JCBザ・クラスカードの再発行をお願いしたら、翌日配送されてきた

f:id:tmja:20170313010438j:plain

有効期限が切れてしまったクレジットカードのハサミ入れ作業をよく子供達にやらせていたのと、宅配便の受取りでクレジットカードを机に置いたまま席を外してしまった自分が原因なのですが、娘がやってしまいました。上の写真のICの部分にハサミが綺麗に入ってしまっています。

裏面に書かれているザ・クラス・メンバーズデスク連絡先に電話をして、事の経緯を説明して再発行をお願いしました。お困りでしょうから、直ぐに手配いたしますと電話対応をして頂いた女性の言葉・・。

f:id:tmja:20170313092629j:plain

で、ヤマト運輸のセキュリティ・パッケージが、自宅に配送されて来たのは翌日でした! 重要書類在中と書かれた黄色い封書に墨色のペガサスマークの封筒が見えてしまっており、中身がクレジットカードだと推測できる状態。

f:id:tmja:20170313094813j:plain

新旧のカードを並べてみました。目を皿にして違いを探してみましたが、ICチップの形状が旧は楕円形、新が4隅の角を丸くした四角になっている箇所と、カード裏面の署名欄の背景にある無数のJCBロゴの位置が若干違うぐらいしか見つける事ができませんでした。

JCBザクラス、プラチナ。ゴールド、プレミアゴールド、ネクサスは再発行手数料1,080円が免除されるようですが、その他のカードは以下の顧客理由による再発行は有料となると書かれた紙も同封されていました。

  • 紛失・盗難による再発行
  • ICカードの暗証番号変更による再発行

今回は明らかに自分の落ち度なのですが、ザクラスカードだったので再発行料(送料含む)もかからず、しかも驚愕のスピード再発行をして頂けたようです。

f:id:tmja:20170313100908j:plain

荷物番号から発送元の営業所を調べてみると、羽田空港の側に聳えるヤマトの巨大物流センター「羽田クロノゲート」からとなっていました。他にもクレジットカードを所有しているのでそこまで緊急でなくてもよかったのですが、JCBの素早い対応には驚かされ、和製クレジットカードブランドを応援したくなりました。