全日空 ANA985 (羽田→伊丹)B787-800 SFC修行18フライト目

f:id:tmja:20160818094917j:plain

目的地は熊本ですが、伊丹空港で乗り変えの日程を組んでも間に合いそうなので羽田ー伊丹ー熊本で予約をとりました。伊丹ー熊本はプロペラ旅客機運行、比較的高度の低いところから瀬戸内海の景色を堪能できるだろうと思ったからです。

出発直前のおおまかな天気は、関東は雨、関西より西は晴れ。眠い目を擦りながら朝6時15分発の便に間に合うように羽田まで来ました。

f:id:tmja:20160818094933j:plain

今回指定した座席は36Aです。大阪市街地を眺めたいと思い左翼側を選択。会員ランクが上がると指定可能範囲が広がるので、早くプラチナまでは達成したいと思いつつも、遠距離海外や沖縄を控えめにしているので遅々として進みません。

f:id:tmja:20160818095058j:plain

機内の様子です。さすが東京と大阪を結ぶ路線だけあり、これだけ朝早い便にも関わらずほとんど満員状態です。この段階でブロンズでも達していなかったのですが、自分の隣席は満員状態でもほぼ空席になっているのが常なので不思議に思っています。

f:id:tmja:20160818095111j:plain

離陸後すぐに雲に突入し、すぐに雲上飛行へと移行してしまいました。

f:id:tmja:20160818094943j:plain

冠雪をしていない富士です。今回は太平洋側の左翼側席を指定していたので富士山は見れないと思っていましたが、カメラのシャッター音が機内で聞こえ始めたので、席から離れて右翼側からみられる場所を見つけました。

f:id:tmja:20160818095129j:plain

雲が掛かっていたので浜松基地は滑走路端(09側)しか写せませんでした。

f:id:tmja:20160818095152j:plain

伊勢湾を渡り、三重県から奈良県へとあっと言う間に進んでいきます。昔スーパーカブで東阪間を何度か往復した事(片道16時間程)がありましたが、旅客機の速度の速さには驚くばかりです。

f:id:tmja:20160818095328j:plain

奈良盆地に出ました。三輪山耳成山、無数の古墳群れ、歴史の教科書で習った場所が凝縮されていて、頭の中の地図と照らし合わせているとオーバーヒート気味にここではよくなってしまいます。

f:id:tmja:20160818095310j:plain

法隆寺上空を通過して、西名阪に沿いながら信貫山へ向かっています。

f:id:tmja:20160818095344j:plain

生駒を超えて、大阪平野に出ました。写真中央の八尾空港がハッキリと見えました。

f:id:tmja:20160818095402j:plain

久宝寺周辺です。

f:id:tmja:20160818095415j:plain

昔祖父が務めていた天王寺駅側にある日本一高い高層ビルあべのハルカスが見えます。

f:id:tmja:20160818095429j:plain

大阪のシンボル大阪城を眺めながら最終アプローチ。

f:id:tmja:20160818095443j:plain

梅田の高層ビル群と淀川を確認すれば、伊丹空港まであとわずか。

f:id:tmja:20160818095459j:plain

新幹線新大阪駅の真上を通過中。新幹線も小さなオモチャにしか見えません。

f:id:tmja:20160818095512j:plain

32L手前にある飛行機撮影の有名ポイント、千里川土手手前で撮影。

f:id:tmja:20160818095528j:plain

無事に着陸しました。着陸後も流しながら滑走路を4分の3程利用して、ターミナルへ右旋回。

f:id:tmja:20160818095031j:plain

今回お世話になった機体です。降りる時に気が付いたのですが操縦していたのは知り合いのパイロットで、プライベートで一緒に飛んだ事もある仲の知人でした。

熊本行きの便への乗り換えまで時間があったので通路で待っていると現れ、”相変わらず着陸が荒いな”と振ると”今回は俺はやってない”と笑いながら言ってました。1-2分でしたが偶然の再会ができて嬉しかったです。