SFJ26/ANA3826(関空→羽田) 2016年SFC修行やっと開始・・

f:id:tmja:20160401164843j:plain

関西での仕事をなんとか終え、なんば駅から関西空港へ向かいます。子連れで何かを待っていると思われる親子が多数いたので何か催し物があるのかと思いながらラピートを待っていると、黒い鉄仮面が入線して来ました!

黒塗りの車両はダースベーダーをイメージしているのでしょうか? かなりインパクトがあります。 

f:id:tmja:20160401164848j:plain

十字セーバーのカイロ・レイ。ほぼ徹夜状態での仕事となってしまい、午後にはダウン寸前の状態でしたが、この特別ラッピング車両を見て覚醒してしまいました。

f:id:tmja:20160401164811j:plain

車内もスターウォーズ仕様。始発駅のなんばだけでなく、停車する全ての駅で注目を浴びカメラを向けられていました。

f:id:tmja:20160401164856j:plain

今回の便は前日23時過ぎにANAのウェブサイトで予約です。特割でプレミアムポイント付与は820ポイント。急いで予約をしたのでコードシェア便スターフライヤー運行)だったかは記憶に薄く、ラピート号の車内で確認するまでSFJの文字にすら気が付いていませんでした。

スターフライヤーは10年程前に妻と北九州空港便に乗ったことしかなく、SFJが何の略かも最初は気が付かない程に縁がありません。

f:id:tmja:20160401164818j:plain

スターウォーズ仕様ラピートといい、スターフライヤーといい今日は黒に縁があるようです。カウンターで聞いたところに拠ると満席だそうです。

f:id:tmja:20160401164826j:plain

顧客満足度連続7年連続1位。狭い空間の中の機内で出来る事は限られているからJALANAと大差ないと思って搭乗しましたが、自分の認識不足と思い知らされることに。

f:id:tmja:20160401164835j:plain

機内の案内放送が、これまでの搭乗経験で最も明瞭に聞こえました。必要事項放送を義務としてこなすだけの航空会社が大多数で、なかには早口すぎて聞き取るのが困難な程早いアナウンスを聞くことも多々あります。

登場した便のCAさんが意図的にゆっくり、きちんと聞こえやすいように話しをしたのだと思うのですが、声がはっきりと聞こえました。少しの違いですが、大きく変わるもだと感心しました。

また、CAさんよりコーヒーを受け取る時に、揺れている最中は片手を荷物入れの部分に当てる姿勢(揺れているので渡せませんと示す為に)を取っていたのにも驚きました。複数のCAさんが同時に同じ姿勢を通路でしていたので会社のマニュアルに指示があるのだと思うのですが、細かいところまで目配りが感じられました。


スターフライヤー STARFLYER Jazz Lounge

機内安全ビデオを最初から最後まで見てしまったのも久しぶりでした。デルタ航空ニュージーランド航空と違い、スターフライヤー程の小さな航空会社がここまでするとは・・。座席間隔やモニター等のハード面もさることながら、ソフト面が特に素晴らしく感じられ、1時間少しの短いフライトでしたが、この会社のファンになりました。

今回はたまたまコードシェアスターフライヤー便に乗る機会を得たのですが、これからは羽田から大阪、福岡路線は積極的にスターフライヤーを選択していこうと決めました。SFC修行中なので、あくまでANAコードシェア便を狙っていこうと思います。