一休ダイヤモンド会員になっていたので、試しにアルモニーアンブラッセ大阪に宿泊してみた

f:id:tmja:20170216175737j:plain

「一休.comダイヤモンド会員の皆様へご案内」とのタイトルの電子メールが入るようになっていたのを無視し続けていたのは、どうせ客寄せ目的なんちゃって上級会員詐欺だとばかり思っていたからです。

ぱっと見て、ポイント付与ボーナスとチェックイン時の空室状況を見たルームアップグレードだけであれば正直どうでも良いというのが最初の感想でした。じゃらんや楽天経由で普通に予約をしても。過去3年の記憶を辿っても、全滞在の半分ぐらいはルームアップグレードがされている感触があるので、実質的にじゃらん・楽天と変わらないとの印象を持っていたからです。

www.ikyu.com

f:id:tmja:20170216180743p:plain

今年は食わず嫌いをせずに色々試してみると決めたので、関西出張時に一度ダイヤモンド会員の特典を受けられるホテルを選んで予約を入れてみました。JR大阪駅から徒歩10分にあるアルモニーアンブラッセ大阪です。

表参道にある結婚式場に訪れた時に、HARMONIEの綴りから「会場はハーモニーなんとからしい」と自分は妻に言い続けていたのですが、アルモニーと読ませると今回の予約時に初めて知りました。フランス語のようです・・。しかもこのホテルと表参道の結婚式場は同じ会社が経営しているとか。

f:id:tmja:20170216175738j:plain

高架道路添いを歩いて見上げていた時から、「なんか、けったいな建物だな」と思って見て近づいて行ったのですが、建物真下に到着して見上げると、三角形の頂点の部分は土台となっている建物からはみ出してしまっています。あの部分は絶対に結婚式場とか、スイートルームだなと思いました。

f:id:tmja:20170217085230p:plain

上のイメージ図は公式サイトからお借りしております。

後程、ホームページを見ると予想の通りに、全面ガラス張りの大きな窓が交差する場所が三角形の頂点となる設計で、安藤忠雄設計の建物とも書いてありました。これだけ窓が大きいので開放感があり、大阪駅からも近いので集まり易く、良い場所ではないでしょうか? 屋上にはヘリポートもあるので挙式後に新郎新婦はヘリで颯爽と会場を離れることもできそうです。

f:id:tmja:20170216175740j:plain

入り口に到着しました。全38室の隠れ家ホテルと書いてあるのを見ていたので入り口は大通りの新御堂筋側ではないと勝手に思い裏側にまわって入り口を探したのですが、新御堂筋側がきちんとした入り口でした。

この規模のホテルでドアマンがいたのには驚きです。最近泊まった小さめなホテルでは、高雄のホテルドゥアや那覇テラスもドアマンが常駐していて驚きましたが、このホテルは部屋数38室なので更に驚きです。上層階のフロントとキチンと交信しておりゲスト到着の情報が伝わっていました。

f:id:tmja:20170216175726j:plain

ロビーでウェルカムドリンクを頂きながらチェックイン手続き。丁寧な説明を受け、2名のスタッフと一緒に部屋まで案内をして頂きました。

f:id:tmja:20170216175719j:plain

一休ダイヤモンド会員特典のルームアップグレードはなく、予約したままのグレードの部屋でした。もしかすると展望の方角や階数を優遇して頂いたのかもしれませんが、チェックイン時にこの件は触れなかったのでアップグレードがあったのかもしれません。

f:id:tmja:20170216175742j:plain

部屋の様子です。バーニーズニューヨークをイメージした部屋らしいです。わかるような、わからないような・・。ロビーから強めな香りがしていたので気になっていましたが、部屋の中はもっと強烈でした。衣服やカバンすべてに匂いが移るぐらいです。

f:id:tmja:20170216175720j:plain

ウェルカムスィートと、ダイヤモンド会員様限定特典の欄に記載のあった入浴剤2種がありました。アロマバスソルト・トロピカルオレンジとローズ。これは妻へのお土産にすることに。

f:id:tmja:20170216180437j:plain

浴室です。ビューバスになっており、大きな窓が目の前にあり開放感があります。

f:id:tmja:20170216175744j:plain

凄い数のアメニティ・・。

f:id:tmja:20170216175734j:plain

反対側を見て見ると、ネスプレッソや空気洗浄機。アイロンはチェックイン時にお願いして用意して頂いたものです。

f:id:tmja:20170216175716j:plain

ダイヤモンド会員限定特典の冷蔵庫内のドリンク無料。部屋まで案内をして頂いた女性から、その旨の説明を頂きました。ソフトドリンクだけでなくアルコールも並んでいます。この晩に呑みに行く約束をするんじゃなかったと一瞬後悔しました。

f:id:tmja:20170216175717j:plain

クローゼットを開けてみました。必要なものが一通り揃っています。

f:id:tmja:20170216180435j:plain

予想していなかったのですが広いバルコニーがありました。もう少し暖かい季節であれば、冷蔵庫からアルコールを取り出して此処で夜景を見ながら楽しみたいものです。

f:id:tmja:20170216175723j:plain

梅田方面の眺め。5年程前に改修工事をおこなった大阪駅の大屋根も見えます。

f:id:tmja:20170216180438j:plain

インターコンチネンタルに宿泊している知人のところに食事に出かけました。出掛ける前にフロントで道順を尋ねると印刷した地図を頂けました。ホテル入口までエレベーターで降りるとドアマンが自分の行先を既に知っていたので、連絡が上手に出来ているなぁと思いました。このあたりは小規模ホテルの強みなのでしょう。

f:id:tmja:20170216175727j:plain

食事から戻ってきました。つい先程まで訪れていたグランドフロントのビルも部屋からよく見えます。上の写真はお湯を張る前に、バスタブからどの様に見えるかを試しに写してみました。手前右手に高層ビルが結構迫っており、カーテンを閉めなければこちら側は丸見えの近さでした。

f:id:tmja:20170216175736j:plain

翌朝の大阪駅方面。宿泊したホテル・アルモニーアンブラッセ大阪は交通の便も良く、小規模ながらも多数のスタッフを配しており概ね好感を持ちました。だだし、自分より若い人向きだとも感じました。

ヒルトン等のチェーンホテルの上級会員になって優遇を受けるがホテル利用の賢い方法と思っていましたが、一休は特定のチェーンに縛られずにダイヤモンド会員のプログラム参加している宿泊施設から優待を受けられます。今回はレイトチェックアウトや駐車場無料は実際に利用する機会がなかったものの、おそらく他の優遇サービス同様に特典を享受できたと思いますので、提示されていた特典は全て受けられたのだと考えました。

上級会員制度を持っていない(女将の独自判断にもとづく優遇は多いにある)旅館でも特典内容が判った上で予約でき、明記されている特典を受けられるところに一休をダイヤモンド会員として利用するメリットがあるように思えます。騒がしい幼児連れで静かな風情を楽しむような旅館は少し厳しいので、どこかダイヤモンド会員特典が利用できる場所があれば、これからは一休を優先して使用しようと考えを変えました。ダイヤモンド会員に到着する&維持するのも30万円と敷居が低いのも良いところです。