ポケモンGO 聖地・天保山に宿泊

f:id:tmja:20161220190632j:plain

ポケモンGOのレアポケモンが大量発生すると聞く2大聖地、東のお台場と西の天保山。2016年12月12日の深夜に金銀100匹が追加になるとの噂に踊らされて、大阪出張時に天保山のホテルに宿泊してみました。

新モンスター追加後すぐに天保山で大量狩りをしたポケモンを子供達に見せれば、お菓子等のお土産より驚きがあるかなという実にアホな理由からです。

f:id:tmja:20161220190625j:plain

天保山公園・海遊館の夜間ポケモン狩り

夕食をミナミで取ってからタクシーで現地入り。お台場、天保山に人が押し掛けたのはもう数ヶ月前で既にポケモンGOのピークは過ぎていましたが、平日の夜10時前でもサクラ吹雪きがまだ舞っていました。

f:id:tmja:20161220190630j:plain

天保山公園から見上げる大観覧車。スマホの画面を光らせながら歩くポケモントレーナーが10名以上公園を徘徊しており(自分もその一人)、寒いからか公園そばにクルマを停めて車内からポケモン狩りをしているクルマが5台停まっていまいた。ケータイの電波が掴めなくなるほどの人が本当に押しかけていたのでしょうかという寂れ具合?

天保山公園付近ではポケモンの種類は多く見られましたが、天保山、天保山と騒ぐほどかなと疑問に感じました。渋谷・宮益坂や錦糸町南口等を何度か経験しているので感覚が鈍っているのかもしれませんが、わざわざ遠出してまで行く価値があるかと問われれば、あまりお勧めできるとは思えません。

f:id:tmja:20161220190635j:plain

f:id:tmja:20161220190606j:plain

小雨が降ってきたので、ハーバービレッジや海遊館でのイルミネーションを早足で眺めながら、この日の宿泊地へ向かいます。海遊館あたりまではポケモンGOをしている人達もチラホラ見えていましたが、そこを過ぎると急に人寂し空間がホテルまで続いていました。

f:id:tmja:20161220190607j:plain

ポケモン狩りをする為に天保山で宿泊

ホテルシーガルてんぽーさん大阪の入り口です。天保山公園から500mもない近さにありました。USJが対岸にあるからか、宿泊代が大阪市内では経済的だからか海外からの旅行者が多数宿泊しているように見えました。

f:id:tmja:20161220190608j:plain

一番安い価格をじゃらんで当日予約したつもりでしたが、なんなか展望の良いツインルームになりました。対岸には国内4位の高さ(256m)を誇るワールドトレードセンタービルが見えました。

ホテル自体は開業から既に20年を経ており全体的にくたびれた感じがしましたのと、隣りの部屋からの中国語が煩かったものの寝るだけなので問題なしです。

夜中までポケモンGOの金銀追加待っていましたが、実際に追加されたのはサンタ帽をかぶったピカチュウ、トゲピー、ピチュー等・・。わざわざ天保山で日の出前からGoとスタンバイしたのが馬鹿らしくなり寝ました。

f:id:tmja:20161220190615j:plain

再度、天保山公園でポケモン狩り

翌朝、気を取り直してホテルから海岸添いに歩いてポケモンGOしに天保山公園へ向かいます。大きな斜張橋の向こうにユニバーサルスタジオとホテル群が見えます。

f:id:tmja:20161220190616j:plain

公園入口に到着。寒空の下にどれだけ酔狂なポケモン・トレーナーがいるかと思えば3、4人しかいないようで残念な状態でした。

f:id:tmja:20161220190617j:plain

日本一低い山として有名な天保山が公園内。最初は何処にあるか判らず、公園を1周してやっと見つけられました。低すぎて探すのにも難儀な山ですが、どうやって登頂すればいいかの方が難問かもしれません。

f:id:tmja:20161222152140p:plain

浪花百景の天保山。築山であっても、これだけの高さであれば”山”だと認められるのでしょうが現在の姿では・・。

この浮世絵の手前にある木製のものは、水深の浅い水路の位置を知らせるもので「澪標(みおつくし)」と呼ばれるそうです。水運の発展で栄えた商都・大阪の市章はこの澪標をデザインしたものと、この日に観光船のガイドをしていただいた落語家さんが教えてくれました。

f:id:tmja:20161220190626j:plain

今回の天保山でのポケモンGOで、唯一気持ちが弾んだのがサンタ帽を被ったピカチュウ。今回の子供達へのお土産となったのはコイツだけです。

f:id:tmja:20161220190620j:plain

旧淀川の河口を跨ぐ湾岸線・天保山ICです。手前には海上保安庁の船が数隻停泊中。

f:id:tmja:20161220190622j:plain

その海上保安庁の若い職員が楽しそうに自転車で通勤してきました。この後3人が続いて来るのですが、若々しく格好良く見えました。

f:id:tmja:20161220190623j:plain

天保山からユニバーサルスタジオ側に渡ります。天保山公園の端っこには大阪市が現在も運営している8か所の渡しのうちの1つがあり、公園の端っこに建っている民家のようなところが渡し船の乗り場で無料だそうです。ユニバーサルスタジオに勤務している人が通勤で乗るのが大多数だとか・・。