春秋航空 9C8516(羽田→上海浦東)A320 上海出張(往路)

f:id:tmja:20161019141201j:plain

上海出張予定が入り、(自由時間を半日確保するための)日程上の都合で深夜便を利用することにしました。日中は混み合うモノレールもこの通りで、対面4人シートも容易に独占できます。

f:id:tmja:20161019141202j:plain

搭乗2時間前の午後11:30の春秋航空のカウンターを見て吃驚。ここ最近はレガシーで上級会員としてビジネス等の優先カウンターで手続きをする事が多かったので、これに30分は並ぶか必要があるのかと思うとウンザリ。LCCで国際便は辞めるべきだったかもと強く後悔した瞬間です。

f:id:tmja:20161019141157j:plain

搭乗口で見る限りほぼ満席の模様。見渡す限りスーツ姿の乗客はゼロ。今回は深夜便なので座席指定はせずに運に任せたところ、前方5列目の通路側席になりました。

f:id:tmja:20161019141159j:plain

最近気になっている各社の”安全のしおり”の扱い。搭乗した春秋航空(中国)では、安全のしおりが全面にあり、エチケット袋、最後に機内誌の順番でした。緊急時の安全性を第一する観点からはこれが最善の並び方のはずです。

f:id:tmja:20161019141200j:plain

上海浦東空港に到着しました。入管までの通路を歩きながら感じたのは空港が古いままという印象でした。第四滑走路供給開始等のニュースは知っていたので金満上海という感じの最新式ターミナルと勝手に思い描いていたようです。

入管審査場の直前で、カートが四方八方に散らかった状態を見て苦笑。大陸中国に来たと実感しました。ここ1年程はご無沙汰していましたが、ビジネスの都合で数ヶ月間隔でこれから上海を訪れることになりそうで楽しみです。