ロボットレストラン新宿 - 幼稚園児も大人も開いた口が塞がらない

f:id:tmja:20161010190219j:plain

外国人に日本で一番有名なレストランと言っても過言ではない新宿歌舞伎町のロボットレストランに子連れで訪れてみました。開店当初に一度見に行ったことがあり”狂気の沙汰”と思いながら帰宅した記憶がありましたが、今回は長男が興味を示したので連れて行くことに。

予約していた当日の朝、指折り数えて楽しみにしていた長男が39度の発熱でダウン。一人8,000円(定価)の入場券を紙屑にするのは勿体なく、ピンチヒッターとして幼稚園児の娘を連れて行くことにしました。

f:id:tmja:20161010190226j:plain

本人はポケモンを捕まえる気持ち満々で新宿へ。ポケモンGO PLUSを装着して、振動するたびにポチポチしていましたが途中で睡魔に勝てず熟睡。

f:id:tmja:20161010190228j:plain

寝ている長女をベビーカーで押して、歌舞伎町へ向かっていきます。ロボットレストランは靖国通りから入った”さくら通り”の途中にあります。

f:id:tmja:20161010190217j:plain

ネオンの眩しいい歌舞伎町でも一際目立つ存在なので探す必要もなく、ド派手な目的地に到着しました。ハロイン仮装をしたスタッフ達に案内され入店。ベビーカーは受付で預かってもらい、熟睡中の娘を抱っこで運びます。

f:id:tmja:20161010190220j:plain

ショーが始まるまでの時間を過ごした待合室?です。余りに賑やで豪華絢爛な空間なので、寝ていた娘もさすがに目を覚ましてしまいました。

f:id:tmja:20161010190132j:plain

何が起きているのか理解不能で、ぼ~と周囲を眺める娘。周辺から聞こえるのは外国語ばかり・・。外国人率9割は嘘ではなかったです。

f:id:tmja:20161010190136j:plain

こどもに特別プレゼント(お菓子の詰め合わせ)を頂きました。辺りを見回す限り、子供連れはゼロ、十代の子供もおらず、うちの娘が唯一の未成年入場者です。一応事前に、子供の入場の可否は問い合わせしましたし、この様にお菓子の準備もあるくらいなのでOKなはずですが、娘以外は大人しかいませんでした。

f:id:tmja:20161010190142j:plain

時間がくると地下の会場へ移動となりました。怖がりの娘は暗くなった時点でしがみついていました。

f:id:tmja:20161010190139j:plain

ショーの開始と、合間に飲み物・食べ物を購入できる時間帯があり、皆さん雰囲気に呑まれてか結構買っていました。ここでは基本英語です。英語を習っている娘にお金を渡してジュースを買わせて行かせてみました。

f:id:tmja:20161010190137j:plain

頂いたお菓子とジュースでご機嫌を取りながらショーが始まるのを待つことに。写真中央のピンクのヘッドセットは、子供ゲストにだけ配っているものだと思います。

f:id:tmja:20161010190140j:plain

さて、ショーの始まりです。観客席が近いので最前列のゲストは、演技者等と接触しそうになった時には仰け反って躱す様にと指示と練習がありました。ショーは3部構成でしたが、説明するのが阿保らしくなる内容なので後は写真で雰囲気が伝われればと思います。総額100億円以上を費やしたと言われるパレードです。

f:id:tmja:20161010190147j:plain

f:id:tmja:20161010190148j:plain

f:id:tmja:20161010190151j:plain

f:id:tmja:20161010190153j:plain

f:id:tmja:20161010190156j:plain

f:id:tmja:20161010190158j:plain

f:id:tmja:20161010190159j:plain

f:id:tmja:20161010190203j:plain

f:id:tmja:20161010190204j:plain

f:id:tmja:20161010190206j:plain

f:id:tmja:20161010190208j:plain

f:id:tmja:20161010190210j:plain

f:id:tmja:20161010190213j:plain

f:id:tmja:20161010190214j:plain

f:id:tmja:20161010190155j:plain

今回は子連れだったせいか、案内された席が前列中央の良い席でした。それに、パレードの合間にあるピエロのビンゴ大会(座席番号であたり/はずれ)でも巨大なチョコレートポップコーンを(意図的に)当選させて頂けるとかなり優遇して頂きました。

4歳児には意味不明すぎる異空間で、途切れなく続くショーとパレード。和太鼓、忍者、カンフーパンダ、ロボット、怪獣等々、衝撃的な1時間だったようでしたが3部目で”もう、帰ろう”を言い始めたので持参した特別なお菓子で気を逸らす必要有でした。内容が、内容なので、子供を連れていくにしても馬鹿が通じやすい男の子の方が受けが良さそうです。帰り際の外国からの観光客は一様に盛り上がっており、理解のある相手であれば接待にも使えるかもしれない感触を得ました。

うちの娘はと言うと、帰宅した後も”ロボット、ロボット、レス~ト~ラン”と数日歌い続けていましたので、少しは楽しめたのだと解釈することにしました。長男のほうは学校の課題の週末日記に、熱が出て苦しいし、ロボットレストランにいけなくて悲しいし、とても残念な日でしたと綴っていました。