大韓航空 KE720(羽田→仁川)B737-900 1泊2日ソウル出張

f:id:tmja:20160707094807j:plain

最近は弾丸出張が以前より多くなり、予備日1日を設けて、業務さえ終了していれば予備日を自由にできたのは遠い過去になってしまったとよく感じます。

今回は06:25に羽田を出発する大韓航空に搭乗しに来ました。2時間前に空港に着く必要があるとすると、既に公共交通機関の足はなく、国際ターミナル前のパーキングにクルマを停めることにしました。

f:id:tmja:20160707103142j:plain

4時前の国際線ターミナルです。行き交う人の少なさが時間帯を物語っています。

f:id:tmja:20160707094707j:plain

 家にある外国硬貨を集めて全て募金。案内ブースの女性が入れておきますのでと助けてくれました。後ろに映っている紫色のスーツケースは、荷物をなくした中国人男性のもので、案内所まで来たもののブースの女性と意思疎通ができない為に中国語の通訳のまねごとを自分がかってでました。

男性曰く”トイレに行っていた時に、警察が自分の赤色(紅色と言っていた)を持っていってしまった”。カウンター奥にスーツケースは見えているものの”赤色”と主張する男性、色を何度も確かめようとする案内係員・・・。あれじゃないの?と切り出せる雰囲気ではなく、結論に至るまでに10分を要してしまいました。

f:id:tmja:20160707094713j:plain

大韓航空スカイチームなので、デルタゴールドのお力を借りてラウンジに入らせて頂きました。早朝のJALラウンジは自分以外誰もおらず。静かなラウンジは好ましいのですが、静かすぎるのは・・。

f:id:tmja:20160707094814j:plain

今回搭乗する便の頭の部分です。どちらかと言えば、奥に映るカンタスB747に乗りたいと感じつつも、B737-900はおそらく初めての搭乗なので、そくさく乗り込みます。

f:id:tmja:20160707094820j:plain

国内で多数飛んでいるB737-800とほぼ同じサイズの機体のはずですが、主翼が大きく感じるのは気のせいでしょうか?

f:id:tmja:20160707094718j:plain

34Rからの離陸です。相変わらず雲に覆われてしまっており、東京の全体像を上空から眺める希望はいつも叶わず。

f:id:tmja:20160707094725j:plain

離陸しました。B滑走路を左手にして高度を上げていきます。

f:id:tmja:20160707094729j:plain

すぐに右旋回を開始し、お台場地区が見えたあたりで雲中に突入。

f:id:tmja:20160707094734j:plain

モニター画面で位置を確認すると既にディズニーランドを過ぎていました。今回も東京を上空から眺めるは失敗です。

f:id:tmja:20160707094823j:plain

f:id:tmja:20160707094827j:plain

あっと言う間に雲で隠れてしまいましたが、山梨側からの富士山を見られました。

f:id:tmja:20160707094833j:plain

日本海に抜けてもまだ雲の中を飛行中で、主翼しか見えません。

f:id:tmja:20160707094657j:plain

晴れてきたと目を凝らすと、境港と弓ヶ浜が。ここで陸地とは別れ、韓国上空はすべて雲の上を行くことになってしまいました。

f:id:tmja:20160707094748j:plain

仁川空港への最終アプローチ中もまだ雲の中。

f:id:tmja:20160707094754j:plain

INCHEONが左翼下に見えたので33Rへ着陸寸前です。

f:id:tmja:20160707094801j:plain

無事着陸しました。大韓空港の本拠地らしく、スカイブルーの機体が多く並んでいます

f:id:tmja:20160707094702j:plain

ターミナルビルに到着。いつも隣に停機する飛行機が気になってしまいます。今回は同じ大韓航空A380-800。主翼が80メートルもある超大型機です。これに家族でファーストクラスに乗れるように仕事を頑張ろうと思いました。