id:tmja:20170109184813j:plain

航空教室開始前に展示エリアをぶらぶら

JALの展示スペースは実に素晴らしく、パイロットとしてシミュレーターに座ったり、客室乗務員としてJALの制服を着て記念撮影や、航空機を到着ゲートに誘導するマーシャラー等の疑似体験をできます。また、旅客機の運行を支えている各種業務の展示だけではなく、歴代制服展示を含むJALのこれまでの歩みも見応えがあります。

特に、皇室の御搭乗のに際して実際に用いられた文物の特別展示は、この場以外では目にすることはないだろうと思われものも多く、本当のVIPとはどのようものか垣間見えます。ご覧あそばされたであろう航路図も、丁重に仕立てられた大きな冊子となっており、日付入りで搭乗される1フライトだけに準備されたものでした。

f:id:tmja:20170109184810j:plain

内容に改善を求めたい航空教室

ここが飛行機が空を飛ぶ仕組みや、羽田空港の概要を教えて貰える場所「航空教室」の一室です。教室内の椅子の配列が3-4-3となっており旅客機の客室を模しているそうです。また、この教室の幅は実際の旅客機の客室幅と同じと教わり、おおっと納得してしまいました。

JALの航空教室は見せ方は(ANAの航空教室と比較すると)真面目すぎる印象でした。今回は元整備士の講師が担当でしたが、小さな子供が過半数な教室で作用反作用やベルヌーイの定理はどうかと疑問を感じました。JALとしても航空教室という名前に捕らわれすぎているのか、もっと伝えたいことがあるはずだと思います。

f:id:tmja:20170109184815j:plain

整備工場ツアー開始&写真利用許可など

「つまらない(息子談)」航空教室を終えて、お待ちかねの整備工場ガイドツアーの開始です。ちなみに、工場見学コースでは撮影が禁じられている項目がいくつかあります。

教室および展示エリア

  1. 皇室展示
  2. 航空教室のスクリーン
  3. 歴史展示エリアの接写写真

整備工場エリア

  1. 見学に参加されている人の顔が認識できるもの
  2. 格納庫1階フロアで撮影したもの
  3. JALが整備をしているJAL以外の航空機

ただし、整備工場1-2はJALお問い合わせ窓口で写真確認を経たものは商用以外であればインターネット(ブログやSNS)への投稿可。

ここに載せている写真はJALご担当者様に「お写真拝見いたしました。問題ございませんので、商用目的以外でご利用ください。」と許可を受けたものを載せています。

上の写真はツアー開始後すぐに入る第一格納庫で、長期整備をする旅客機が入っています。エンジンが取り外されているのは、JALのエンジン部門は成田空港にあるので、そちらで整備をする為に輸送のためと教わりました。なるほど。

f:id:tmja:20170109184818j:plain

第二格納庫で大型旅客機が間近に

第一格納庫の南側にある第二格納庫には短期間の整備機が収まっているそうです。ここが今回の工場見学のハイライトで、第二格納庫は旅客機の直下まで行くためにヘルメット装着が義務となっている場所です。格納庫の旅客機を間近に見上げながら、空港へ次々と着陸して来るのを望める非日常感が味わえる空間でした。

f:id:tmja:20170109184756j:plain

第二格納庫の大きな扉レールまでがJAL管理地で、このレールより外へ見学者が出る事はまかりならないと釘を刺されていました。ここで恒例の着陸してくる機種当てゲームが開催されていました。

f:id:tmja:20170109184759j:plain

f:id:tmja:20170109184800j:plain

この日撮った一番お気に入り写真です。旅客機をバックにしです息子の決めポーズがCDジャケットに使えるかのように見えました。パイロット志望の長男が、もし本当に夢をかなえた時には、祝賀会に是非ともこの写真を使いたいと思っています。

f:id:tmja:20170109184806j:plain

普段旅客機に乗客として乗るときに目にするのは、発券カウンター、グランドスタッフ、客室乗務員、パイロットぐらいだと思います。しかし、実際には表舞台には登場してこない多くの職種の方々がおり、その全ての人々の支えの上に快適な空の旅が成り立っています。

f:id:tmja:20170109190844j:plain

今日のフライトを終え、格納されたにボーイングの大型機。夕陽に映える旅客機を整備士の方達は黙々と作業を進めていました。移動式脚立を押しているだけなのですが、アメリカの匂いが薄っすらする素晴らしい光景でした。