鉄道旅行がしたい病を患いました

f:id:tmja:20170622083726j:plain

最近、鉄道旅行がしたい病を患っています。飛行機/船+現地でレンタカー、もしくは自宅からクルマでの家族旅行は毎月の様にしているので、子供達でも先が読める展開ばかりとなっておりマンネリ化中。軽登山やテント泊も今春から開始しましたが、なにぶん幼稚園児連れで、仕事柄長期休暇が取れないので思い切った事はできないでいます。

妻が長年希望しているアンナプルナ内院トレッキングやユーコン川カヌー下りを実現したいと思うのですが子供達と一緒にするには、彼らが大きくなるまで10年以上は待つ必要があり、まだまだ先の話し・・。この2つは20代に挑戦する機会はあったのですが、(難易度が低いので)老後の愉しみにしようと冗談で言ったのが本当の事になりそうな気配です。

f:id:tmja:20170622083744j:plain

出先で書店に行っても目に付くのはこういったコーナー。写真に写っている旅の手帳・青春18切符&おトク切符情報を先日買ってしまい、仕事用カバンに入れて熟読しています。

青春18切符は20歳頃に何度か使った事があり、京都へ行くのに「ムーンライトながら」という東京ー大垣間の夜行列車(寝台車ではない)でろくに寝れずも格安移動のためにと我慢して乗ったことも2度ありました。

現在ならLCCや夜行バスが、市場競争の激しさもあり手頃な価格&適度な快適さを選べますが、当時はそのような手段が余り他になかったのです。自分には、スーパカブで半日駆けて10ℓのガソリン代(1300円程)が東京ー京都間の最安移動方法でした。

f:id:tmja:20170622102442j:plain

普通列車で移動していく青春18切符旅行は、我が家では挑戦した事がない旅行方法なので興味津々です。連れて行かれる子供達にはおそらく退屈な時間が長いと思うので、移動するだけが目的の旅行は控えるとして親も子も楽しめる場所がないかと勉強中。

行先は家族旅行でこれまで行く機会がなかった東北/新潟あたり。東京から鈍行で白河の関を超えるのは避け、新幹線もしくは飛行機で何処に出てからの利用開始が良さそうだと考えています。

これを書いていて、自分は家族と一緒に地方を鉄道旅行がしたいだけなようだと気が付きました。青春18切符は格安に旅行ができるという言い訳で、妻の合意と自分の中での正当化をしようとするのに利用しようとしただけだから、特に拘る必要もないのかもしれません。

熊本でSL人吉/かわせみ・やませみに先日乗車して、特色のある観光列車が日本各地で走っているのを最近になって認識しました。この経験がとても楽しかったので、家族と共有したいのが本当の理由だと辿り着きました。SLばんえつ物語やリゾートしらかみ等の観光列車を旅程のどこかに組み入れたいと考えたりと、鉄道旅行の楽しさがこの齢になって、やっと解ってきた気がしています。

www.waypoints.blue