日本航空JAL593(羽田→新千歳)さっぽろ雪まつりへ出発

 f:id:tmja:20170211095525j:plain

日帰り弾丸旅行で、さっぽろ雪まつりに出掛けた時の羽田空港から新千歳空港までの搭乗記です。この日はJAL利用でしたが、同行者2人がいたのでサクララウンジではなくカードラウンジに入りました。羽田空港のカードラウンジに一番乗りで入室したのは初めてので、まだ室内には誰もおらず。いつでも賑わっている空間なので違和感がありました。

f:id:tmja:20170211095526j:plain

搭乗予定のボーイング737-800。6時前でまだまだ暗く空港の滑走路や誘導路等にライトが灯っていました。クラスJに空席待ちを入れてはみたものの箸にも棒にもかからず状態で、クラスJに関わらず満席状態とのこと。さすが、雪まつりと言ったとこでしょうか。

f:id:tmja:20170211095530j:plain

いつもは窓際の席を指定していますが、この日はゲスト優先なため通路側にいます。

f:id:tmja:20170211095528j:plain

手持ち無沙汰なので安全のしおりを仔細に見たり、夏まで無料化したWIFIを弄ってみたり、落語を聞いたりして時間を潰していました。

f:id:tmja:20170211095522j:plain

もうすぐ、苫小牧上陸です。C列からなので窓から遠く、小さくしか風景見られません。

f:id:tmja:20170211095524j:plain

 雪の積もっている新千歳空港に到着しました。苫小牧側からストレートインだとばかり思っていたところ、北側からアプローチするルートで、ダウンウインド、ベースレグと新千歳空港が良く見えていました。

千歳はマイナス10度と機内アナウンスがあり、身構えて機外に踏み出してみましたが体感温度はそれ程でもなさそうで一安心。この日は天気が良かったので、できれば白い北海道の大地を上空から見たかったと少し悔しい思いをしました。