レゴランドジャパン(名古屋) プレオープン日 - 妻と自分の一押しミニランド

f:id:tmja:20170322155443j:plain

ひとつ前の記事では、我が家の子供達に「一番楽しかったのは?」と聞いて回答を得たアトラクションの様子を。今回は、親として一緒にレゴランドを廻ってみて一番印象に残った日本の街並みをレゴで再現したミニ・ランドを見て行きたいと思います。 

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170322155357j:plain

レゴランドジャパンの公式説明から街の名前が抜け落ちてしまっているのですが、札幌の大通公園が舞台の「さっぽろ雪まつり」です。さっぽろテレビ塔から、雪まつり会場、赤れんが庁舎、その向こうに大倉山ジャンプ競技場がレゴで再現されていました。 

レゴランドジャパン解説 

東京,大阪,京都,そして名古屋。たった1日ですべてが見られるのは世界中でもここだけ。驚くような景色やまちなみを10,496,352個のレゴ®ブロックで再現しているよ!

f:id:tmja:20170210134744j:plain

「さっぽろ雪まつり」は今年訪れていたので、テレビ塔からの眺めをレゴVS本物比較にと置いてみます。どうでしょう?

f:id:tmja:20170322155402j:plain

こちらも有名な大阪の通天閣エリアです。タワーの足元に巨大なアヒルがいるのですが、あれは結構前に天満橋のそばに浮かんでいたやつでしょうか?

f:id:tmja:20161208150534j:plain

こちらが実物の新世界。見比べるとナカナカの再現度に見えます。注文を付けさせて貰えれば、左右に走っている道路の道幅が結構広くなっているところからクルマを取り払って、沢山のレゴで作った観光客で埋めて賑やかさを出して欲しいと思いました。

f:id:tmja:20170322155416j:plain

東京の湾岸地区に掛かるレインボーブリッジと謎のモビルスーツ、それと東京タワー。

f:id:tmja:20170323160732j:plain

近い写真はこれぐらいしかありませんでした。まだブログにアップできていないのですが、子供と一緒に今年歩いてレインボーブリッジを渡った時の写真です。

f:id:tmja:20170322155414j:plain

日本で一番高い建造物、634mを誇る東京スカイツリーです。レゴ製。

f:id:tmja:20161104144104j:plain

似たアングルの写真を探してみました。

アトラクション群は、子供達のように何度も同じものに乗りたいと思うまでは楽しめず、大人としては1度乗れれば充分と感じてしまうのですが、レゴで再現した町並みは2度見どころか何度も見入ってしまいました。

レゴブロックで精密に再現するのは根気のいる作業に思え、その大変さが分かるような気がしました。組み立てている途中で、これは必要、不要と足したり、引いたり楽しそうでもありますが、レゴランドで見た大型模型は、どれも苦行に近そうな労力で準備された作品ばかりに見えました。

f:id:tmja:20170322155503j:plain

ミニパークに限らず、園内には至る所に大小のレゴブロックで出来た作品が飾られており、触っても、食べられても良いみたいでした。

f:id:tmja:20170322155501j:plain

近くに寄ってみて見ると、レゴブロックで組み立てられているのが分かります。勘であたりを付けるのか、設計用ソフトがあるのかもしれませんが、いずれにせよ組み立ては人力でしょうから、よくもまぁと呆れるぐらいの完成度だと思います。

f:id:tmja:20170322155430j:plain

ブリックトピアにあった3mはありそうな大きなレゴで出来た像。

f:id:tmja:20170322155431j:plain

こちらも近づいてみると、目がチカチカするようなレゴの集合体と分かります。

ほとんどが屋外にあるので、雨風で汚れると思うのですが、開園前に毎日大掃除をすべての像に出来るのかと疑問に感じました。子供達が触れられるのモノなので汚いまま放置はできないでしょうし、形状が凸凹しているので清掃作業が大変そうに思えます。

f:id:tmja:20170322155331j:plain

LEGOシティ入口のライオンの模型もレゴブロック。園内の大型レゴ模型のいくつかは触ると音が出る仕組みとなっており、この凛々しい立ち姿の獅子は、姿に似合わず猫なで声で鳴いていました。

初めて来たレゴランドですが、当初はディズニーランドやユニバーサルスタジオの縮小版と捉えていましたが、どうやら方向性が違う遊園地だと理解できました。

レゴランドなので、やはりメインはレゴ。園内の至るところに設置されているレゴの作品が本当の主役。レゴで遊んでいる人からすると、何をいまさらという感じかも知れませんが、各種メディア(公式ページ含む)で強調されているのは乗り物系アトラクションが多いので勘違いをしていまったようです。このあたりは、事前学習不足でした・・。

f:id:tmja:20170322155334j:plain

キングダムエリアのナイトテーブルレストランで昼食を頂きましたが、ここがレゴランドのメインダイニングであろうと列に並んだところ・・、中世のお城風のなかにある、ただの食堂でした。まだプレオープンだったからかもしれませんが、園内の飲食店が少し残念。

上の写真はLEGOシティエリアのザ・ワーフ。子供達が思い思いに遊べる大型遊具。子供達が「喉が渇いた」と楽し気に戻ってきて、ぐるっと見渡しても飲み物販売されているところが見当たらず、結局持参していた水筒で1日持たせてしまいました。子供の遊び場の側には、移動式売店が出ているとも良いなと思いました。

f:id:tmja:20170322155446j:plain

妻曰く、ディズニーランドだと自分自身も楽しみたいと思って、子供優先と自分の希望の間で葛藤が起こるものの、レゴランドは子供向けとハッキリしているにで葛藤で悶々とすることがないのが良かったと言っていました。

1日パスポートが大人6,900円、子供5,300円と知り、「高い!!」と入園前に大声を出していた妻に、レゴランドから三重県・名張へ向かうクルマの中で再度たずねてみたところ、「自分の財布から出すのであれば非常に高い」と主張は変わらずでした。

何処にいっても大体の目安として1時間1,000円/人で遊べればと自分は考えているので、レゴランドの価格は半日滞在したのでちょうどぐらいの価格設定と考えましたが、この辺りはアクセル役とブレーキ役の違いでしょう。

思ったところにを感想としてつらつらと書いてみましたが、7歳と4歳の子供が2人とも殆どのアトラクションに乗れ、アトラクション待ち時間中はそばにある大型遊具で遊べると子供達にはいたせり尽せりな場所だと感じました。夫婦共に出好きなので遊園地もいろいろ連れ歩いていますが、ここまで無駄なく遊べたと感じた遊園地は多分初めてだと思います。

大型のレゴ模型も定期的に新しくなるのでしょうから、時間をおいてまた来たいものです。より特別な体験ができるオプション等が選べるようになってくれると、更に再訪したくなりそうです。