エバー航空 BR112(台北桃園→那覇)A321-200 座席指定に失敗

f:id:tmja:20161013154050j:plain

早朝4時発の桃園空港行バスに乗ろうとホテルを出発しました。3時台なので殆ど人気を感じられない時間帯でしたが、バス亭まで特に暗い場所や不安になるような道もなく5分もせずに台北西駅B練まで辿り着けました。

SCOOTの成田便等利用者が早朝バスを利用するのは聞いた事がありましたが、自分も利用する日が来るとは思ってもみませんでした。

f:id:tmja:20161013154104j:plain

HITACHIの看板が目立ち過ぎていて、一瞬見逃しそうになりましたが目的地のバスターミナルです。ここに足を踏み入れた瞬間に、お前は桃園空港行かと大声で聞かれ、チケット購入→急かされながら出発寸前のバスに乗り込むことに。当初乗ろうと予定していた便の1本前に乗れたようでした。

f:id:tmja:20161013154052j:plain

國光客運バスの車内です。2シートx2の一般的な座席配置で、空港に向かいながら市内各地で客を拾っていき、最後にはほぼ満車状態になっていました。

f:id:tmja:20161013181403j:plain

昨年の台風13号の強風で飛んで来た看板が直撃した”歪腰郵筒”のレプリカを空港で発見、実物を見たことがありますがレプリカは歪み具合が不足しています、特に緑側が物足りない。

f:id:tmja:20161013181410j:plain

この日の搭乗便BR112は早朝06:50出発なので、まだ薄暗いなか搭乗手続きをしました。エバー航空は機械でもチェックインできるようなので試してみることに。

左手の窓際に座り尖閣諸島を探すか、右手で石垣・宮古島を見るかで悩みましたが、今回は確実性を狙って石垣側(右側)を選択してみました。

f:id:tmja:20161013181424j:plain

5時台ですと、普段は賑わっているターミナルビルも寂しい限りです。

f:id:tmja:20161013181354j:plain

この日お世話になるエアバス機です。欧州より北米の生活の方が長かった為か、どうしてもエアバス機に馴染めず身体が身構えてしまいます。

f:id:tmja:20161013181450j:plain

旅客機に乗り込み驚愕の事実が発覚。窓際の席を指定しましたが窓のない座席を指定してしまいました。窓無席は今年初めてです。離陸したら近くの席に移動すればと思うものの、沖縄に遊びに行く台湾人多数でほぼ満席状態・・。やってしまいました。

f:id:tmja:20161013181437j:plain

後ろの人が来る前に1枚だけ撮影しました。

f:id:tmja:20161013181443j:plain

滑走中に、今年ゴールデンウィークに乗ったVエアーが目に入りました、時間から見ても搭乗した便・茨城行のはずです。

f:id:tmja:20161013181430j:plain

那覇空港に到着。国際ターミナルと国内ターミナルを結ぶ新しい通路に出ました。

今回は自分の迂闊な判断で、外の景色を楽しむ機会を逸してしまいました。手軽だからチェックイン機でパパッと席指定するにもSEAT GURU等で席を確認すべきだったと反省。台北→東京を直行便ではなく、那覇経由としたのは台北ー那覇間の離島を見たかったからなので残念です。