ANAクラウンプラザホテル京都、お手頃価格で立地最高の京都のホテル

f:id:tmja:20170623100849j:plain

京都の街を一日中動き回って、夜10時を過ぎて地下鉄東西線・二条城前駅で下車。プール&大浴場は夜11時までと呟きながら、予約した全日空ホテルへと向かう地下通路をふらふらな足取りで向かっていました。

f:id:tmja:20170623100854j:plain

昼前は二条城観光で賑わう東堀川通り界隈も、夜には人ひとり歩いていないぐらいに静かです。

f:id:tmja:20170623100900j:plain

この日お邪魔したのはANAクラウンプラザ京都。二条城の大手門前の元三井家の邸宅跡に建つ立派なホテルです。

f:id:tmja:20170623100841j:plain

5月にも宿泊したので、今年2度目の滞在となります。此処のロビーには南蛮文化館所蔵の洛中洛外図の壁画が飾られ、着物姿の女性スタッフが対応頂けると和風が感じられるのが好ましく思えるところ。

f:id:tmja:20170623100823j:plain

エレベーターを降りた場所です。此処にはセンサー式のアロマディフューザーがあり、人が前を通ると稼働すると香りが漂うようになっていました。それと、レストランの宣伝パネルが沢山。和洋中とレストランも一通り揃っており力が入っています。定期的に催されている「トップシェフ達の饗宴」は日程が合うのであればお勧めです。

f:id:tmja:20170623100906j:plain

予約は公式ページから朝食が込まれたANA・SFC会員料金でシングルルームの予約でしたが、ツインルームにアップグレードを頂きました。

f:id:tmja:20170623100759j:plain

120cm幅のベッドが2台並ぶ部屋です。クラウンプラザ京都に滞在する時には二条城側か、そうでないかが一番気になるところ。ですが、今回はチェックイン10時過ぎ、チェックアウト朝7時と急いでいたためか、カーテンを1度も開けずに出ていってしまい、伊丹空港へのバスのなかで、「そう言えば、部屋の向きは」と思い出したのでした…。

f:id:tmja:20170623100815j:plain

全日空ホテルになり約30年とかなり年月を経ており、無理矢理後付で対応している箇所もチラホラあったりします。

f:id:tmja:20170623100809j:plain

部屋のなかで一番古さを感じさせられるの藻色の浴槽でしょうか? と文句を並べても、支払っている金額が1泊1万円を切っており、滞在9時間だけの寝るだけなので充分でした。

f:id:tmja:20170623100837j:plain

市中にありながらも、大きな窓越しに眺められる6mの滝を楽しめる古都ラウンジ。開放的な空間で待ち合わせにピッタリと言った場所もあります。

f:id:tmja:20170623100833j:plain

クラウンプラザ京都は朝食は種類が多い訳ではないですが、生搾りオレンジジュースマシンが珍しく置いてあり、朝6時から営業開始なのが特に気に入っていたりします。「そこのけ、そこのけ、私は仕事をしているんだ!」と客に道を譲らせる場面を見ることも多々ありますが、クラウンプラザ京都ではその様なスタッフは見当たらずです。

f:id:tmja:20170623100827j:plain

このホテルの一番の売りは世界遺産・二条城の目の前という立地でしょう。京都駅からのアクセスも、無料シャトルバスが頻繁に八条口まで走っており便利です。ホテル内レストランも多く、ルームサービスも種類が多く、ジム&プールも地下にありホテルに求められるモノがほぼ揃っています。特筆すべきは12歳まで添い寝無料で、親が朝食付きプランだと子供も無料になったりするので、子連れのファミリーには有難い京都のホテルだったりします。