全日空 ANA13(羽田→伊丹)B787-900 SFC達成して半年ぶりの全日空搭乗

f:id:tmja:20170531143612j:plain

 昨年50,000PP達成してプラチナステータスを取得したきりで半年程ANAには搭乗せずに、主にJALばかり乗ってました。

プラチナステータス期間中はボーナスマイルが大きいので、ANAに乗れば良いものの、JAL派なので惰性でJALを選び続けてきてしまったのです。最後にANAに搭乗したのは羽田→高松線で実に半年前。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170531143616j:plain

羽田空港第二ターミナルは第一ターミナルと違い通路から窓部分が遠い、遠い。些細なことにもJAL側と比較してしまいます。前方に見えているのがこの日搭乗するボーイング787-900型。

f:id:tmja:20170531143341j:plain

葉加瀬太郎氏のAnother Skyが流れるなか搭乗しました。葉加瀬氏の不倫報道があってからAnother Skyは不倫の調べと頭に浮かんでしまいます・・。

ボーディングブリッジが2つ掛けられていたので、左がプレミアムクラス、右がエコノミーだと勝手に解釈してエコノミー側に進んだところ、機内に入ってから機首方向へ人の流れに逆行する必要がありました。

f:id:tmja:20170531120013j:plain

ボーディングブリッジが後退していく様は何処か不自然さがあります。ヘビが後ろに無理矢理に這っているかのようで少し滑稽。

f:id:tmja:20170531120020j:plain

トーイングトラクターに引っ張られて誘導路へ出ました。200トンを越える機体を引っ張るので半端ないトルクが必要なはずだと調べた事があるのですが、トーイングカーはコマツ製のWT500E、300馬力の排気量12,000ccもあるらしい怪力車でした。国内はコマツ製が多く配備されているそうです。

f:id:tmja:20170531120026j:plain

全日空の地上職員の方々による「お手振り」による見送りがありまいた。ありがとうございます。

f:id:tmja:20170531143405j:plain

この日はD滑走路の滑走路05より、北東に向かって出発です。

f:id:tmja:20170531143409j:plain

東京湾の上空には晴れ間が見えるものの、全体的に薄く雲が街に広がっている状態でした。

いつも飛行ルート上の1地点を上空から見つける遊びをしています。座っているのがA側の窓際席なので富士山は望めるとは思えず、奈良盆地にある神武天皇を祀る橿原神宮にすることにしました。

f:id:tmja:20170531143415j:plain

東京湾上空で右旋回をしながら上昇していきます。機窓から後ろを見ると主翼とエンジンが見られる良い席を選べたようです。

B787をJALは国際線の中長距離線へ投入しており、ANAはB767の後継機と位置づけしている為、ANAであれば国内線でも乗れる。先週、羽田ー広州のJAL便のB787にも乗ったばかりですが、JALでもANAでも最新機B787はやはり快適です。

f:id:tmja:20170531143345j:plain

一時期、安全のしおりがシートポケットの最前列にあるかと確認するるのが習慣になっていました。久しぶりのANAはANAマイチョイス(物販)→翼の王国(読物)→ANA SKY SHOP(物販)→安全のしおりと残念な順番でした。

この便が偶然だからかもしれませんが、今年すでに25回搭乗しているJALは、安全のしおりは全て前面にあったので、JALの勝ちとします。

f:id:tmja:20170531143431j:plain

ANAの機内WIFIは有料でしたっけ?JALが使い切れない程のクーポン券や、利用したい人は誰でも利用できるキャンペーンをしています。

40分550円は考えれば大した額ではないのだが利用を躊躇してしまった。ここはJAL側の圧勝。

f:id:tmja:20170531143419j:plain

SKY SHOPの紙面にもJALではとても見られないと思われるマンガが。絵柄とブランド推しが鼻につきますが、自分自身JALよりもANAで購入することが多いのでANAの勝ちとしました。

