ヒルトン・ハノイ・オペラ HHinorsダイヤモンドでスイートアップグレード

f:id:tmja:20161102121909j:plain

今回のベトナム旅行は1泊2日の日程なので、観光地に近く、特色のあるホテルで探したところヒルトン・ハノイ・オペラが良さそうに思えたので予約しました。香港へ戻るのが翌日夕方便なので、レイトチェックアウトと部屋のアップグレードを期待してココに決めました。ダイヤモンド会員の効力は如何にと、予約後の部屋選択を意気込んで操作するも部屋指定は一切できず、中途半端な思いを抱えたまま今晩の宿に到着しました。

有名な話しですが、このホテルがハノイ・ヒルトンという名前でなく、ヒルトン・ハノイ・オペラとなったのには理由があったりします。

f:id:tmja:20161104152413j:plain

ここが通称(旧)ハノイ・ヒルトンの実際の部屋です。正式名称はホアロー収容所。ベトナムがフランス植民地であった1896年にベトナム人政治犯の収容所として建て、ベトナム戦争時には米軍捕虜を収容する場所として利用され、米軍から収容所は皮肉交じりにハノイ・ヒルトンと呼ばれた経緯がありました。8年前のアメリカ大統領選で共和党の候補となったジョン・マケイン氏もここで5年間拘束されていたそうです。

f:id:tmja:20161102124143j:plain

話しを戻して、タクシーでホテル到着後に中に入ると、オペラハウスに向かって優雅に弧を描く建物内部も落ち着いた雰囲気のロビーでした。受付でパスポートを提示すると英語で女性が対応をしてくれ、ダイヤモンド会員として認識、各種特典の説明、それに部屋をスイートルームへアップグレードしてくれたこと、翌日のチェックアウト時間の希望等々一通りの手続きを後に、部屋へ自分で向かいました。

f:id:tmja:20161102121911j:plain

廊下を歩いて感じたのは、このホテルは結構年季が入っているでした。1人旅なので正直スイートルームへのアップグレードはないよりあった方が嬉しい程度なので、自分だけの旅行時はいつも広さを持て余してしまい気味などと考えながら進みます。部屋はこの通路の突き当り右奥にありまいた。

f:id:tmja:20161102121912j:plain

ドアを開けて最初の部屋に入ります。カーペットの汚れや机の傷が目立ち、場末のスイートルーム感が強いですが、簡単な仕事のできるデスクとリラックスするソファーとテレビがありました。

f:id:tmja:20161102121914j:plain

テーブルにウェルカムギフトの小箱を発見。

f:id:tmja:20161102121915j:plain

蓋を開けると、一人では食べきれない程の菓子類が詰め込まれていました。翌朝、ホアンキエム湖の散策用にといくつか頂きました。

f:id:tmja:20161102123447j:plain

隣の部屋のドアを開けると寝室でした。居間側と違い間接照明が主に使用されてます。ベトナムには余り来ることがなく、ハノイのぼったくりタクシーの話し等の脅かしを読んでいたせいか緊張をしていたようで部屋に到着したらどっと来ました。

f:id:tmja:20161102123450j:plain

寝室側から居間側を眺めてみました。入口ドア脇にミニバーや冷蔵庫があります。

f:id:tmja:20161102121918j:plain

寝室から続くドアを開けるとトイレ&シャワールームでした。木材が多く使われており立派で、ミネラルウォーターが4本もありました。当初は2本だったのですが従業員の方が増やしてくれました。

f:id:tmja:20161102122036j:plain

アメニティはヒルトン共通のPETER THOMAS ROTHで、バスタブもありました。部屋に到着した時にはアメニティ類はありませんでした。

f:id:tmja:20161102123449j:plain

惜しむらくは、シャワールームに前客が使用したシャンプー等の容器がそのまま回収されずに残されていました。ウェルカムフルーツをホテルの方が持って来てくれたので、この未回収品を見せたところ、飛ぶかの勢いで代替え品とミネラルウォーター2本を追加で置いていきました。

f:id:tmja:20161102123448j:plain

翌朝、カーテンを開けて外を眺めてみまいた。残念ながらオペラハウス側ではなく、現地の方々の生活が垣間見られる風景でした。

f:id:tmja:20161102235115j:plain

最上階のエグゼクティブラウンジです。朝食は小さなラウンジでより大きな空間の賑やかな雰囲気で取るのが好きなのですが、こちらに来たのには理由がありました。

f:id:tmja:20161102123441j:plain

ハノイ・オペラハウスの眺めが素晴らしいからです。パリのガル二エ宮(オペラ座)を範にフランス統治時代に作られたハノイを象徴する夕方な建築物です。宿泊しているヒルトンの名前も勿論このオペラハウスが由来となっています。

f:id:tmja:20161102121900j:plain

せっかくベトナムに来たので、フォーを朝食に頂きました。 

f:id:tmja:20161102123511j:plain

先程のラウンジは7階ですが、3階?まで降りて降りてきての眺めです。ベトナムの赤い国旗が緑のなかに揚っていました。スイートルームでなくて、オペラハウス側のバルコニー付き方が良かったかもと贅沢な悩みに囚われます。

f:id:tmja:20161102123513j:plain

今回は水着を持ってきておらず、今回はプールは見るだけです。プール自体は小さいながらも(将来の世界遺産候補)オペラ座を見ながら泳げる場所でした。

f:id:tmja:20161102123440j:plain

朝の散歩に出かける前にロビーにて休憩中。平日にも関わらず結構な旅行者が見受けられまいた。日本の方もかなり宿泊しているようです。

f:id:tmja:20161102123454j:plain

ホテルから出て散策開始です。ホーチミンは半袖&サンダル姿でも十分なぐらいな暑さかと予想していたのですが、結構寒むかったです。散歩から戻りホテル・チェックアウト時にと気候のことを話しをするとベトナム北部にあるハノイはホーチミンと違い結構寒いから、あと数ヶ月するとダウンジャケットが必要だよと助言を頂きまいた。