大韓航空 KE703(仁川→成田)A330-300 プレステージクラスで帰国

f:id:tmja:20161121165651j:plain

大邱空港から到着し、トランジット2時間にて成田行きの便に乗り変えます。ビジネスクラス利用でしたので、大韓航空ラウンジにお邪魔して電子メールの返信をしたりして時間調整をしていました。

f:id:tmja:20161121165715j:plain

この日にお世話になるエアバス330型機。ボーディングブリッジが2つ接続されているので通路の途中で左手と右手に分かれるようになっているようです。大邱から到着した時と変わらず天候は厚い雲に覆われてしまったままでした。

f:id:tmja:20161121165653j:plain

座席番号(2A?)を失念してしまいまいたが、2-3-2の配置のプレステージクラス(ビジネスクラス)は空席が目立っていました。やはり、短距離路線(ソウルー東京)では余り価値を見出す人はいないのかもしれません。

f:id:tmja:20161121165647j:plain

指定された座席に座り、いつもの様に外を眺めると真っ暗。よく見ると扉がスライドして、自分の席を覆ってしまっていました。

f:id:tmja:20161121165649j:plain

搭乗終了後にボーディングブリッジが離れていくと、暗かった窓の視界が明るくなりました。このブリッジをピッタリと旅客機に寄せるのは難しそうに見えるのですが、講習とかあるのでしょうか? もし参加できるのであれば挑戦してみたいものです。

f:id:tmja:20161121165659j:plain

33Rより出発。旅客機に乗っていると感覚が鈍ってしまいますが、この滑走路の幅は60mもあります。

f:id:tmja:20161121165703j:plain

予想通りに離陸後すぐに雲中飛行となってしまい、雲の絨毯と青空以外は何も見えないフライトとなってしまいました。残念。

f:id:tmja:20161121165707j:plain

プレステージクラスの様子です。やれ、ナッツ航空だ、韓進海運破綻で道連れだと揶揄されてしまっていますが自分は韓国系の航空会社は相性が良いらしく、結構好きだったりします。特に大韓航空のスタッフには、だいぶ前になりますが紛争地で助けてもらった事があり、足を向けて寝れない程の恩義を感じています。

f:id:tmja:20161121165705j:plain

本当は竹島(独島)を見たいがためにA席(進行方向左手)を選んだものの、竹島どころか雲間に日本海すら見えません。今年1月のソウル→東京に引き続き失敗となりました。尖閣諸島、竹島、福島第一原発の3件はいずれも今年は上空から見られず。

f:id:tmja:20161121165657j:plain

新幹線のグリーン車より広いシートピッチで、ソウルー東京間では勿体ないぐらい。

f:id:tmja:20161121165701j:plain

せっかくの大韓航空なので、韓国料理をCAさんにお願いしました。白米以外の3品は皆唐辛子味の強い辛さのある品々でした。唐辛子とニンニクの入っていない韓国料理は存在しないとも言われているくらいらしいので、こうなのでしょう。

f:id:tmja:20161121165710j:plain

最終アプローチ中。雲中飛行中ですが、雲の下に出れないまま利根川を越えたところまで来てしまっていました。

f:id:tmja:20161121165709j:plain

地面が見えるようになるも、なかなか雲が切れてくれません。

f:id:tmja:20161121165711j:plain

成田空港に無事に到着しました。年内の韓国訪問は、仕事で緊急の案件がなければ家族旅行で釜山に行くかどうかのみとなりました。

今回のフライトで死蔵しているデルタ・スカイマイルが更に増えてしまいました。15万マイルもあるので、同スカイチーム所属の大韓航空利用・韓国往復を振り出して少し減らそうと考えています。過去に何度か挑戦してみたのですが、大韓航空利用の場合は最大1便2名しか席を押さえられないようで家族旅行には活用できず、放置をしてきてしまいました。

妻と子供達が妻の実家に帰る12月の週末に2泊3日ぐらいの日程で、これまで未訪問の済州島にでも行きたいと計画をしています。