全日空ANA398(庄内→羽田)B767-300 モモリンフラッシュを聴きながらの上空から空港見物フライト

f:id:tmja:20170829140456j:plain

坂田市内を散策してから、酒田市の象徴ともなっている有名な山居倉庫のこのスペースで休憩&仕事をこなしていました。山形県はそこまで面積が大きい県ではありませんが、朝日山系の東西で気候が大きく違い、春から秋までの庄内平野は温暖で過ごしやすい地域と聞いたとおりな日でした。

f:id:tmja:20170829140505j:plain

庄内空港の旅客機スケジュールに合わせて市内を出る空港行きシャトルバスに、山居倉庫前(正確には東北電力ビル前)から乗り込みました。

f:id:tmja:20170829140234j:plain

30分程バスに揺られて空港に到着しました。庄内空港は陸の孤島と言われた庄内平野に、バブル崩壊後の1991年に開港した比較的新しい空港です。

f:id:tmja:20170829140241j:plain

搭乗ゲートです。空港行きのシャトルバスには自分を含めて4名しか乗っていなかったのでガラ空きフライトかと勝手に考えていましたが、結構な人数が制限エリア内にいました。皆さん自家用車やレンタカー組が多い言う事なのでしょう。

f:id:tmja:20170829140246j:plain

機体は地方路線に多いボーイング737かと思いきや、200席以上ある中型機のボーイング767でした。秋田や新潟に出てから新幹線では時間が掛かるので、飛行機で羽田空港の方が利便性が高いのでしょう。

f:id:tmja:20170829140335j:plain

座席はエコノミー席の一番前、窓側席です。ANAは運輸業なので安全に力を入れて欲しいところですが、いつも安全のしおりの前に物販紙が置かれているのが気になってしまいます。

f:id:tmja:20170829140341j:plain

座席より庄内空港の管制塔が見えました。天候は生憎の曇り空、天気予報で見ると関東は概ね晴れの模様だとか。

f:id:tmja:20170829140348j:plain

窓を見ると旅客機の窓に付き物の穴が左右7個づつ(合計14個)も空いていました。

f:id:tmja:20170829140352j:plain

庄内空港は海岸線近くにあるので海陸風で、海側から吹く風に向かって飛ぶのかと思いきや、滑走路09から東に向かって機体は飛び立ちました。

f:id:tmja:20170829140356j:plain

鳥海山が上空から見えるかと北の空を見るも、雲で隠れてしまっていました。

f:id:tmja:20170829140400j:plain

予想はしていましたが、残念なことに雲上飛行に直ぐに移行してしまいました。

f:id:tmja:20170829140345j:plain

しょうがないので、機上の楽しみ落語オーディオプログラムが何か確認します。全日空寄席にはなんと、今年2月のバンコク収録会場で聞いた創作落語「モモリンフラッシュ!」。これを見ておっと小さく叫んでしまいました。

f:id:tmja:20170829140404j:plain

雲はなかなか切れず、立川志の輔の音声を楽しむのみ。機内はパッと見8割方は埋まっていそうでした。

f:id:tmja:20170829140411j:plain

雲が薄くなって来ました。中央右あたりに首都圏防空の要と言われる百里基地(茨城空港)が見えます。茨城県は飛行場/場外離着陸場が多く、ここから先は主要なものを幾つかご紹介…。

f:id:tmja:20170829140415j:plain

中央下に阿見飛行場。昭和50年代に東京・東雲飛行場が移転してきた飛行場で、少し前に閉港してしまいました。跡地には無数の太陽光パネルが敷き詰められています。

f:id:tmja:20170829140425j:plain

写真中央部に龍ケ崎飛行場。幕張でおこなわれたレッドブルエアレースに姿を表した零戦は、ここ龍ケ崎飛行場から飛び立ちました。まだ駐機しているはずと目を凝らしました発見できず。

f:id:tmja:20170829140431j:plain

同じく写真中央部に大利根飛行場(ゴルフコースの利根川沿い)が見えます。こちらは知っている機体を上空からでも何機か見分ける事ができました。

f:id:tmja:20170829140435j:plain

羽田空港への着地ルートは木更津沖からでした。今年春に父親と一緒に見学に行った巨大な君津製鉄所が左翼に見えます。庄内空港からのフライトは1時間足らずと結構短く、聞いていた落語「モモリンフラッシュ」はまだこの時点では続いていました。

f:id:tmja:20170829140439j:plain

東京湾上空を進み、アクアラインの換気塔「風の塔」 が近くに。大きい方の高さは90mもあり、オフィスビルで換算すると20階以上の高さだとか。

f:id:tmja:20170829140444j:plain

D滑走路を飛び越してC滑走路に着陸です。 D滑走路は西側が桟橋、東側が埋立になっていたのを上空から見て思い出しました。多摩川の河口への環境配慮でこうなったと記憶にあります。

f:id:tmja:20170829140451j:plain

着陸して地上滑走中に「モモリンフラッシュ」が割れんばかりの拍手で終了。操縦席からの挨拶やCAさんの案内放送が羽田空港に近づくに連れて疎ましく感じてしまいましたが、なんとか全て聞き終える事ができたので満足して降りたフライトでした。