第44回・木更津航空祭に子供と遊びにいった(後編)~ 体験搭乗・地上滑走も共に参加できず

f:id:tmja:20170227132704j:plain

航空祭10時開始直前に基地に入るまでの話しは前編にて、ここからは基地内の話しとなります。当日は2月で海沿いの立地にも関わらず、風もなく温かい日でした。

手荷物検査場を抜けてた場所にあった現地案内図がコレ。案内図上に追記した①、②、③はそれぞれ順番に、体験搭乗案内受付場、来賓席、地上滑空体験受付場を示してみました。到着したのが遅かったのか、それとも想定以上の訪問者がいたのか配られていたパンフレットを貰う事ができなかったので、会場の自衛隊の方にXXは何処ですかと聞きながら歩いたので少し苦労しました。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170227132414j:plain

巨大な格納庫前には沢山の固定翼、回転翼機が多数地上展示されていました。手前は航空自衛隊のT-400操縦練習ジェット機、その奥はT-7初等練習機。普通の人にはこれらの飛行機は小さく見えるようですが、ジェネアビ機慣れしている長男は「大きい、しかも低翼機で恰好良い」と言っていました。

f:id:tmja:20170227132359j:plain

CH-47チヌーク。ヘリコプターとしては異形のタンデムローター機で、テイルローターがないので後部から入れる驚きのカタチをしています。長男は速い=正義なので固定翼機の方が好みのようで余り興味を示しませんでした。木更津基地は羽田空港の航路に近いためか、適当に写真を撮っても上空を飛ぶ旅客機がよく入っていますね。

f:id:tmja:20170227132358j:plain

設計が古いからか、操縦席からも古き良き時代のアナログな感じが操縦席よりもプンプンしてきます。宝くじを引いて(抽選で)当たれば、この機体に後で乗れるかもと子供に言うと、彼の脳内では乗れる=操縦できるとなっているらしく、「お父さんが運転できないと、僕は運転できないよ。お父さん免許持ってるの?」と聞かれてしまい回答できずに沈黙。回転翼双発タービンのペーパーライセンス者には絶対無理です・・。

f:id:tmja:20170227132356j:plain

体験搭乗の抽選会に参加すべく管制塔側の①へ向かいます。格納庫D・Eは招待客席となっており、オープニングセレモニーの真っ最中のようでした。

f:id:tmja:20170227132405j:plain

抽選会場は何処だろうとキョロキョロしながら、管制塔の方向へ進んでいきます。

f:id:tmja:20170227132350j:plain

B/C格納庫を超えて見えたのは長蛇の列。若い自衛隊員より「此処から先は抽選券の配布がありません、並ばれても抽選に参加できるとは限りません」と言われて、もっと早く来なくてはいけないと判明。推測ですが10時には此処で並んでいる必要がありそうでした。

我が家では娘と自分は滅法くじ運がよく(年末ジャンボも勝ち越し中)、今回も抽選に参加さえすれば「乗れる」と思い込んで木更津まで来ていたので残念です。

f:id:tmja:20170227132353j:plain

航空自衛隊の航空祭だと人垣ができてしまい、なかなか開けた視界を正面に見られる事は少ないのですが、木更津(陸上自衛隊の)航空祭だと、航空ショー開始直前でも充分に見られる空間が素晴らしい。

f:id:tmja:20170227132415j:plain

招待客の前で演奏していた自衛官が足並み揃えて帰っていき、今回のメインイベントになる航空ショーが始まりました。

f:id:tmja:20170227154302j:plain

バズーカレンズを持っていれば地獄の黙示録風の写真が撮れるかもしれないですが、肉眼に近い感じだとこんな感じでヘリ群が迫って来ました。D/E格納庫が来賓席なので、基本的に来賓席からよく見える様にとショーは組み立てられているようです。

f:id:tmja:20170227132411j:plain

頭上の真上を通り過ぎていくタンデムローター機達。

f:id:tmja:20170227132409j:plain

頭上を過ぎたところまで追いかけてみると・・・、スナイパーみたいな人が建物の上に居ました。本当は自衛隊の撮影隊員なのでしょうが、振り返ると突然いたので「おお、スナイパーだ!!」と脳内錯覚を起こしてしまいました。

f:id:tmja:20170227132404j:plain

先程の体験搭乗での失敗を生かすべく、航空ショーが終わる前に位置③の地上滑走体験(先着順)へ向かおうと、招待客席の後ろを通って向かいます。通過していくヘリや、各種演習の説明も招待者向けには解説があり、ここにいればバッチリ聞こえるようになっていました。

f:id:tmja:20170227132401j:plain

地上滑走体験のところまでダッシュするとして、ギリギリまで演習を堪能します。凄い数のシャッター音が聞こえ、航空祭らしさが感じられます。

f:id:tmja:20170227132352j:plain

演習終了と同時にダッシュでK格納庫に駈けつけました。このK格納庫が話題になっているオスプレイが収納されている場所らしいです。並ぶには並んだのですが、ここで子供がトイレに行きたいと言い出して止む無く離脱することになるとは・・。

f:id:tmja:20170227132403j:plain

 自衛隊の方が此処にしかないと言っていたパンター、万が一に備えて待機していました。

今回は体験搭乗も地上滑走もダメで、ヘリの実機に乗る機会なしと残念な結果となってしまいました。子供の宿題の週末日記にも、ヘリコプターのヘの字も出てこず、公園でキャッチボールをして泥だらけになったとの内容だったので、航空祭は余り印象に残らなかったようでした。