全日空 ANA796(大分→羽田)A320 SFC修行22フライト目

f:id:tmja:20160810173605j:plain

大分空港で足湯を楽しんでから帰京します。係りの方より以前聞いた記憶では、ここの温泉は加水循環型ではなく別府温泉から運んできている原泉を利用した贅沢なものだそうです。自分ひとりが出張で来た時には(中年男性1人では)入りにくい雰囲気で遠慮しましたが、今回は家族連れなので子供達を利用して自分が満喫。

f:id:tmja:20160810173608j:plain

離陸時は子供が窓際席を占拠していたので、関東に入ってから交代を願いでました。

f:id:tmja:20160810173613j:plain

外を眺めると既に房総半島上空を飛行しており、茂原付近を飛行中でした。写真中央の白い巨大な建物はジャパンディスプレイ茂原工場のはず。

f:id:tmja:20160810173614j:plain

通常であれば木更津付近より最終アプローチに入るのですが、B滑走路22を目指しているらしく、だいぶ北回りのコースを飛行していました。左から総武線、千葉街道、京成線が渡河する江戸川まで迫っています。この辺りで高度は既に900mを下回っており、東京都上空を着陸時に乗っている機会が少ないので舞い上がってしまいました。

f:id:tmja:20160810173615j:plain

江戸川と荒川の間にある中川上空です。遠方に総武線が走っているので小岩辺りでしょうか?城東地区の地理には疎く自信なし。それにしても、もの凄い住宅の密集度。

f:id:tmja:20160810173617j:plain

荒川とそれに沿って走る首都高環状線。手前が葛西で対岸はもう江東区です。

f:id:tmja:20160810173620j:plain

首都高湾岸線に隣接する夢の島地区。豊洲から隅田川沿いの街々が見渡せます。戦前に”夢の島”に当時で世界最大規模の空港建設が決定され、その名も東京市飛行場。もしこの空港が計画通りに完成していたら、羽田空港は現在はなく、夢の島が東京の空の玄関口となっていたかもしれません。

f:id:tmja:20160810173623j:plain

木材の浮いていない貯木場。湾岸線に隣接し、羽田/成田の両空港へのアクセスも良く、お台場、都心部にも近い好立地にあります。葛西のロッテワールド東京は立ち消えとなってしまいましたが、今度はこのあたりを埋め立てして、中国・万達集団のワンダシティに開園して貰うとか、もしくは浙江省湖州市に出来たハローキティーパークの逆輸入してみるのも面白いかもしれません。中央防波堤外側を拡張して埋めるより、この辺りの低利用地を活用できないものなのでしょうか?

f:id:tmja:20160810173625j:plain

赤い灯台の手前側が現在揉めている東京オリンピックボード競技場予定地の海側。報道のイメージ画を見ると、このコンテナ設備部分が入らないように海の森を描いているので、このあたりのコンテナ施設はおそらく残るのでしょう。

f:id:tmja:20160810173527j:plain

飛行機観察のメッカ・城南島海浜公園上空を通過、最終アプローチです。

f:id:tmja:20160810173627j:plain

羽田空港に着陸しました。B滑走路北側に多数の工事用車両が新駐機場整備で働いていました。日本各地の主要空港で工事を目にすることも多く、次々と新しい設備が見れそうで嬉しい限りです。

次に家族旅行で遠出をするのは秋の京都時代祭りです。パレードが通るホテル・オークラの部屋(市役所側)を既に抑えてあり、行き新幹線/帰り飛行機での旅行を計画しています。