いざ忍者体験、手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷で遊んできた

f:id:tmja:20170428224702j:plain

ここ数年特に増えている武士忍者体験。都内でも数あるうちのひとつ、新宿歌舞伎町の外れにある「新宿忍者からくり屋敷」に子供2人と出かけてきました。

歌舞伎町は歓楽街で、子供を連れてくるにはどうかという雰囲気があるのですが、日中であれば寝ぼけた街ぐらいなのでまぁいいかと。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170428224700j:plain

もう修行が始まっているのかという感じで、雑居ビルの急な階段を4階まで駆け上がると現れる朱色の入り口。

実は、2週間程前に訪れたのですが、予約なしで参加できる空きがないと言われ悔しい思いをしていました。ですので、今回はしっかり予約をしてからやって来ています。

f:id:tmja:20170428224710j:plain

先に来られていた家族連れ4人と、我が家3人の合計7人のグループで参加となりました。

忍者とは何かのビデオ説明を見た後に通されたのが、この畳敷きの間。うちの長男が「知ってるよ、こういうところに隠しているんでしょ」と、辺りのモノを探し始めるのでナニかと思っていたら、1年程前に訪れた山梨県・忍野村での忍者屋敷体験をまだ覚えていたみたいでした。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170428224705j:plain

一番最初に模擬刀をベルトで腰に巻き付けます。娘から「なんだ、ニセモノか~」の第一声。少し前に刃のあるカタナで居合切りをしたことがあり、巻藁を切ったのが印象に強く残っているようです。

衣装を変えないまでも、子供達はこういう小道具があると楽しさ倍増するので重要、重要。

f:id:tmja:20170428224707j:plain

長男の言葉で言うところの「見るだけ、聞くだけ、つまらない」の解説もあります。自分は床の間に忍者さんが立たれているのと、掛け軸が気になってしょうがなかった場面だと写真を見て思い出しました。

掛け軸には本来あるべき「者」という字が2箇所抜けているのですが、尋ねられる雰囲気でなかった・・、「知足者常楽 能忍者自安」ではないのですか?

f:id:tmja:20170428224712j:plain

からくり忍者屋敷の定番、どんでん返し体験。

f:id:tmja:20170428224714j:plain

扉を閉じれば、娘の姿が見えなくなってしまいます。怖がるのを見越してか、少し隠し扉を開けて明かりを入れてくれています。

f:id:tmja:20170428224716j:plain

風林火山の掛け軸の前に立つ像に抜刀!

f:id:tmja:20170428224717j:plain

奥の部屋で居合の体験。師匠のお手本を見た後に、参加者の番です。この「斬る」体験を長男は喜び勇んで乱れ打ち、うちの娘は痛そうだからとやりたくないと固辞していました。

f:id:tmja:20170428224719j:plain

その次は手裏剣投げです。使用するはゴム手裏剣でなく、卍型の金属製でした。

f:id:tmja:20170428224659j:plain

左が長男が投げ終わった後。自分も投げましたが、なかなか難しい・・。狭い空間で金属製の手裏剣が飛ぶので、近くで見ていると子供が投げても迫力が感じられました。大人が投げる度に、ドカッと重量感のある音がして少し身構える程でした。

f:id:tmja:20170428224703j:plain

 1時間程の滞在でしたが、なかなか面白い体験ができました。予約さえ入ればパッと訪れて、パッと遊べるので外国からのゲストを招待したりするのに使えそうです。

ネオン煌めく繁華街から、一歩入ると忍者屋敷があるという設定もギャップが感じられて面白いところ。子供達はもっと手裏剣投げをしたかったのか、短すぎると言っていましたので、楽しめたのだと思います。

店名:手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷
住所:東京都新宿区歌舞伎町 2-28-13 第一和幸ビル 4F
時間:10:00~21:00(最終入場20:30)
駐車場:なし
料金:1,000円/人
休日:不定休

手裏剣道場周辺に多数のコインパーキングがあり。一度目の訪問時には職安通り(東新宿駅そば)の駐車場にクルマをいれてしまい、10分ほど歩くことになってしまいました。手裏剣道場周辺にもコインパーキングがあると分かったので、二回目は目と鼻の先にある場所に停めまられ楽々でした。