f:id:tmja:20170531143423j:plain

三浦半島の先端・城ヶ島です。偶然かもしれませんが、羽田を出発してからANAは高度を低く飛んでいると感じます。

自分は搭乗中は地面ばかり見ていることが多いので、より低く、より地面が見える高度で飛んでいたと思われるANAの勝ちにします。

f:id:tmja:20170531143427j:plain

JALにはJAL名人会、ANAには全日空寄席があります。今回放送されていたバロンさんの公演は、今年バンコクでおこなわれた公開収録に参加して生で聴いていました。それを機内エンターテイメントの放送で聞けるとは思ってもいませんでしたので、ことのほか嬉しかったです。

f:id:tmja:20170531143437j:plain

身延のあたりでしょうか?富士山は予想通りに、自分が座っている反対のF席側で見えず。

羽田空港で天気を調べた時には、東京くもり、名古屋くもり、大阪晴れでした。進行方向には雲の絨毯が広がっており、地上観察もこの辺りで終了と覚悟。

f:id:tmja:20170531143452j:plain

渥美半島北側より伊勢湾を渡り鈴鹿山地を越えて行きます。

f:id:tmja:20170531143457j:plain

奈良盆地が視界に入ってきました。今回の目標「橿原神宮」を発見できました! 雲の隙間からなら見られるのでは想定して、敷地の大きい橿原神宮を選んでいたのですが、これだけ視界が効く状態では簡単すぎたようでした。

f:id:tmja:20170531143505j:plain

奈良盆地の西縁にある馬見丘陵の古墳群。「今は昔、竹取の翁というものありけり」で始まる有名な昔話・竹取物語の舞台が此処らしいです。

f:id:tmja:20170531143509j:plain

大和川に沿って走る関西本線が葛城山系と生駒山系の合間を縫って走っている場所。ここで大きく右旋回して信貴山から大阪平野に出ました。

f:id:tmja:20170531143522j:plain

 八尾空港です。最後にフライインしてから8年経つので、もう8年は訪れていません。

f:id:tmja:20170531143528j:plain

大阪はキタとミナミしかないから、東京とは比べ物にならないと大阪からの人からも良く聞く一言ですが、この市街地の広がりを見るともの凄い巨大都市にしか見えません。

中央上部の一際高い建物が日本一の高層ビルあべのハルカスです。

f:id:tmja:20170531143540j:plain

信貴山から伊丹空港への定番コース、大阪城を近くに眺めながら高度を落としていきます。

2020年には都心上空通過する羽田空港への北側からのアプローチが解禁されると、羽田便でもこの様な景色が見られるようになるのでしょう。

f:id:tmja:20170531143545j:plain

梅田の高層ビル群と、ビルの谷間に埋もれてしまっている大阪駅を見て淀川を超えると、伊丹空港までもうすぐです。

f:id:tmja:20170531143553j:plain

着陸寸前に伊丹空港の飛行機ビュースポット、千里川土手を上空から確認。今回の日帰り出張で、帰りに時間の余裕があったら1年ぶりに訪れようとしています。

www.waypoints.blue

f:id:tmja:20170531143557j:plain

B滑走路に着陸し、ターミナルビルに向かうためにA滑走路を跨いで行きました。 B787はボーイングの最新機だけあって実に快適です。JALとANAそれぞれ良い所があると思いますが、そのB787に国内線でも乗れるのがANAの良いところだと思いました。

f:id:tmja:20170531143603j:plain

出発した羽田空港ではボーディングブリッジが離れていくところを見ました。伊丹空港では反対にボーディングブリッジ迫って来ましたギクシャクと迫ってくる動きも面白い。

伊丹空港貰えるアメックスのミールクーポンは、ゴールドカードレベルでないと貰えないと勝手に考えていたところ、ANAアメックス(ブルー)でも利用できると知りました。

毎月2-3回は伊丹空港を利用しているので、毎回利用すると皮算用すると、年会費7,000円ではやってられないとアメックス社より連絡が来そうな程利用出来そうです。ANAアメックスは今年秋で解約を考えていましたが、伊丹空港のミールクーポンが継続であれば更新したいと考えを改めました。