Kenko Tokina リアルプロクリップレンズ超広角165°

f:id:tmja:20160421202004j:plain

デジタルカメラではなく、スマートフォンで写真を普段撮るようになってから、レンズ交換でカメラは変化できることを押し入れにしまいっぱなしの一眼レフと同じくらい忘れていました。

旅客機からの風景写真を撮るとき、ホテルの部屋を撮る時により広角で撮れればと感じることが多々あり、スマートフォンにポン付けできる広角レンズを購入してみました。

f:id:tmja:20160421202011j:plain

北海道に向かう飛行機搭乗前のベンチにて開封です。より廉価な製品も沢山陳列されていましたが聞いたこともない会社のものが多く、中国等で出回っている製品のOEMを購入する気にはなれず、馴染みのあるケンコー・トキナーを選びました。

f:id:tmja:20160421202026j:plain

スマートフォンやタブレット機のカメラ部分にクリップ式で挟むモノです。

f:id:tmja:20160421202059j:plain

正面の駐機場を試しに広角レンズなしで撮影してみます。あまり広角レンズ向きな景色ではないですが、格子状の部分が比較時に判りやすそうだなと。

f:id:tmja:20160421202018j:plain

購入した広角レンズをつけて撮影。ざっと倍ぐらい映ったようにみえます。購入時に165度でなく120度ぐらいが適切なのではと迷った通り、かなり不自然さが強い写真になってしまいました。ケラレが出ないのでスマートフォンとの相性は悪くなさそうです。

f:id:tmja:20160421202133j:plain

駅のプラットフォームでも試し撮りしてみました。こちらは広角レンズなし。広角レンズ無しは、ほぼ肉眼で見える風景と近い印象。使用しているスマートフォンの画角はたしか90度程だったと記憶するので、ほぼ人の視野と同じくらいです 。

f:id:tmja:20160421202145j:plain

 こちらが広角レンズ有りです。広角レンズ165°有りで写った右手ガラス戸や頭上連絡橋等を肉眼で確認すると回頭する必要がある程でした。

絵作りを意図的にするのであれば面白い写真を撮れるかもしれませんが、165°度はパッケージに書かれているとおり超広角で角度が自分が使用するのには広すぎるかもとの感じるを受けています。

当初の考えの上空からに写真やホテルの部屋での写真を撮って、もっと検証してみたいと思いました。