一休ダイヤモンド会員になっていたので、京王プラザホテル札幌に泊まってみた

f:id:tmja:20170720152302j:plain

「一休」という現在はヤフー傘下に入っている予約サイトで、一番上の位置にあたるダイヤモンド会員にいつの間かなっていました。今回の家族旅行で拠点とした札幌にも、ダイヤモンド会員としての部屋のアップグレードを含む特典を教授できそうなホテルがあったので、これまで1度も宿泊した事のない京王プラザホテル札幌に2泊してみることに。

f:id:tmja:20170720152018j:plain

「予約しているXXXと申します。チェックインをお願いします」とフロントに言うために、1人で先に向かう7歳の子供。物怖じしないと言うべきか、場慣れし過ぎ言うべきか・・。

f:id:tmja:20170721070714j:plain

一休ダイヤモンド会員の特典内容。部屋のアップグレード、レイトチェックアウト、ミキモトのアメニティ、プールに駐車場無料と盛り沢山。

f:id:tmja:20170720151833j:plain

スイートルーム等が21階にあり、その直下の20階の部屋になりました。エレベーターを降りるとプレミアフロアとか書かれています。

f:id:tmja:20170720151858j:plain

予約したのはスタンダードツインでしたが、スーペリアツイン→コンフォートツイン→プレミアツインへ→プレミアラージツインと4段階?のアップグレードを頂いたようでした。部屋改装されてまだ日が浅いのか真新しい雰囲気が残っていました。

f:id:tmja:20170720151902j:plain

窓際に簡易ソファーがあり、大きな窓から札幌の景色が一望に。20階なので実に見通しが良い。

f:id:tmja:20170720151851j:plain

手前の緑は北海道大学植物園、山の中腹に大倉山ジャンプ台、その手前には翌日に登頂を目指している222mの円山と見応えのある西側の眺め。

f:id:tmja:20170720151847j:plain

反対の東側(札幌駅)はこんな感じです。Pマークの隣りが観光名所にもなっている六花亭札幌本店ビル。

f:id:tmja:20170720151855j:plain

今回の北海道家族旅行のハイライト(妻の希望)のひとつとして、六花亭ビル9階にあるお寿司屋にチビ共を連れてお邪魔しました。お店の方と事前相談をして開店直後の5時に入店することに。子供達にとっては初めてのミシュラン3つ星店です。店内写真厳禁との事でしたが、他にお客さんがいなかったので、家族での記念撮影のみ撮って貰えました。

f:id:tmja:20170720151818j:plain

話しをホテルに戻してアメニティとして頂いたミキモトのセットです。一休の特典説明には1室1滞在1セットと書かてていましたが、2泊なのでか2セット頂けたようです。

f:id:tmja:20170720151811j:plain

33平米と家族4人で宿泊するには狭い感じの部屋ですが、洗面台、トイレ、浴室が別れて配置されており良かったです。

f:id:tmja:20170720151804j:plain

浴室には洗い場がありで、小さな子供連れに助かります。

f:id:tmja:20170720151837j:plain

地下には25m x 4本の大きなプール。このプールではボール投げが許可されており、遊び好きな息子とのキャッチボールに連日延々と付き合わされる事になりました・・。「4泊5日の北海道旅行で一番面白かったのは?」と訊くと、このプールが良かったと答える程気に入ったようでした。

f:id:tmja:20170720151815j:plain

遊びの合間に2人ともゲーム三昧。京王プラザと言うと新宿西口に昔からある高層ビルホテルで古いホテルとの印象が自分には強く、正直あまり期待していませんでした。今回宿泊させて頂いた札幌店は良い意味で期待を裏切られた感じで、一休ダイヤモンド・パワーの効果によるルームアップグレードが大きかったと思いますが良い滞在ができました。

JR札幌駅に徒歩圏内、500室を超える大型ホテルなので朝食ビュッフェも品数多数。札幌はホテルも多く宿泊場所に迷ってしまうのですが、京王プラザホテル札幌は良い選択肢のひとつとなりそうです。

f:id:tmja:20170720151841j:plain

窓際に吊るされている不思議な照明を下から撮影してみました。電球を樹脂製の繭のようなもので何重にもしているようで、娘が不思議がっておっかなびっくりで指先でツンツンと触っていました。 

www.waypoints.blue

www.waypoints.blue