釣船茶屋ざうお - 大漁でこども喜び&親は悩む

f:id:tmja:20161121174126j:plain

義母が遊びに来たので、以前より気になっていた釣船茶屋「ざうお」に皆で訪れてみました。店中で魚釣りができて、釣った魚をその場で調理してくれる有名なお店らしく、三世代での食事には良いと考えて決定。新宿店や渋谷店は常に混んでいると聞くので、所沢店までクルマでの訪れてみました。予約なしの飛び込みです。

f:id:tmja:20161121174128j:plain

倉庫のような建物の小さな入り口をくぐると、いきなり大きな、おおきな木造船が目の前に。船の周りは生け簀になっており、沢山の魚が泳いでいるのが見えます。

f:id:tmja:20161121174115j:plain

船の後部から甲板上の席にあがってみると、椅子とテーブルがならんだ食事処になっていました。大漁旗や提灯も飾られており、少しお祭り気分。

f:id:tmja:20161121174129j:plain

生け簀を覗き込んでみると鯵や鯛が泳いでいる姿が・・。システムがまったく理解できていないので、、店員から色々教えてもらいまいた。当たり前ですが、釣り上げた魚は必ず購入する事と聞き値段を見て少し驚く事に。鯛2,380円、鮃2,980円、鯵680円、縞鯵3,885円・・、調理方法は刺身、焼き魚、煮魚等いろいろ選べ、調理方法により無料もあれば有料もあると。まだ昼食を取っていないので、釣らなくても食べられるセットメニューと釣り具レンタルセットをまずお願いしました。

f:id:tmja:20161121174132j:plain

ざうおは福岡に本店を置く企業らしく、こんなサービスもあるとか。ちなみに、この日は鯛は少なめで、縞鯵が多く釣れているとか・・。縞鯵は泳いでいる魚のなかで最も高額なので、聞いている自分は多分顔が堅くなっていたのではないかと思います。一匹680円の鯵を釣らせて、子供達を喜ばせて誤魔化せないかを必至に考えていました。

f:id:tmja:20161121174130j:plain

隣に席で鯛を男の子が釣り上げていました。我が家と同じく三世代で来ており大盛り上がり。これを見て、華のある鯛が釣れると盛り上がるのではと頭の中の緊急予算会義で追加予算計上が可決。子供達を喜ばせて、義母も一緒に喜んで貰わなくてはと。

f:id:tmja:20161121174133j:plain

まず、ひっかけ釣りにて堅く鯵を狙わせます。取り敢えず何か釣れば子供は満足するので、その後コントロールし易くなるのが狙いです。長男は調子に乗ると、数万円単位で釣り上げそうなので、こいつを制御可能な状態にするのが最重要。

この日は義母が一緒なので強制ストップを掛けても「もっと釣ってよいと」解除されてしまう恐れも・・。

f:id:tmja:20161121174114j:plain

鯵の生け簀から何故か鮃(2,980円)!?を釣り上げる長男。 もっと釣れと孫を煽る義母。予想していた脱線コースをもの凄い勢いで進行している気が・・。隣の生け簀で娘がサザエを釣り上げており、しかもサザエ2個を同時に釣り上げ・・。

f:id:tmja:20161121174116j:plain

先程釣り上げた鮃は刺身と、

f:id:tmja:20161121174123j:plain

唐揚げ+骨せんべいとなりました。

f:id:tmja:20161121174119j:plain

そして、予想通りに縞鯵(3,885円)も釣り上げる長男。最初に購入した餌がなくなっていたので、お子様プレートのエビの天婦羅からエビの身を取り出して餌にしたのがコツと力説していました。義母も長男もとても楽しそうなので、押し黙るしかない妻と自分・・。

f:id:tmja:20161121174121j:plain

レストランから逃げ出そうとして、自分が会計をしに行っていると鳴り響く太鼓。まさかと思いテーブルに戻ってみると、また縞鯵を釣りあげていた長男。完全に想定していた最悪コースとなってしまいました。

学校の宿題の週末日記にも、「沢山釣るには天婦羅の海老を使うのが必殺技」と書いてあるのを後日発見しました。