全日空 ANA1625(伊丹→熊本)DHC8-Q400 SFC修行19フライト目

f:id:tmja:20160818101425j:plain

伊丹から熊本への乗り継ぎ便はANAウイングス運行のエコボンでした。昨年はJGC獲得の為にJALばかり選んでいたのでエコボンは2年ぶりの搭乗になります。

関東では運行されていないのか、あまり見る機会のない機種で、ANAは青の印象が強く、緑に塗装された機体はどこか違和感を感じてしまいます。

f:id:tmja:20160818101426j:plain

搭乗口脇にECO FIRST、エンジン部分にはECO FRIENDLY AIRLINEとECOな機体のようです。B777が伊丹を離陸して水平飛行に入るまでと、エコボンが伊丹から熊本までに要する燃料はエコボンの方が少ないぐらいかもしれないのでエコなのでしょう。

f:id:tmja:20160818101405j:plain

2本ある滑走路のうちの短い方の32Rから離陸。

f:id:tmja:20160818101407j:plain

阪神競馬場です。ここは現在U2を製造している新明和工業(旧川西航空機)が戦前に飛行艇等を製造していた場所です。競馬場手前の青い建屋はいまでも新明和の建屋です。

f:id:tmja:20160818101408j:plain

加古川まで飛んできました。神戸製鋼の工場が見えますが、製鉄所はどこでも巨大で真茶色なので上空からの良い印になります。

加古川市の沖に養殖場のようなものが沢山見えたのですが、あれは何を育てているのでしょう?

f:id:tmja:20160818101409j:plain

何か月か前にも上空から見た男鹿島です。前回より近くで見る事ができました。

f:id:tmja:20160818101412j:plain

西島、坊勢島、家島と播磨灘にある家島諸島がよく観察できました。さすがターボプロップ機、期待通りにジェット機より低空飛行をしてくれました。

f:id:tmja:20160818101413j:plain

岡山市南部で、左手に小さくなってしまいましたが岡南飛行場が写っています。

f:id:tmja:20160818101415j:plain

巨大な水島工業地帯と遠方に倉敷市が見えました。公害と言うと4大公害病とここの水島地区が何故か頭に浮かびます。小学生時代に習った時に、ここを例に取り上げられていたのか、頭に浮かぶ理由を思い出せません。

f:id:tmja:20160818101416j:plain

今回の低空飛行、最大の見せ場”しまなみ海道”に至りました。本州(尾道)から向島を経由して因島因島大橋が結んでいます。

f:id:tmja:20160818101417j:plain

本州側に見えているのは三原市、右手手前・因島生口島を生口大橋が結んでいます。子供と自転車で渡ろうと計画した事があり、通過する全ての島と橋の名前を記憶したので、空で言えるようになりました。

f:id:tmja:20160818101418j:plain

次に渡るのは多々羅大橋で1.5キロもあります。今回のフライトで見られたのはここまで、大三島橋、伯方大橋、来島海峡大橋と続いており四国までつながっているはずです。

f:id:tmja:20160818101420j:plain

芸矛諸島がしまなみ海道に続いて見えてきました。

f:id:tmja:20160818101421j:plain

忽那諸島の主島・中島。一度だけ松山から船で訪れたことがあったりします。何度も地図上で見たので島の形でピンと来ました。若い頃の記憶力は大したものです。

f:id:tmja:20160818101428j:plain

雲に飲み込まれそうな別府市街地を眺めながら、最終目的地・熊本空港へと進みます。

f:id:tmja:20160818101411j:plain

高翼機なので主翼は視界に入ってきませんが、エンジンの排気口が地面を見ていないときには入ってきたりします。

f:id:tmja:20160818101422j:plain

ストレートインはおこなわず、空港を一度西に過ぎてから旋回してのアプローチでした。陸上自衛隊駐屯地を北側から見ています。周辺にはブルーシートを被せた民家が多く見られました。

f:id:tmja:20160818101423j:plain

今回も無事に到着しました。到着後に給油や点検作業が慌ただしくおこなわれていたのを興味深く見ていたら、いつの間にか機内には自分以外誰もいなくなっていました。熊本で仕事を終えたら、新幹線で大阪に向かう日程なのでまだまだ先が長いです。