全日空 ANA797(羽田→大分)B767-300 SFC修行21フライト目

f:id:tmja:20160810163502j:plain

この日は珍しくボーディングブリッジではなく、バス利用でのタラップを登る搭乗でした。地上目線での旅客機は大きさがより直観的に感じられるので、少し得をした気分になります。

今回は出張の後に家族と合流して週末を過ごす計画をんなので、往路は1人旅。

f:id:tmja:20160810163503j:plain

D滑走路へ向かっている途中でB滑走路へ侵入しているが見えました。西側の空が暗く、東京上空には雲が完全に覆ってしまっており、あまり良い景色は望めなさそうです。

f:id:tmja:20160810163504j:plain

 離陸直後に機影が大きく映っていたので一枚撮ってみました。機体後方にある垂直尾翼はいつも自分のなかのイメージより大きく、認識の誤りを訂正をしようと四苦八苦します。

3軸で最も重要だから大きいのだと言い聞かせていますが、どうしても訂正しきれません。

f:id:tmja:20160810163505j:plain

離陸後に急旋回をして西側へ向かい始めます。出発したばかりの羽田空港

f:id:tmja:20160810163506j:plain

東京から西側へのフライトは富士山を見るために、進行方向右側の座席を指定することが多いのですが、今年は一度も東京都心部の街並みを空から見られる機会がありませんでした。今回も願い叶わず。

f:id:tmja:20160810163508j:plain

富士山も見えず、エンルート上は残念な雲上飛行が続いていました。

f:id:tmja:20160810163509j:plain

雲の切れ間から滑走路が見えました。一瞬大分空港かと思ってしまったのですが、周辺の市街地が大きく、空港設備が立派すぎるので即否定。北九州、宇部、築城と大分周辺の空港と照らし合わせても合致せず、岩国基地と脳内で特定するまで時間を要してしまいました。

f:id:tmja:20160810163510j:plain

山口県峨眉山を右手に、国東半島の大分空港へ高度を下げながら進入していきます。

f:id:tmja:20160810163513j:plain

姫島が見えて直ぐなので、国東市より北側の海岸線のどこかのはずです。

f:id:tmja:20160810163516j:plain

無事に大分空港へ到着。この後すぐに空港を出発する別府行のシャトルバスに乗るために急いで降りました。家族用スーツケースと併せて、両手で荷物を運んでいたので大変でした。