帯広一のお湯の良さ 「天然温泉アサヒ湯」 100%かけ流しモール温泉

f:id:tmja:20170427101748j:plain

 帯広に来たからにはモール温泉は外せないと意気込み、外気温マイナス8度のなかを意を決してホテルから出かけることにしました。行先は日本中の温泉ファンが褒めちぎる帯広市街地にあるモール温泉「天然温泉アサヒ湯」さんです。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170427105939j:plain

地図中央がJR帯広駅で、アサヒ湯さんはそこから徒歩10分程のところ(赤星付近)にあります。帯広市は札幌や旭川同様に碁盤の目状に区画が広がっており、長く地図を見ていると目がチカチカしてきそううです。

f:id:tmja:20170427101756j:plain

車道も歩道も凍結中。気を抜いて歩くとつるっと転倒してしまいそうでした。住宅街を進んでいくと、時折走ってくる車があり、道路端に急いで避ける時が特に危なかったです。

f:id:tmja:20170427101742j:plain

寒い、寒いと凍えながら、アサヒ湯さんの玄関までやっと到着です。昔ながらのこじんまりとした銭湯といった感じ。営業時間は午後1時~11時、朝湯営業は午前6時~10時までで、定休日は元旦のみ! 

帯広はあまり温泉地としては有名ではありませんが、温泉銭湯が市内に沢山あり皆夜遅くまで営業しています。入浴料は大人440円。

f:id:tmja:20170427101759j:plain

訪れた時に先客は誰もおらず、運の良いことに独り占め状態。改装したのか脱衣場は新しい雰囲気でした。

f:id:tmja:20170427101758j:plain

湯船は大人2人が足を延ばして入れば一杯なぐらいの大きさで、黒褐色を帯びたかけ流しのお湯が浴槽から常にオーバーフロー状態。お湯はアルカリでヌルヌル。しかも、湯に浸した自分の手を見てみると細かい泡がまとわりついていて炭酸泉のよう。カランからもシャワーからも出るのはかけ流しの湯と贅沢極まりなし。

銭湯から出る時には代金を払っている側の自分が、おもわず感謝の言葉を口にしてしまう程に良い湯でした。

f:id:tmja:20170427101745j:plain

帰り道も雪の上をガシャガシャ音を立てて帰ります。温泉で体を温めてきたので気分良くホテルまで戻れました。次は秋口にでも家族4人でお邪魔したいと考えています。