こだま682号(新大阪→東京)ぷらっとこだま利用でグリーン車12,000円也

f:id:tmja:20170708235139j:plain

JR東海ツアーズの旅行商品「ぷらっとこだま」。片道新幹線+1ドリンク券付で格安に旅行ができる旅行プランで、自分も東京と名古屋/京都/大阪移動の時にはよく利用していたりします。最低2週に1度の頻度で・・。

東京ー新大阪が通常19,230円(のぞみグリーン車)のところ、「ぷらっとこだま」だと12,000円(こだまグリーン車)と7,230円引き。のぞみ普通指定席が14,450円なので、通常普通席より安くグリーン車を利用できる魔法のようなチケットです。

難点をあげるとすれば、新幹線の各駅停車こだま指定なので、東京ー新大阪間に4時間要すること(のぞみ利用なら2時間30分)。それに、ツアーの形式をとっているため当日購入は不可、指定した列車&座席にしか乗車できず、変更が効かないところでしょうか・・。

f:id:tmja:20170708234948j:plain

いつも出発日の前日に予約&券入手をしています。チケットをカウンター受け取りができるのは主催元の東海ツアーズかJTBの店舗と限られており、東海ツアーズは東京でも東京駅、品川駅、新宿西口の3店舗しかないため、だいたいはJTB各店舗で申し込みしています。

f:id:tmja:20170708234942j:plain

何も事前予約せずに、ぷらっとJTBの店舗に入り、「ぷらっとこだまをお願いします。XX月XX日の東京発新大阪行きグリーン車で...」と言って、希望の便が取れなかった事は1度もありません。

料金を支払うと頂ける、新幹線乗車券代わりの乗車票とビール等に交換できるフリークーポンです。

f:id:tmja:20170708234928j:plain

JR東海のツアーである為に自動改札機を通る事はできず、有人改札口で乗車票を係員に見せて入場する必要があります。

新大阪は在来線改札内のエキマルシェでお土産をいつも購入するので、1度スイカで入場→買い物→乗車票で新幹線改札に入っています。スイカは新幹線改札口で入場キャンセル処理してくれます。

f:id:tmja:20170708235101j:plain

新幹線乗り場のお土産屋や売店で、このようにクーポン券引換店貼り紙があるところであれば、660ml以下ソフトドリンク、350ml以下の缶ビール、500ml以下の酎ハイ等1本とフリークーポンを交換してくれます。この日はエビスビールにしました。

f:id:tmja:20170708234952j:plain

乗車便が来るまで、賑やかなホームで待ちます。伊丹空港に南東から向かってくる旅客機も、見上げると結構頻繁に上空を通っていました。

f:id:tmja:20170708235039j:plain

東京から出発する「こだま」は30分に1本間隔ですが、名古屋止まりが半分ぐらいある為か、新大阪初の「こだま」は1時間に1本間隔での運行のようです。

f:id:tmja:20170708235113j:plain

 指定の8号車に乗り込みます。列を作っていた人数が10人いるかどうかでしたので、この車両は(4席x16列=64席)なのでガラガラ決定のようです。京都、名古屋等で新たに乗り込んで来ても、自分の隣席に誰かくる事はなさそうだと予測。

f:id:tmja:20170708235050j:plain

700系(N700でない)の座席と最新のN700系より大きな窓です。700系は2019年度に完全引退が予定されているので、この座席に座れるのもあと数年と迫ってきました。

f:id:tmja:20170708235131j:plain

1160mのシートピッチがあり、座席にはゆとりがあります。座席説明のパンフを見ると、電源コンセントがアームレスト下にあると書かれているも、実際のシートには備え付けられておらず。

f:id:tmja:20170708235123j:plain

空港であれば50mは離れた場所にある旅客機を見るところですが、列車だと目の前に新幹線があって驚いたりします。

f:id:tmja:20170708235054j:plain

クーポン券で交換したエビスビールに、新大阪ー東京までの路線図が描かれており、東海道世界遺産の旅と銘打ってありました。

f:id:tmja:20170708235109j:plain

新大阪を出発して15分で最初の停車駅・京都着。新幹線のグリーン車は空席率が高いのと併せて、賑やかな若者も、カタカタPCを叩き続ける人もいなく、お喋りで盛り上がっているオバチャン軍団が乗ってくる確率少ないので、静かに過ごせるのが良いです。

f:id:tmja:20170708235117j:plain

米原駅を出発後すぐに伊吹山が見えました。名古屋への途中で完全に日が暮れてしまい、その後は新横浜まで気がついたら寝込んでいたようです。

f:id:tmja:20170708234937j:plain

東京駅に22時47分のほぼ定刻で到着しました。繁盛期以外の平日しか利用しないせいか、「ぷらっとこだま」を利用して隣席が埋まった事はココ1年でも皆無で、いつも寛いで帰る事ができ気に入っています。

1日45万人の利用者がいる東海道新幹線なので、プランに対する好き嫌いがあるにせよ、「ぷらっとこだま」の高割引率設定で座席が埋まらない理由が自分には正直理解できません。あまりグリーン車は好まれていないのでしょうか?  1度利用すると、普通席は落ち着かないので避けたいと思い始めるはずです。