第68回(2017年)さっぽろ雪まつりに行ってきた その弐

f:id:tmja:20170210134731j:plain

勢いで雪まつりに来ています。後ろに見える札幌テレビ塔展望台から大通り公園を眼下に眺め、2丁目会場「道新 氷の広場」にやってきました。テレビ塔の前の氷像は小学生より募集した「夢の家」だそうで、鯨型で海中を移動できるホエール・ホームとの解説。

その氷像の前にいる黒装束の3人は、1時間遅刻して会場に到着した忍者隊。名古屋から来ると事前アナウンスがあったので「名古屋おもてなし武将隊」とばかり思っていたら、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」と言う別グループのようで、忍者の解説をしていました。なんでも、手裏剣は遠方に飛ばすのではなく、上の写真の様に襲われそうになった時に相手を驚かせる目的で投げるものだったとか・・。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170210134755j:plain

大通会場3丁目「HTB PARK AIR」には高さ24m、全長60m、最大傾斜39度の巨大ジャンプ台があり、この日はスノーボードの競技開催予定で準備中でした。

f:id:tmja:20170210134733j:plain

競技開催中はたくさんの観戦客で埋め尽くされ、大音響の中で会場脇から空中でクルクル回る選手達が飛んでいるのが見られました。昼間に訪れた会場で一番の人出があった場所でした。

f:id:tmja:20170210134756j:plain

その隣りの大通会場4丁目「STV広場」でやっとお目当ての大雪像が現れてくれました。「決戦、雪のファイナルファンタジー」は最新音響システムでゲーム世界の臨場感を味わえる会場らしく、夜にはプロジェクトマッピングとゲームミュージックのショーが凄そうです。

f:id:tmja:20170210134644j:plain

会場は定期的に滑り止めの砂(砂利ではない)を巻いているシーンに出会いました。大通り公園の横断歩道脇にも砂箱があったので、一緒に雪まつりに来た海外ゲストにも撒いて貰いました。砂を撒いているだけなのに、雪の上だというだけで面白がっていました。

f:id:tmja:20170210134640j:plain

大通会場5丁目東「環境広場」のトット商店街。解説の方の話しによると、黒柳徹子さんが巨大テレビを持って商店街に来た設定になっており、夜にはこのモニター部分に影絵の劇が上映されるそうです。勿論、ナレーションの声は黒柳さんが担当されているとか。

f:id:tmja:20170210134758j:plain

東西1.5kmに渡る会場は、大通り公園北側(札幌駅側)は東から西へ向かう一方通行、公園南側が西から東へ向かう一方通行となっていました。なので上の写真の様に皆、同じ方向へ歩いています。

此処に掲載している写真は西行き/東行きの時に係わらず、会場ごとに纏めているので、イベントが開催されていた時間帯と合わない部分がありますがお許しを。

f:id:tmja:20170210164421j:plain

大通会場5丁目西「台湾ー台北賓館」。もと台湾総督の官邸として建て、現在は台湾の迎賓館の役割を担っている歴史ある建物です。台北賓館は月に1度のペースで一般公開されているので、機会があれば訪れてみたいものです。2月と4月の訪台予定の日程と付き合わせましたが該当せず残念。

f:id:tmja:20170210134642j:plain

青天白日満地紅旗と日の丸が並んで掲げられていました。毎日新聞が某国からクレームを受けないと良いのですが・・。

f:id:tmja:20170210134645j:plain

7丁目東にある中雪像。数年前に中国大陸で流行したゲームです。公式でも呟いているので本物のようです。それにしても台湾側との扱いの差が大きく、自分が台湾人であれば泣けます。今回の雪まつりで此の2作品は一番興味を引かれた展示でした。

消消乐萌萌团今年受邀参展了著名的札幌冰雪节!
2月10日至2月11日,我萌携手斗鱼主播赛文柒Seven与日本超模武田华恋,以及知名声优KK刘婧荦!亲临札幌现场与大家一起体验:最暖萌欢乐的冰雪之旅!

f:id:tmja:20170210134646j:plain

7丁目「HBC フランス広場」。大雪像のパリ凱旋門と、手前のサラブレッドは北海道の馬が世界頂点のレース・凱旋門賞を制するようにとの願いを込めた雪像(協賛JRA)です。

f:id:tmja:20170210134713j:plain

リサとガスパールが札幌にやって来てくれました。富士急ハイランドからの出張でしょうか? うちの娘が見たら狂喜乱舞しそうです。

f:id:tmja:20170210134648j:plain

この凱旋門の舞台の部分を触ってみたのですが、雪というよりは氷に近いぐらい圧縮された雪で固く、叩こうが、蹴ろうが容易には壊れなさそうでした。

f:id:tmja:20170210134650j:plain

8丁目「雪のHTB広場」には陸上自衛隊制作の興福寺・中金堂が聳え立っています。3,000トンの雪を利用しているとか。屋根の下の部分・木鼻等は一体どのように作られたのか想像もつきません。これまでの大雪像、大氷像と同じくライトアップやプロジェクトマッピングのある夜に演出と併せて観てみたいものです。

 雪まつり会場には出店も多く、焼肉、焼きタラバ、蒸かし芋と北海道のお祭り付き物の匂いが食欲をそそられますが、取り敢えずは一通り見ようと更に西へ進みます。

 

(その参につづく)