はとバス・2階建てオープントップバスで行く、TOKYOパノラマ・ドライブコース参加

f:id:tmja:20170721151239j:plain

半年程前に乗車した「はとバス」の、東京の名所を2階建てオープントップバスで巡る駆け足ツアー参加レポです。前回は新宿起点のツアーでしたが、今回は東京駅がスタート地点とのことで東京駅にやって来ました。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170721151252j:plain

丸の内側に出てすぐにある旧東京中央郵便局を再開発して建ったJPタワー6階にある屋上庭園に先ず来ました。集合時間よりだいぶ早く来てしまったつもりでしたが、自分達の乗る2階建てバスは既に到着していました。

f:id:tmja:20170721151226j:plain

このバスの「'O Sora mio(オー・オラ・ミオ)」という名前は、天井がなく空の見えるところから付けられているようです。前回乗った時には全く気が付いていませんでした。

f:id:tmja:20170721151213j:plain

マレーシアからの知人と一緒に乗り込みました。TOMODACHIシステムという八ケ国語によるガイドシステムとWIFI完備。

f:id:tmja:20170721151009j:plain

今回の走行ルートはレインボーブリッジを走り抜ける部分もあり、冬の冷たい空気のなかではチト厳しいかと思っていました。それを見越してか、バス会社からホッカイロが配られていました。ちなみに同行のマレーシア人はホッカイロを使用するのは初めてで、いたく気に入った様子でした。

f:id:tmja:20170721151202j:plain

東京駅を出発して、旧都庁跡にできた東京国際フォーラム前を曲がって行きます。さすが2階建てバスだけあり、歩道を歩くいつもの視線の高さと違った迫力で建物が迫ってきますし、信号や標識とはスレスレとまいかないものの、結構な近さです。

f:id:tmja:20170721151150j:plain

赤煉瓦の三菱一号館の脇を通り抜け皇居方面へ。

f:id:tmja:20170721151138j:plain

日本経済の中心地と言われる大手町・丸の内エリアの高層ビル群。手前は戦前に、皇期2,600年を記念して整備された宮城外苑(現・皇居前広場)。

f:id:tmja:20170721151113j:plain

日露戦争の戦勝を記念して作られた凱旋道路を祝田橋へ向かい、日比谷濠を渡って検察庁を右折して行きました。

f:id:tmja:20170721151102j:plain

刑事ドラマ等で有名な桜田門前の警視庁。1度だけ見学に行った事がありますが、警備の厳重さに驚いた記憶があります。日本人乗客は自分を入れて3名だけで他外国人なので、このあたりのウケには温度差がありそうです。

f:id:tmja:20170721151048j:plain

皇居のお掘りに沿って内堀通りを西へ。最高裁判所、国立劇場や半蔵門会館(グランドアーク半蔵門)と著名な建物が並んでいるのが見られます。

f:id:tmja:20170721151043j:plain

国会議事堂前が正面に。向かって左手が衆議院、右手が参議院とガイドさんの説明がありました。

f:id:tmja:20170721151038j:plain

外務省と財務省を抜けて愛宕下通りを南下。前方に見える高層ビルは虎ノ門ヒルズ。現在でも東京で一番高いビルです。麻布郵便局跡に新しく建つ330mの超高層ビルが建つまでは東京の最高峰の座を維持するようです。

f:id:tmja:20170721151031j:plain

その虎ノ門ヒルズの足下を赤羽橋方面に進んでいます。右手に見えている緑色の換気塔ですら高さ50mもあるとか。

f:id:tmja:20170721151027j:plain

 東京23区で最も高い山・愛宕山(25.7m)。愛宕山ヒルズ、グリーンヒルズに虎ノ門ヒルズと周辺に高層ビルが増え、愛宕神社に参拝する人の数も歳を追うごとに目に見えて増えています。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170721151021j:plain

