マイレージプラス・セゾンプラチナカードを気まぐれで発行してみました

f:id:tmja:20171002105701j:plain

マイレージプラス・セゾンプラチナカードの発行をしてみました。初年度無料(38,880円)とユナイテッド航空15,000マイルボーナス付与に惹かれたのと、評判の良いVPCC(ビザ・プラチナ・コンシェルジュ・センター)を1度利用してみたいという気持ちもあって申し込み決定。カードが到着したのは、カード申し込みボタンを押してから6日後でした。

f:id:tmja:20171006153216j:plain

ユナイテッド航空の5,000マイルでANA便の特典航空券(片道800マイル以内)を発券できます。それだけでもお得な気もしますが、システム的なエラー?で上のスクリーンショットのようなルートを組めたりします。八丈島から新潟に行くために那覇を経由するルートが実際に予約できると表示されています。

f:id:tmja:20171006210732p:plain

発券業務を人間が判断していれば、「お客様、この2空港間に直行便はないので発券できません」と言われるところですが、膨大な特典航空券の発券業務をシステムで捌いているので、沖縄経由だろうが、北海道経由だろうが、ルールに合致してさえいればシステムが飛行ルートを提示してしまう模様。 

規則が中身より優先してしまっている典型的な駄目な例。これに乗っかろうと考える自分は更に駄目な人間の例でもあります...。

f:id:tmja:20170924230947p:plain

カード申し込みボタンを押したのは金曜日深夜でした。翌日、子供のクラブ活動送迎後に地元スーパーで買い物をしていると、上の画面の見知らぬ番号から着信。緊張しながら出ると切れてしまいました。これはワンコール詐欺に違いないと感じて、その場で電話番号をネット検索するとセゾンカードだと判明。直ぐに折り返し電話をして本人申込確認を口頭でして頂きました。

「初年度年会費無料との条件で申し込んだのですが、適応になっていますか?」と念の為に聞いてみたところ、30秒も待たずに確認してくれ「初年度の年会費無料となっていました」と直ぐに回答を得て一安心。

f:id:tmja:20171002105647j:plain

ボーナスマイル条件確認

このクレジットカードでのボーナスマイルは合計15,000マイル、

  • 入会でもれなく10,000マイル
  • ショッピングマイルボーナス最大5,000マイル(11月末までの利用分=マイル2倍付け) 

およそ2ヶ月で34万円程利用すれば、ボーナス5,000マイルを含む10,000マイルを貰える様です。マイル付与判定になる買物とそうでないものがあるでしょうから、40万円ぐらいしておいた方が無難なのかもしれません。

f:id:tmja:20170615180237j:plain

貯まったマイル(5,000マイルx4人)の使い道は、来年の夏休みにでも八丈島発ー羽田経由―沖縄経由(1泊)ー本土のルートを考えています。妻から「どうして、わざわざ那覇に1泊だけする必要があるの?」とのツッコミが聞こえて来そうです。「黙って付いて来い」と押し切るか、正直に「アホなルートが特典航空券で組めるので試してみたい」と言うべきか…。

八丈島の海に4泊5日で行くから準備しておいてとだけ伝え、八丈島から羽田に戻って荷物をターンテーブルで受け取った時点で、「これから那覇へ行きます!チケットも此処にあります!」と宣言するのが良さそうです。周辺の人達が振り返るぐらいの素っ頓狂な妻の声が聞こえるか、状況が呑み込めないで固まってしまうのか…、その反応を見るのが現在から楽しみ、楽しみ。ここまでを考えて、セゾンのオンライン申し込みのボタンを押したのでした。