ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー。部屋のアップグレードを断ったら、困った顔をされました

f:id:tmja:20170623105633j:plain

那覇空港に到着してから、タクシー1,300円程でANAホテルに着きました。那覇には公私共に数多く訪れていますが、このホテルに宿泊するのは記憶の限り初めてのはずです。

f:id:tmja:20170623105547j:plain

今回、このホテルに宿泊しようと思った理由は3点。

  1. IHGホテルグループのボーナスキャンペーン
  2. 10階スターライトにボトルキープがある
  3. 家族所有の部屋に帰ると、掃除に追われる

f:id:tmja:20170623105536j:plain

玄関口、ロビーと沢山スタッフが配されており、対応も丁寧。さすが、那覇の老舗ホテルと思わされます。予約はスタンダード・ツインルームでしたが、プレミアム・ツインルームにアップグレードとフロントで告げられました。

若干思うところがあり、試しにと予約した部屋でお願いしたいと言ってみたら、フロントの女性が困った顔をされたので引っ込めました。好意を無下にしたようで自分も気まずい思いに。

f:id:tmja:20170623105600j:plain

部屋に入って見ました。1人宿泊の時はアップグレードは不要、予約した部屋で充分と最近は思うようになっています。どちらかと言うと、友人や家族で旅行している人達がアップグレードを受けた方が喜ぶのではと考えていますが、世の中うまくいかないモノのようです。

f:id:tmja:20170623105604j:plain

全日空ホテルらしい部屋の造りです。このホテル10階にある「スターライト」というバーも空港にあるANAラウンジのような雰囲気で気に入っています。夜に訪れボトルを1本キープしていたはずだったのが行方不明になるアクシデントがありました(自分の記憶違いかも...)。

f:id:tmja:20170623105624j:plain

 ウェルカムスイーツも頂きました。「くがに、くがに」と平仮名で書かれていると、オキナワっぽいのですが「黄金、黄金」と漢字にすると急に食べる意欲がなくなります。

f:id:tmja:20170623105528j:plain

浴室はバスタブ付きで綺麗です。いつも疑問に思うのですが、ホテルの浴室電話があるのは何故なのかと考えています。浴室でのドアの誤作動での閉じ込め対策と最初は考えましたが、どうやらAAA(全米自動車協会)のホテルランク付けの基準が発祥ではないかとまで辿るも、ハッキリとした解答を見出せていません。

f:id:tmja:20170623105611j:plain

窓からの明治橋方面の眺めです。このホテルが建つ前には、ホテルの名前の由来となったアメリカ人会員制倶楽部ハーバービューが建っていて、名前通りに此処から入江が見えたのでしょう。

那覇は久茂川で旧市街地と戦後に急拡大した新市街地に別れていて、このホテルは久茂地川の東岸(新市街地側)にありますが、ホテル周辺は少し小高い場所にあり戦後一般の日本人の入れない地域だったようです。

f:id:tmja:20170623105615j:plain

西側を眺めるとホテルのプールが見えます。

f:id:tmja:20170623105543j:plain

水小雨が降っているので誰も利用者はいませんでした。 深さが1mと50cmのこじんまりしたプールでした。小さな子連れには良さそうです。

f:id:tmja:20170623105539j:plain

全日空系ホテルだけあり、航空関係者の宿泊も多いためか6時少し前から入店できました。那覇に来ると1度は食べる沖縄そばを今回は朝食会場で食べられました。

f:id:tmja:20170623105621p:plain

今回はANAスーパーフライヤーズ会員プランで宿泊しているので、朝食が料金込まれています。これまで1度もSFCカードの提示をチェックイン時に求められた事がないので不思議なところです。

f:id:tmja:20170623105556j:plain

チェックアウト後にホテル壁面を見ると、沖縄魔除シーサーが貼り付けられていました。ホテルの赤壁同系統なので見逃していたのか、これまで気が付きませんでした。

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューには初めての宿泊となり、スタッフ対応の良さが気に入りました。空港からも近く、県庁や那覇市役所徒歩圏内とアクセスも良好。年内に戻ってきそうな気がしています。