日本航空JAL566 (女満別→羽田)B737-800 マイナス20度、厳寒のなかでの「お手振り」に心動かされました

f:id:tmja:20170328114016j:plain

1月に行った女満別からの帰りはJAL566便、女満別発20:10→東京羽田着22:05の便を利用して帰京しました。指定された席1Aに座り、窓の外を覗いてみると雪ダルマが手を振っていました。

f:id:tmja:20170328114019j:plain

完全に除雪されたエプロンなので雪こそありませんが、外は気温マイナス20度近く。この日は雪ダルマがお見送りをしてくれるのかと思っていると・・。

f:id:tmja:20170328114021j:plain

地上職員の方々が、この凍てつくような寒さのなか整列をされ。

f:id:tmja:20170328114022j:plain

旅客機のプッシュバックと同時に盛大な「お手振り」。

f:id:tmja:20170328114024j:plain

そして、皆さんで最後にお辞儀をされていました。外は寒いを超えた寒さですがから「お見送りはご無用に」とお伝えしたいところですが、小さな窓から手を振るのが精いっぱい。非常に心苦しいと同時に、お見送りをして頂いたスタッフに感謝の気持ちがあふれました。

これを機に、各地の空港で受ける「お手振り」には恥ずかしいのですが、必ず手を振って答えることにして、少しでも応えるようにしようと決めました。