ジェットスターGK416(高松→成田)A320 うどん県よりの帰路

f:id:tmja:20170623112108j:plain

1泊2日の高松滞在を終え、東京に向かうために高松空港に戻って来ました。往路はJALでしたが、今回はLCCのジェットスターにて成田空港へ向かいます。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170623112112j:plain

座席指定をしていなかったようで、発券ブースで祈る気持ちで出てきた搭乗券には主翼後方・窓際席になっていました。窓側希望なので幸運でした。

往路と同じく高松から成田まで曇空らしく、今回も富士山(さぬき富士)を上空から見つけるぞと決めました。上空はモクモクと雲が沸いているので期待薄ですが・・。

f:id:tmja:20170623112023j:plain

さぬきこどもの国とYS-11を横目に離陸。大方の予想通りに直ぐに雲に突入してしまいました。

f:id:tmja:20170623112026j:plain

雲に入ったり、出たりしているいる間に、見事な讃岐富士の勇姿が眼下に。西へ離陸したので讃岐富士は見られないと離陸直後諦めるも、東への旋回後にはA席側でも見ることができたようです。

f:id:tmja:20170623112030j:plain

高松市内の展望はあまり望めず、雲間から覗く程しか見えません。今度は秋〜冬の肌寒くなった時にでも来たいものです。

f:id:tmja:20170623112036j:plain

瀬戸内海に出る前に、雲上飛行となってしまいました。その後は九十九里まで地面をまったく見られず。巻雲、巻層雲、高層雲・・。目の前の雲の絨毯は何と呼んでいるのか考えるも答えは出ず。

f:id:tmja:20170623112045j:plain

成田空港B滑走路へのアプローチ中。雲が相当低くまであり、なかなか雲の下に完全には抜け出せずにいました。無線誘導やGPSがあるとは言え、極端な視界の悪さで操縦室はカリカリしていそうだなあと考えていました。

f:id:tmja:20170623112056j:plain

着陸間際でも雲から離れて行きません。東峰地区を抜けるところで、ぱっと雲を脱したかと思うと直ぐに接地。滑らないようにか、ドンと落としたような着陸でした。

f:id:tmja:20170623112100j:plain

第3ターミナルに無事に到着です。天候の割には揺れも少なかった気がしました。ジェットスターも就航して5年を迎え、聞き慣れた存在になりました。当初はエアバスは乗り慣れないと思い込んでいたのも何処にいったものかと思う程。今回は目標にした讃岐富士が見られ良かったです。