大韓航空 KE2711(金浦→羽田)B777-200 1泊2日ソウル出張帰り

f:id:tmja:20160707112216j:plain

金浦空港18:45出発の便に乗り帰国します。日韓路線ですと韓国の方の方が多いのが通常ですが、団体ツアー参加者が多いためか珍しく日本人の方が沢山見られました。

f:id:tmja:20160707112211j:plain

今回お世話になる大韓航空のトリプルセブン。今年5月に羽田C滑走路で離陸中に火災を起こした機体も同じB777-300でした。既に復帰したと聞いているので、もしかすると同一機かも知れません。

f:id:tmja:20160707112218j:plain

時間調整でつい先程まで訪れていた展望スペースを飛行機側からも観察。B777のエンジンは巨大でなかなか迫力のあるエンジン音が室内にも伝わってきます。

f:id:tmja:20160707112222j:plain

離陸です。金浦空港を飛び立つとすぐに黄海と仁川空港島が視界に入ってきまいた。韓国は青い屋根の建物が上空から見ると結構目に付きます。なんでも高貴な色とされて、王朝時代は庶民には許されていなかったので青くするのが流行した経緯があるとか。。

f:id:tmja:20160707112204j:plain

2014年に仁川アジア大会で開会式をしたアシアド主競技場が見えました。ここあたりからソウルにかけて結構な数の大型スポーツ施設が見えたのですが、地理的に疎くひとつひとつの判別がつかず。

f:id:tmja:20160707112206j:plain

これからソウル主要地区が眺められるぞと待ち構えていると、前方から迫る無慈悲な雲のカーペット・・。

f:id:tmja:20160707112208j:plain

結局、雲上飛行となってしまいました。帰国後クルマを運転して帰宅するのもあり、雲の上に出てからは道中ほとんど睡眠を取っていました。

f:id:tmja:20160707112213j:plain

東京湾からB滑走路に無事着陸し到着。中国東方航空機のデザインがレトロな感じがして味わい深いです。中国駐在時には中国国際、東方は始終乗っていたのですが、最近は縁がなくなりました。今冬は満州地区を旅行で訪れたいと考えているので乗る機会があるかもと機体しています。