赤羽橋に向かっており、必ずルートに入っているはずと推測できた東京のシンボル・東京タワーが見えて来ました。

f:id:tmja:20170721151017j:plain

 乗客の皆さんも盛んに赤いタワーを写真撮影中。富士山と一緒で、東京タワーを見ると何か良い事が起こるような気持ちになります。

www.waypoints.blue 

f:id:tmja:20170721151013j:plain

東京タワーを過ぎて飯倉交差点に差し掛かりました。停まっているバスの左手は日本フリーメイソンがあったりと大に小にと見所満載、さすが東京と言った感じです。

f:id:tmja:20170721151004j:plain

芝公園入口から首都高に入りました。大型観光バスですと料金所も幅がいっぱいな感じで通り抜けていました。

f:id:tmja:20170721151000j:plain

高速道路の行先案内板も、手を伸ばせば届きそう。一般道を走っていた時には余り感じなかった風が感じられ、先が少し心配になりました。

f:id:tmja:20170721150957j:plain

首都高羽田線を芝浦方面に進んで行くと、今回のハイライト・東京レインボーブリッジが遠くに見えてきました。首都高に入ってからは予想の通りに風が冷たく、ジャケットを羽織り、マフラーをしてと寒さを凌げるように準備。

f:id:tmja:20170721150952j:plain

日の出桟橋から芝浦ふ頭へ。ここから巨大なループで高度を稼いで、お台場側へレインボーブリッジを経て渡って行きます。

f:id:tmja:20170721150949j:plain

 レインボーブリッジ上の直線部分。海上のこの箇所は特に風が強く、また冷たかった! 顔にあたる風が強く息をするのも辛い程でした。少し前に子供と歩いたこともありました。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170721150945j:plain

10号晴海線・豊洲出口で高速を降りました。ここを左に曲がると話題の豊洲市場、正面の高層ビルは晴海大橋を渡った先にある晴海地区になります。

f:id:tmja:20170721150941j:plain

晴海のトリトン・スクウェア。白いビルとビルの間にある空中通路のようなものは地震対策の制振装置だったりします。このビルに勤務していた頃が昔あり懐かしく見上げていました。

f:id:tmja:20170721150937j:plain

隅田川にかかる勝鬨橋。皇居前広場と同じく皇期2,600年に開催予定だった東京万博会館(会場・月島)へのアクセス路としてかけられた橋で、国の重要文化財になっています。ガイドさん曰く、現在でも跳開橋としての機能は維持出来ているとか。

f:id:tmja:20170721150933j:plain

築地外市場?  いつの間にやら飲食店が集まる観光名所となっていたようで、沢山の観光客が平日にも関わらず溢れかえっていました。これを見て興味を持ち、後日家族と訪れて見ました。

 

f:id:tmja:20170721150930j:plain

晴海通りにを銀座に向かい、東銀座の歌舞伎座を車窓見学。歌舞伎座の隣のビルには家族で来ましたが、歌舞伎座には暫く足を運んでいないので一幕見ででも年内に1度来たいものです。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170721150926j:plain

日本一の地価として有名な銀座四丁目の交差点に迫って来ました。

f:id:tmja:20170721150916j:plain

ガイドさんより、エルメスのビル屋上に騎士像があるとの案内があり、両手にはためく布を持った騎士像を見ることが出来ました。メゾンエルメスでも以前に「この像はパリ、ニューヨークと東京の3箇所しかない特別な像」と教えてもらった記憶があります。

f:id:tmja:20170721150912j:plain

有楽町のマリオンと東急プラザが見えて来ました。

f:id:tmja:20170721150907j:plain

日比谷のペニンシュラホテルで右折し北上します。左手には四季折々の緑が楽しめる皇居外苑。その反対は第一生命や帝国劇場等の歴史ある建物群。

f:id:tmja:20170721150856j:plain

日比谷通りにを北に向かいパレスホテルが見えて来ました。パレスホテルはホテルからの招待を頂き、家族4人でお掘りに面したグランドキッチンで食事をしたきりでご無沙汰中。

なんと言っても1杯2,000円のオレンジジュースを子供達が気に入ってしまい、オレンジジュースだけで万単位の請求(実際にはホテル持ち)を見てから近づかない様にしています…。

f:id:tmja:20170721150849j:plain

行幸通りです。出発地そしてゴール・東京駅の赤煉瓦の建物がチラッと見えました。

f:id:tmja:20170721151257j:plain

東京駅をいつもより近くに眺めながら丸の内側南にあるはとバス専用乗降場に着きツアー終了。数メートル視線が高くなるだけですが、普段は見られないモノも見えてくるのでナカナカ楽しい経験ができました。

東京ステーションホテルに宿泊した事のある人は知っていると思うのですが、この写真写っている「東京駅」の2・3階部分の殆どは東京ステーションホテルだったりします。東京駅で電車利用者が入る場所は1階部分と南北ドーム型ホールが殆どで、外から見られる赤煉瓦造りの建物はは殆ど東京ステーションホテルだったりします...。この2階建てバスから見ると、建物の窓は客室のものだとよく見えました。