ロッテシティホテル錦糸町”シャルロッテ”でコアラのマーチビュッフェ

f:id:tmja:20161104144108j:plain

東京の東の玄関口・錦糸町にあるロッテシティホテルに宿泊者しか利用できなかった朝食会場”シャルロッテ・チョコレートファクトリー”が生まれ変わり、レストランのみでも利用可能になっているのを知り、家族4人でさっそく出掛けてきました。

ホテル併設の駐車場が上限1,000円(07:00~23:00)で利用できる様なので、繁華街駅前&ホテル直付を考えると良い条件と思えたので、周辺の他の駐車場は調べずにここにクルマ停めることにしました。

f:id:tmja:20161104144112j:plain

ホテルのエレベータで4階まで上がるとフロントの脇に今回の目的地「シャルロッテ」がありました。営業時間が07:00-10:30(最終入店10:00)と朝食サービスのみの会場という位置づけで、大人1,620円、子供980円、未就学児無償とホテル内のレストランとしては手軽な価格設定です。

f:id:tmja:20161104144100j:plain

さすがロッテ直営だけありコアラのマーチで埋め尽くされており、コアラのぬいぐるみが気に入った娘は食事そっちのけでコアラと戯れていました。訪問したのは祝日9時前だったのにも関わらず店内は2-3割程しか埋まっていなかったのが若干意外でした。訪問前は韓国からの団体ツアー御用達になっていて、片隅で静かに食べる必要があるのかとすら想定していました。

f:id:tmja:20161104144056j:plain

数は多くないもののホテルの朝食で出てくるものが一通りありました。一品一品にコアラのワンポイント入り案内があり、どうしても食べ物よりコアラマークに目がいってしまいます。

f:id:tmja:20161104144053j:plain

このレストランの目玉商品・コアラのマーチパンケーキです。入店後すぐにこれを見つけた子供達は何はさておきパンケーキを入手していました。ホイップクリームやチョコレートチップなどいろいろと充実していました。

f:id:tmja:20161104144058j:plain

ロッテガーナチョコレート使用のチョコレートファウンテン。マシュマロやパイの実が置いてあり、つっこみ放題&食べ放題です。

f:id:tmja:20161104144101j:plain

チョコレートの入っていないトッポ。先程の噴水のチョコレートを流し込んで完成品にできます。

f:id:tmja:20161104144057j:plain

こちらはトッポ同様に、チョコレートの挿入されていないコアラのマーチ。サラダに載せてアクセントにしたり、やっぱりチョコレートを詰めて完成させたり・・。

f:id:tmja:20161104144111j:plain

子供にはコアラのマーチ柄の紙エプロンを使わせて貰えます。コアラに囲まれて、ロッテのファンになってしまいそうでした。

f:id:tmja:20161104144054j:plain

最後にはロッテのお菓子のお土産付き。自分達より先に出た親子2人組は何と1人5箱づつ抱えて行くのを目撃。我が家は長男1個、長女1個の合計2個(二人ともコアラのマーチを選択)と体面を気にしすぎなのかと考えてしまいました。

旧ロッテ会館跡地に建っているので錦糸町にありますが、これが渋谷、原宿、お台場だったら土日祝は子連れ親子が長蛇の列をなし、入店2時間待ち必至だと思われます。デザート以外の料理自体はチョコレートかけカレーライス以外はこれと言ったモノはないものの、そのデザートの部分を辛口の妻が珍しく高評価をしていたのが驚きでした。実際、自分も子供達も楽かったと感想を求められれば言うと思います。

f:id:tmja:20161104144102j:plain

お土産にコアラのマーチぬいぐるみを買うと強請られ、ホテルフロントの方が奥から出してきてもらい購入。

f:id:tmja:20161104144106j:plain

せっかく城東地区に来たのでスカイツリーまで足を延ばしてみました。到着時に偶然にも中国雑技芸術団の屋外公演が開始し、于涛さんの素晴らしい曲芸「椅子倒立」を見ることができました。于涛さんは「燃焼系、燃焼系、アミノ式」でクルクル回転していた少女と紹介されていました。最近フランスの大会で世界一を獲得されたとか。

f:id:tmja:20161104144104j:plain

東京スカイツリーをバックに我が家の長男も連続回転!!。好天に恵まれて、楽しい一日を過ごせました。