タイガーエア台湾IT281(成田→高雄)A320 タイガーエアに初めて乗ってみた

f:id:tmja:20161202125628j:plain

昨年の話しですが、タイガーエア台湾に初めて搭乗する機会がありました。タイガーエア台湾はシンガポール航空傘下のタイガーエアと中華航空(チャイナエアライン)の合弁会社で現地の言葉では臺灣虎航と書くようです。

それにしても立て看板の「GET WILD」は誰に向かって言っているのでしょうか? 乗客がGET WILDされても迷惑なだけですし、操縦士がGET WILDも乗客全員の命が危ない気がします。CAさんだと、窓際席の配膳は全て投げ渡しにでもなるのでしょうか?

搭乗まで、チェックインカウンターが見つからない

タイガーエアは成田空港第二ターミナルを使用しています。チェックインカウンターが団体専用のGカウンターで、まずGカウンターが何処かを探すのに一苦労しました。

国際線出発カウンターが一列に並ぶA~Sまでの列にはなく、北側の隅っこにあるという感じでした。案内所の女性に尋ねて、やっと、その場所が初めて判ったぐらいです。あまりにも見つからないので、もしかしてLCCターミナルの第三ターミナル出発だったかと考えてしまいました。

f:id:tmja:20161202125629j:plain

LCCでは見慣れたエアバスA320が今回の機体です。成田空港をお昼前の11時25分に飛び立ち、台湾南部の高雄に15時00分到着の便です。出発、到着ともに早すぎず、遅すぎずで極端なスケジュールも多いLCCに似合わず、なかなか良い時間帯の便でした。

f:id:tmja:20161202125630j:plain

機内に入る前に機体側面を写してみました。大阪のおばちゃんではないですが、黄色&虎柄は目を引かれてしまいます。特に大きい虎柄の垂直尾翼はタイガーという感じが伝わってきます。

f:id:tmja:20161202125632j:plain

飛行機に次から次へと搭乗する機会が多い一年でしたので、座席指定をしているのか、何処の座席を確保したのかはチェックイン後に解ることが殆ど。今回は主翼とエンジンが見える自分の好みな窓際席7Fだったので、これは自分が間違えなく座席指定をしたなと解りました。

f:id:tmja:20161202125633j:plain

ゲート出発して太平洋上空へ

第二ターミナルを離れ、トコトコと指定された模様の滑走路16Rまでの途中、成田闘争で有名な横堀大鉄塔をかすめて行きます。普通の乗客は何かの通信施設かなと思ってしまうかのように当たり前に立っています。

この鉄塔に「抗議する農民」という像が立っていると何処かで見た記憶があるので、毎回目を皿にして探すのですが、探し出せた事はありません。

f:id:tmja:20161202125635j:plain

16Rまでの移動は、どれだけ燃料を無駄にするのかと心配してしまう程遠く感じられました。操縦席でも「近い16Lじゃなくて遠くの16Rだよ、大型機じゃないんだから第2滑走路にしてくれよ」と悪態をついたのが目に浮かぶようです。

f:id:tmja:20161202125636j:plain

房総半島を九十九里から太平洋に出ました。3年に1度の中華航空系かと思いながら地上と暫しのお別れ。晴れた日であれば翼の先にハッキリと富士山が見えても良いところですが、残念ながらこの日は雲に覆われたくすんだ天気。

f:id:tmja:20161202125618j:plain

雲の上に出てしまいました。これで台湾本島へ下降するまでは窓の外は空と雲だけの世界です。シャークレット(エアバス呼称)に虎柄が映えます。

f:id:tmja:20161202125620j:plain

機内の様子と昼食

機内の様子です。台湾人7割、日本人3割といったところしょうか? ほぼ満席で自分の隣にも珍しく乗客がいましたからか、座席に圧迫感を感じます。観光目的の乗客が多いのか機内は賑やかでした。

f:id:tmja:20161202125616j:plain

予約時に昼食を頼んでいたらしく(完全に忘れていました)、CAさんが持ってきてくれました。海鮮焼きビーフンのセットで、現地風の食事を頂けたので満足しました。

f:id:tmja:20170120124527p:plain

ちなみにメニュー上での写真はこの様な感じになっています。セットメニューの料金はNT$280となっているので900円ぐらいでしょうか。事前に注文をしていたという事は、いくらかこの価格よりディスカウントがあったのだと思います。

f:id:tmja:20161202125621j:plain

臺灣上空から着陸まで

いつの間にやら台湾本島上空を飛行しており、エンジン脇に台湾で最も大きい国際空港・桃園空港がありました。雲が多く切れ間を狙って写真を撮ってみました。 

f:id:tmja:20161202125623j:plain

着陸前の侵入中にも一枚撮りました。高雄空港は軍隊が駐留していないためか、最終アプローチ前にも撮影不可等の案内は一切ありませんでした。

先日、日本に遊びにきた台湾人と食事をした時に徴兵制の話しになり、すこし前までは1年間が必須だったのが現在は4ヶ月まで短縮されて、徴兵制は近く廃止になる見込みと教えて貰いました。一緒にいたシンガポール人の子供は、徴兵期間2年の任務中で(シンガポールの)離島に配属になっているとかで。シンガポールは台湾で訓練をしており、中国との関係が最近とみに悪化していると言っていました。

f:id:tmja:20161202125624j:plain

高雄国際空港に東から到着。写真のシャークレット脇にレーダー設備があり、その左手にリゾート施設のようなパラソルが連なっているのが見えますでしょうか? 今回は高雄空港到着ロビーではなく、あのパラソルの立ち並ぶ場所でのピックアップをお願いしたりしています。

f:id:tmja:20161202125626j:plain

今回も無事にゲートまで到着です。フライト時間が4時間と長めで、窓からの景色もあまり楽しめず、座席が狭めだったので余計に長く感じられた気もしました。

f:id:tmja:20161202125634j:plain

入国審査に向かう前に、機体と正対する場所があったので撮影。子供達が台湾に行きたいと言っているので、タイガーエア台湾に乗って(台北と比べると)物価の安く、暖かい高雄や南部台湾を目的地するもの面白いかもと思いました。