開通前の高速道路を散歩、外環松戸フェス

f:id:tmja:20170717223456j:plain

高速道路や有料道路の開通前に催されることの多い一般開放デー。2017年度末の開通が予定されている東京外環自動車道路の東側にあたる、松戸ICが海の日に併せて公開されると聞きやって来ました。「炎天下で高速道路の上を歩くのはちょっと」と言う妻と娘を、妻の実家に置いてから外環の下をひた走ります。

f:id:tmja:20170717223448j:plain

出典: ネクスコ東日本

松戸ICは現在開通している三郷南の次のICと場所で、上空から見るとこの様な感じです。三郷方面から此処までは高架式だった高速も、ここから湾岸までは環境配慮で当初高架だったものが地下に潜り始める場所となったようです。

f:id:tmja:20170717223509j:plain

近くの有料駐車場にクルマを入れて、「暑い、暑い」と言いながら、息子と会場までやってきました。

f:id:tmja:20170717223503j:plain

この辺りは矢切という地名らしく、最寄り駅は北総線・矢切駅となるようです。駐車場からの歩道にも、こんな絵柄のマンホールを幾つも目にしました。

f:id:tmja:20170717223516j:plain

左右に防音壁が設置された一般道路部分を進んで行きます。朝方に雨が降ったばかりで高湿、気温もお昼に向かい急上昇中。こんな天候では、高速道路の上を歩くようなイベントには余り人出はないかと思っていたら大賑わいでした。会場で受け取ったパンフに書かれていた決まり事は

  • 小学生以下は保護者の同伴が必要
  • コース上は暑く、熱中症防止のために水分携帯必須
  • 外回り車線は立入禁止、中央分離帯を越えるのも厳禁
  • 場内禁煙、食事、飲酒もご法度

f:id:tmja:20170717223329j:plain

このフェスは高速の片側(三郷方面)だけを利用していました。松戸ICはハーフインターチェンジなので、湾岸方面への入口と三郷方面への出口しかありません。クルマを運転していれば通常逆走となるところですが、三郷方面への出口を反対側に下って行きます。

f:id:tmja:20170717223336j:plain

左写っているウチの子供の身長が1.3mなの、トンネル高は4m以上はありそうです。

f:id:tmja:20170717223344j:plain

神殿のように柱が立ち並ぶ地下ま降りて来ました。地上の暑さが嘘のように涼しく驚きます。案内の方の説明によると柱1本40トンあり、山の手トンネルのように完全に地下ではなく、開口部を設けた半地下状態の道路となっているそうです。

f:id:tmja:20170717223404j:plain

柱と柱の間の空間には遮光板があり、直接太陽の光が入ってこないようになっていました。これで運転中の柱と柱からの差し込み光によるチラつき防止とするとか。

f:id:tmja:20170717223355j:plain

外環建設への各種説明やジオラマがあり、人だかりができていました。このイベントは地元住民の方が多いと思われるので、自分達がよく知る場所のジオラマは面白いはず。沢山の人が見入っていました。

f:id:tmja:20170717223408j:plain

高速開通前に実際に取り付けられるであろう行先表示版。うちの子供が最近買って貰ったばかりの任天堂2DS LLで撮影。

f:id:tmja:20170717223400j:plain

彼は脱出ゲームが開催されていると聞き楽しみにしていましたが、考えていたもと違ったようでした。どうも、密室空間のような場所から迷路のような経路で逃げ出すものと思っていたようですが、実際は小学生低学年には難しいクイズを解くもの。

f:id:tmja:20170717223419j:plain

地下の高速部分を三郷方面に進んで行きます。道路の中央分離帯に人が集まっているのは、先程の「奇妙な高速道路からの脱出」のヒントが張り出されているからです。

f:id:tmja:20170717223414j:plain

父親の悪知恵で、問題を3つ解いたところで答え(矢切〇〇渡し)が分かったので脱出ゲーム?を強制終了することに。問題が難しく、うちの子供にとって面白くない・・。

f:id:tmja:20170717223427j:plain

真っ直ぐ三郷方面に進んで行くと高架部分に出る場所まで行けるらしいのですが、すすることに出たところが灼熱地獄は勘弁と思いました。スグ先で、沢山の人が壁に吸い込まれていくのが見え、自分達も吸い込まれるかのように高速道路の非常階段に入って行きました。

f:id:tmja:20170717223433j:plain

トンネルでの火災や事故等の緊急時にのみ使用できる階段を上がって行くと、地上からの強い光が差し込み眩しい。

f:id:tmja:20170717223439j:plain

最初にくぐった黄色のウェルカムゲートにすぐ横に出ました。往路では地下道へ進むことばかり考えていたためか、まったく此の出口の存在には気が付かず。こんな所に出てきたと軽く驚かされました。高速道路の緊急避難通路を1度歩いてみたいという願いが、このようなカタチで実現出来るとは思ってもいませんでした。

自分ひとりであれば往復3.6キロの長いコースを頑張ったところでしょうが、高速道路の真ん中を歩いたり、緊急脱出階段を利用したりとなかなか満足できたので探検は終了にしました。

f:id:tmja:20170717223443j:plain

沢山並んでいる屋台で、好物のスイカを購入してかぶりつく子供の後ろ姿。父親の趣味に付き合わされて暑いなかを連れまわされたにも関わらず、嫌な顔ひとつしない可愛いやつです。妻には内緒で、1日1時間と決めたばかりのゲーム時間制限を無視させて、冷房の効いた喫茶店で暫く過ごしてから妻の実家へ戻りました。